BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

力を発揮する事は怖くない

こんばんは。

昨夜は満月でしたねー。

私が眺めたとき、今回の満月は個人的に、

「パープルムーン」と呼びたくなる、紫色の光が目立つ月だなーキラキラ

と、思いました。


雲がかって、多色をあらわしている宇宙的な雰囲気の写真!







雲がかかる前も、神秘的な色合いの月光でした。↓





さて、今日の話題は、

「力を発揮することは怖くない」です。



私たちにとって、

「力(パワー)」と言ったときに連想するイメージは、

いつも肯定的なものばかりとは限りません。


自分の持っているを発揮し、活用するということを、

権力や暴力や、強制力のような力の誇示と同一視してしまうと、

力を使う、発揮することに「恐れ」がつきまとうようになります。


また、

強い力破壊と結び付けて考え、

弱い力、あるいは無力なこと=やさしさ

と捉えている方もいらっしゃるかもしれません。


このように、私たちは、「力(パワー)」についても、

自分の持っている観念で色付けをしていることがあるのです。


それは、私たち自身の人生に影響を与えます。



さらに社会的に見た場合にも、私たちは、

自分のパワーを正しく使うことを、あまり教えられていない

と、言えるかもしれません。


特に、やさしさを重んじて教育された場合…

もちろん個人差はありますが、一般的に、女性はそうですね。

やさしくあること(特定の観念で解釈したやさしさなのですが)、

他者に共感的であることを奨励されやすいので、

どちらかというと力を抑え、受け入れることや耐えることに向けてしまう

ということも起こります。


これに対し、やはり一般的にという話ですが、

男性はたたかうこと、力強くあることを奨励されがちなので、

その場合もやはり、観念による「力強さ」に縛られてしまい

本当のパワーの使い方から逸れてしまうことがありますね。



いずれにしても、どう用いても、そこに「力」は関わっているのですが、

それをどんな方向に向けるのか、ということがポイントです。


私たちが「無力感」を味わっているときでさえ、

私たちの力そのものは無傷で、無くなったり減ったりはしていません。

この場合は、自分の力を「無力感を味わうこと」に使用しているのです。



私が力を発揮したら…

今よりも力強くあったら…

相手を圧倒してしまうだろう、傷つけてしまうだろう (>_<)


そう感じて、自分の力を「抑える」ことに使っていることがあります。


そしてそれを繰り返しているうち、習慣になって、

元々自分はこういう人間なのだと思い込んだり、

自分には本当に力がないのだと感じてしまうこともあります。



「力」は、あなたの内からあふれてくるもので、

それを正しく用いらなければ、何かに差し支えが出ます。


出たがっている力は、使ってください。

あなたの心に添って、表現してください。


力を使うこと、表現することが危険だと感じる部分があれば、

どうしてそのように感じるのか、自分の内を見つめてみてください。


そこには、きっと興味深い答えがあるはずです。


でも、その答えとなる部分は、あなたに知ってもらいたがっています。

本当は、「力を抑えるフタ」の役割を続けることに飽き飽きしているんです。



パワーは流れ、循環するものです。

滞ってしまっていると、あなたにとっても、周囲にとっても、影響が出ます。


力を発揮することは怖くない。

力そのものは危険ではなく、誰かや何かを傷つけるものではない。


あなたが、それをどう使うか

ということを知るためには、力のないふりをしていても解決しません。

実際に使ってみるしかないのです。

リスクを恐れずに。



2つのブログランキングに登録中☆
1日1回のクリックで応援してね♪


精神世界ランキング




人気ブログランキングへ


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話しします


「個人セッションについて☆」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.