BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

仕掛け人は誰か思い出すと…

今回のテーマは、「仕掛け人は誰か思い出すと…」です。


私たちは自分の現実に起こることを「誰かのせい」だと考えたり、

「神やハイヤーセルフ、何らかの見えない力」のせいだと考えたりします。

☆1/30のワークショップ☆の中でも、この点にふれました。


では、

あなたが「創造者」としての視点で物事を眺められると、

あなたが苦しんだり、試練と感じていることに対しては、

一体どんな発見があるのでしょうか?


それについて、お話しします。(*^▽^*)


 


あなたの現実に起こることは、

あなた自身の許可している(合意している)範囲のことしか起きない。


このことを、思い出してください。


「私は何も選択したり許可したりした覚えはない!」

と、感じる方もいるかもしれませんが、

それはブログでもよくたとえに出しているように…


この人生を映画や劇になぞらえると、その劇中の、

「登場人物のひとりである私」という視点にあまりにも没頭しているので、

「創造している自分の視点」をすっかり忘れてしまっているのです。


しかし、それを認識していようといまいと、

創造者の視点もその力も、あなたの中で変わらずに機能しています。



あなたは、特定のゲームの中の「起こり得る可能性のシナリオ」を、

承知しています。許可しています。その範囲を熟知しています。

そして、

あなたが「許可していない」ことは、あなたの人生に起こらないのです。


「こんな風になるなんて!」と、

とても意外に思うときですら、あなたの意識は、

「こんな風になる可能性」も想定していた、ということです。星


それは、「必ずこうなる」という、たったひとつの予測ではありませんが、

多岐にわたる可能性の現実として、それを知っていたのです。


そもそも、出来事はあなたの外に現れるわけではなく、

あなたの内から現れ出ているものなのです。



そんなわけで、どんな状況も、

誰かに・何かに「勝手に与えられた、決められた」というわけではなく、

自分で許可しセッティングを受け入れたシナリオの範囲内なのだ


ということです。星

自分の出演するシーンを自分自身で1カットずつ選んでいるようなもの。


もちろん、あなた自身がそれを選ぶのですから、

今回のあなたの人生や個性を考慮したときに、

「自分にはこれは無理だ」

「これを経験したら立ち行かなくなる」

…など、あなたが「真に」耐えがたいことは、現実にしない
のです。


これはとても大切なポイントです!キラキラ☆

なぜなら、逆に言えば、


あなたの人生において、たとえ「試練」と感じるようなことがあっても、

あなたの乗り越えられる範囲の試練だし、

何かがあなたにとって「苦しみや難題」と感じられるときでも、必ずそれは、

あなたの糧にしたり生かすことができるものなのだと、わかる
からです。


さらに、あなたはあなた自身をよく知っているので、

自分の中の無傷で守り通したい分野や、葛藤を避ける分野というのも、

必ずバランスよく人生の中に作っている
ものなのです。


そう、「仕掛け人」はあなたなのです。星


私はこれくらいは大丈夫。

あなたにとって何らかの形で価値を生み出していくこと、

あなたの力量で経験できる範囲のことのみを、人生として経験しています。


そう知ると、気が楽になりませんか? 音符


私たちはつい、際限なく「悪い妄想」や「心配」をして恐れることがありますが、

そういうときに考えているような、

「自分の力ではどうにもできない、どうなっていくかわけがわからない、

どこまでも底なしに悪いことが待ち受けている」
…わけではないのです。


「必ず、私の耐えられる・何とかできる範囲のことなのだ」と、

仕掛け人である者の正体は自分だと思い出すことで、

落ち着くことができますよ。


「自分」と「創造者」とを分離させて考えることが、

あなたの恐れの源なのです。



2つのブログランキングに登録中です。
クリックありがとうございます!キラキラ


精神世界ランキング




人気ブログランキングへ


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話ししますバラ

「個人セッションについて☆」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.