BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

罪悪感と投影のカンケイ

こんばんは~。ヾ(^∇^〃)

国立駅周辺は、今日から谷保天満宮のお祭りなようです。

屋台がずらっと並び、お神輿も用意されて賑わっていました!


毎年のことなのですが、今回は急に気になり谷保天満宮について調べたら、

御祭神は菅原道真と、その三男と言われている道武公なのですね。※

(※菅原道武という子息は実在しないという説がありますが、

実名を隠して道武と名乗ったのだという説もあります。)

菅原道武直系の子孫という津戸氏が谷保天満宮の神主となり、

こちらは東日本最古の天満宮であるそうです。


昨年は谷保天満宮へ初詣に行っておきながら、(記事は☆こちら☆

並んだこととニワトリと甘酒の記憶しかありませんでした…( ̄∇ ̄+)


ちょうど私は最近、菅原道真の情報にふれたばかりだったので、

そうだったのかとびっくりしたのですが、さらには…


過去記事で何度かご紹介した『更級日記の作者、

菅原孝標女の父である菅原孝標は、菅原道真の直系5世の孫…。

そのことを、私はすっかり忘れていました!

いやー、歴史にゆかりある場所は意外と身近なところにあるものです。

関連記事はいくつかありますが、「古典を楽しんじゃおう!」

beats-and-love.hatenablog.com
それから、もっと前の「満月と半妖、更級日記」という記事と関連する、

beats-and-love.hatenablog.com

「精霊・妖怪的な記憶」もそうです。

beats-and-love.hatenablog.com
さて、今回の記事テーマは、

「罪悪感と投影のカンケイ」です。

150923_1452~01.jpg 

少し前の記事、「自分を赦すことが大切なのは…」にも書きましたが、

私たちは、自分に罪悪感があると、それを外に投影してしまいます。


本当は自分の心の中にあるものが発端になっているのに、

「外がこうだから…他者がこうだから…」という思考に変えてしまい、

さらにあなたの経験では実際に、「そう見える、感じる」という風に、

現実が色付けもされてしまう
のです。汗☆


これは日常の小さなことでもよく起こります。

あなたが、何か些細なことであっても、

自分のことを「申し訳ないな、(私は)至らないな!」と思うなどして、

「自分自身を責める思考」に入っていたとします。


すると、その罪悪感を何とかしようとする心の機能が働きます。

罪があると信じているからこそ、埋め合わせをしよう、償おうとします。

…そうして自分なりに「償う」ためにあれこれするのですが、

動機自体が「罪悪感」なので、後ろめたさや不快感はぬぐえません。


そのつらさから、こんな状態に自分を追いやった「外」へと思考が向かい…

「そもそも、この状況が起こらなければ…(状況、起こった出来事を責める)」、

「もし、誰々がこうしてくれていたら…/○○しなかったら…(他者を責める)」


などなど、「外」に原因を転嫁することが始まります。


もし心当たりがあっても、ご自分を責めないでくださいね(笑)Wハート


ここで大切なのは、こういった心の動きはどれも、

罪悪感をリアルに捉えているからこそ起こっているということ、

何か「罪」があるということを前提にしているという点なのです。


ところが、その前提が真実ではない!

罪があるという考えそのものが錯覚なのです。


罪があると信じている限りは、その罪を、あなたが請け負うか、

誰かや外の何かに請け負わせるか、どちらかしかありませんね。


どんなに軽い罪悪感でも、「罪」を感じるということは苦しいことなので、

知らず知らずのうちにそれから逃れようと、

「外」に原因を投影して、怒ったり悲しんだりすることになるのです。


でも、根本をまっさらな視点で眺めると、


それは「罪」ではないのだけれど、

あなたの現実に属するものなので、発端は「あなた」です。

自分で変えられるということに気づかなければなりません。


自分の心にあるものを、他者や外の何かに投影している間は、

「相手・外の何か」にその権限(力)があると見なしているので、

自分では何も変えられなくなります。


たとえば、

あなたが「人に何かを頼む」とき、罪悪感を感じるとします。

(詳細を見れば罪悪感を感じる場合と、感じない場合があるでしょうが、

罪悪感や引け目を感じるケースを想定してください。)


あなたにとっては、それは大切なことだしぜひ伝えたいのだけど、

何かを言ったら相手に「うるさい」と思われたり、「過剰な要求」と思われたり、

何か嫌な思いで受け取られるのではないかと、本心はおびえています。


最初から、あなたの心は「拒絶される恐れ」を発信しているんです。


すると、あなたの「現実の経験」も、それを反映したものが多くなります。

実際に拒絶されたり、要求を受け入れられても嫌な態度を取られたり…。


または、相手は実際のところ何とも思っていないという場合にも、

あなたには、相手が不機嫌そうに見えたり、不愉快そうに見える

という具合に、現実への「見え方、感じ方」も歪んでしまうのです。


これを、

「私が恐れているからだな。罪悪感を持っているからだな。」

と、外に投影してしまっているものの根本を見つめ、

自分の中にある「因」に気づくことができればいいのですが、

それができないと、

「頼み事をすると、人から嫌がられる、拒絶されるんだ」

など、あなたが元々持っていた方程式、

つまり、あなたが採用している「観念(信じていること)」を、

その通りに経験して、さらに信じる
、ということになるのですね。


罪悪感と投影の関係、見えてきたでしょうか。


どのような形であれ、「罪の意識」をリアルに信じている人にとっては、

「何でも自分が引き受けてたまるか!全部自分のせいなのかよ!」

と、投影しているものの「源」が自分だと認めることはつらいのです。


自分がさらに、「背負わされる」ように感じてしまうからです。


ところが、

「罪」そのものが幻想だと知っていれば、

自分の「投影」に気がつくことは、とても大きな「救い」なのです。


なぜなら、それは「外」には存在していなかったから。

あなた次第で変わるものだから。

あなたの「力」を取り戻すことになるから。


現実と、あなたの持っている罪悪感との関係。

ぜひ、注意深く観察して、力を戻すきっかけにしてくださいね。バラ



ブログランキングに登録中☆
1日1回のクリックで応援してね♪

精神世界ランキング

スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話しします

個人セッションについて

お申込みのご案内

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.