BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

明晰夢の経験から学ぶ

こんばんは(^∇^)/

今日のテーマは明晰夢の経験から学ぶ」


夢の中で夢ということを自覚して活動する「明晰夢に興味がある方へ…

私の最新の経験談とともに、

明晰夢から学んだ、この現実にも生かせる意識の使い方をお話しします♪



昨日の空☆



秋に差しかかってから、夢がさらに鮮明になりました。


昨夜から今朝にかけての夢の中では、

夢の中にいながら、夢の世界であるということに気づき、

自覚を持ったまま活動できる「明晰夢」の経験
がまた起こりました。


夢、明晰夢、体外離脱、それぞれの語の私の定義については、

テーマ別☆夢、明晰夢、体外離脱☆内の記事を参考にしてくださいね。)


今回の夢が明晰夢に変わったきっかけも、いつものように、

「何か変だな?」と気づいて、考えることから起こりました。

他の明晰夢の過去記事も読んでくださった方には、

これはもう、おなじみの流れかもしれませんね!≧(´▽`)≦


明晰夢を経験をしたい方には参考にしていただきたいのですが、

「疑問点・気づいたこと等をうやむやに流してしまわず、考える」

この姿勢が、常日頃からけっこう重要なんですよ。星


というのも、

「夢の中でだけ都合よく注意を向ける」ということはやっぱりできなくて、

起きている間の傾向がそのまま、夢見の意識状態でも反映されるからです。


以下は、私の今回の経験です。


☆☆☆


私はある駅の風景を、少し離れたところから見ていました。

それは全体的に新しい感じがするけれど、どこか殺風景な駅で…

暗青色がかったコンクリートアスファルトに駅舎全体が覆われていて、

同じ素材の道路が、駅から延びて駅前へと続いています。


その1かたまりの景色を、私は不思議に思って眺めていました。


私が今住んでいる駅って、こんな風景じゃないよね?

おかしいなぁ…

かといって、実家の駅でもないし。

私は一体、どこの駅を眺めているんだろう…



そう考え始めた途端、はっと気がついたのです。

これは、夢だ。そうに違いない!と。


私の足元にも舗装された道路があり、

周囲にはコンクリートの電信柱も立っています。

人通りも車も見当たらないその景色の中、夢だということに気づいた私は、

そのままふわっと上空へ浮かんで空を飛んでみることにしました。


このとき、念のため自分の足元を見たのですが

※ふだんは、明晰夢の中では私はよく「手」を見ます。

これは、夢の中にいる自分を確認する作業としてときどき繰り返します。

夢の中で活動している間に夢であるということを忘れてしまい、

意識の明晰さが低い状態に戻ってしまうことを防ぐアンカーの役割です。

今回はこの後述べるように、なぜか足元の靴がその役目になりました。



足元には、見たことのない、

鮮やかなターコイズブルーの靴紐が結ばれた、黒い布製のスニーカー

を履いていました!


なぜそんな靴を履いているのかわからないのですが、

私はちょうど最近、一足のみ残っていた古いスニーカーが壊れてしまって、

靴屋さんでスニーカー探しをしたばかりのせいかもしれません。

(沢山歩くときのために一足はスニーカーを持っていたいんだけど、

結局、気に入るのがなくて買えなかったんだよね…泣き1


ただ、夢に出てきたスニーカーは実生活で一度も目にしたことがないです!


この後もときどき、「まだ夢の中にいるよね?」ということを確かめるために、

足元を見下ろして、同じ靴とターコイズブルーの靴紐を確認しました。



そのまま、私は空へ向かって上昇すると、楽しく飛びながら移動しました。sky*


驚いたことに今回は、空を飛んでいる鳥たちの群れに遭遇したのです!


それも、最初は私の方が空の低い位置を飛んでいて、

鳥の群れは私の頭上に見えたんですよね。

鳥のお腹がよく見える、羽ばたいている鳥たちを下から眺める目線から、

今度は私は、飛びながら鳥の群れの横に並んでみました。

次に、さらに高いところへ上昇すると、鳥の群れを下方に見ました。


そんな風に、下から、横から、上からと、

すぐ近くで色々な角度から鳥の群れを見て、面白かったのです。



その後は、私は町まで出て、

少し透けている素材のドーム型の屋根がある、

小規模な水族館兼動物園のようなところに寄りました。


私は飛んだまま、泳いでいる魚たちの水槽に足をかすめてみました。

明晰夢や体外離脱の状態では、ガラスや壁は通り抜けできます。)

小さめの魚が沢山いる水槽だったのですが、魚の群れが脚に触れて…

その感触はとってもリアルで、少しくすぐったく、思わず笑いました。


その後、壁を通り抜けながら施設の他の場所にも入ってみると…

こげ茶色の毛のチンパンジー?の赤ちゃんがいて、

飼育員の女性から、その子を抱っこさせてもらいました。

チンパンジーの赤ちゃんはメスで、最初は私が抱っこしても、

人見知りをするかのように恥ずかしがり、しっかり掴まってくれませんでした。


無理しない範囲で少しの間だけ抱っこさせてもらったのですが、

その赤ちゃんは嫌がっていたわけではなかったようで、

離れるときには少し寂しそうな様子も見せました。



その施設を出た後は、もっと人が多くいる賑やかなところ…

観光地のような景色の所に出ました。

ホテルがあって、プールもありそうな、旅行客が多くいる様子の街でした。


建物が多くあったので、私は高い建物の上まで飛んだりして遊びつつ、

もっと空高く飛ぶ方法を練習してみました。


これまでの記事でも書いたことがあったと思うのですが、

「夢なんだからいくらでもスイスイ飛べるだろう!」

と思ったら、それは間違いです。ヽ(;´ω`)ノ


そのときのコンディションによっても異なるし、

どう頑張っても一定の高さまでしか飛べずに終わる夢もあります。


今回は、自在に飛べたのですが、

そうはいっても、もっと高く、もっと高く…と高度をあげていくと、

コツが必要になってくるのです。


そのコツとは、自分で高く飛ぼうと力を入れるのではなく、

空や世界の全体によって、自分が上に引っ張られる

という感覚を持つと良いのでした。



自分は、邪魔しないように力を抜くだけの感覚で、

意識の中で「自分を世界に引っ張らせる」のです。


このとき、「方向」は指定する意図が必要になります。



こんな風に想像してくださいね。

空が、「宇宙の天幕」だとしたら、その天幕に自分が引き寄せられるイメージ。

自分から、天幕に向かって飛んでいく、ではないのです。


この違い、わかっていただけるでしょうか。


高度が高いところへ、自分が頑張って行こう、行こうとすると、

力を消耗するわりにはうまく進めません。

そうして、かえって失敗や限界をつくってしまうのです。


今回は、この、

「高く飛ぶときに力を抜いて空に自分を引き寄せさせる」方法を、

何度も試して遊びました。(‐^▽^‐)


また、飛びながらスピードを出すときの意識の使い方も練習しました。


私は、建物沿いや、トンネルの構内の壁などを利用して、

そういうものに「沿って」、意識を目的地側から引っ張らせる練習をすることで、

自分で「速く飛ぶ!」という意識を持つよりも、速く飛べることがわかりました。


高く飛ぶ練習と同じように、こちらも、

「自分が力いっぱい走るようにスピードを作り出す飛び方」ではなく、


世界に自分を引っ張らせるようにすることで、

より速いスピードが出せるのです。



ちなみに今回の明晰夢の中では、

周囲の光景の一部の映像に、「輪郭線の電磁的なにじみ」が見られ、

まるでホログラフみたいだなーと思って観察していました。


実際、ある意味ではホログラフなんですけれども…

同じ世界の中でも、にじんでいない映像もあったので、不思議です。


明晰夢の話、ここまで。)


☆☆☆


この明晰夢の経験から実感したことをまとめます。


現実において、私たちは、

「世界の中にいる自分が、世界の上で移動している」と考え、

その(世界の中にいる)自分の力や道具を使って移動をし、

その自分の力で、「自分ではない」物質を動かしたり、運んだり、

という作業もしていると考えています。


でも、そのような考えからは、「限界」にすぐぶつかります。

まず、

私たちの肉体ができることはここまで、出せる力はここまで、という制限。

それに、物理的な距離や重量、対象となるものの制限、その他もろもろ…。


ところが、

「すべては私の意識内にある。

それは、世界まるごとが私の中にあるということ。

そして、個の視点を経験している自分を“ひとつの点”とすると、

その“点”を、意識の中で、世界の側から引っ張る方が楽。」

なのです。


別のたとえをヒントに使うと…

演劇の舞台にいる登場人物は、同じ舞台上にいても、

背景や小道具が変わることによって、「違う場所」にいることを演出できます。


私たちが物理的にA点からB点へ移動する、という発想では、

それなりの運動量や時間が必要になりますが、


そうではなく、

あなたの意識の中にあるB点という目的地を起点に、そちら側から、

A点にいるあなた(現在のフォーカス)を引き寄せればいいのです。


フォーカスは、目的地の方へ先に置く。



これは日常のすべてに応用できることで、

あなたがこのような意識の使い方を選べば、

「頑張って、力を入れて、何かを達成する。自分が辿り着いて実現させる」

というあり方ではなく、

「世界や状況の方が動いてくれて、こうなっちゃったんだよね!(・∀・)」

という経験に変わるでしょう。星


どっちのやり方を採用するにしても、「キュー」に相当する合図…

意識内の許可を出しているのは、あなたです。(^O^)



2つのブログランキングに登録中☆
1日1回のクリックで応援してね♪キラキラ


精神世界ランキング




人気ブログランキングへ


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話ししますsky*


「個人セッションについて☆」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.