BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

思っていることを容認する

まだ2月入って間もないというのに、今日外を歩いたら、

早くも春の気配を感じました。


それは気候的な条件等によるものではなくて、まるで、

春の精

を感じたと表現したい感覚でした。


そういえば木々のつぼみも春に向かってふくらんでいますしね。

春の精はもう、舞い降りていたんでしょうね。キラキラ☆


 
そんな本日の空と太陽。



今回のタイトルは、「思っていることを容認する」です。


私たちはよく、自分の本当に思っていることを裁く ということをします。


自分の内から湧き上がる思いを見張っていて

こんなことを思ってはいけない!と、否定することがよくあるのです。汗


☆個人セッション☆でこれについてお話しすると、

皆さん思い当たる節があるようですが、たまに驚かれることもあります。


え、じゃあ、思ったことをそのまま認めちゃっていいんですか!え゛!

と、驚かれる方もいらっしゃるのです。


そうですよね、お気持ちわかります。

私たちの多くは、そんな未熟な自分は何とかするべきだ、

変えるべきだ、直すべきだ!

…と、言われ続けてきましたものね。


でも、

あなたがただそう思った

ということ自体を否定してもどうしようもありません。


むしろ、それを否定することで起こることの方が厄介です。


問題とは、あなたの思いを認め受け入れることによってではなく、

そうしなかったことによって起きるものなのです。星



たとえば、あなたが誰かと知り合って、とっさに

「不細工だな!」

と、思ってしまったとします。

前回ワークショップで容姿にまつわる観念のシェアもありましたので、

あえてこれを例に挙げますが、最後まで、記事全体をよく読んでくださいね!)


すると、あなたの中の「良い子」の度合いが強ければ強いほど、

そう思ってしまった自分をあわてて打ち消したり、

「こんなこと思ってはいけないんだ!」

と、考えるのではないでしょうか。


相手に対してこんな失礼なことを思うなんて…

自分は嫌な人間だ!

そう、自分自身を嫌悪して、罪悪感を感じる人もいるかもしれません。


でも、あなたが「そう思ってしまった」ことに、

そんなにも罪があるのでしょうか。


湧いた思いを否定しても、どうしようもありません。

まずは、あなたにはそう映ったのだと自分の中で認めていいのです。


この例ならば、不細工という思いが該当しますが、

私たちは人に対して「世間で良くないと思われてること」や

「コンプレックスとされることに結び付くこと」を心の中で思った場合、

そう思った自分自身を律したり罰したりする傾向にあります。



相手への「悪口」と感じるからですね。


でも、根本的に、あなたが観察した“現象”そのものは、

本当はよくもわるくもない
のです。


たとえば、誰かに対して、

この人太ってるなー

とあなたが思ったとしても、太っていること自体に良し悪しはありません。


でも、「太っていること=よくない!」と信じている人なら、

人にそう思ってしまうことで、自分に罪悪感を感じる可能性があります。


人間が太めだろうとやせていようと、どんな体型だろうと、

そこにまったく良し悪しはないし、

あなたが感じたことにも良し悪しはないのですが。


このことは、その他のどんな現象に対しても一緒で、

観察した現象自体について抱く罪悪感、

自分が感じたこと・思ったことに対する罪悪感、

があったら、よく注意してください。


まずは、

外にあるもの、見えるものに「あらかじめ決まった解釈はない」

と思い出してください。


あなたがそれをどう思うかは、あなたの判断として観察し、

「自分では容認する」
ようにしてください。

それをわざわざ人に告げる必要はありませんが、

自分の感じたこととして受け入れることは必要です。


そして、自分自身の行動の参考とすることも大事です。

それはたとえば、こんな場合です。


ある場所へ出かけて、

あなたが「うわっ ひどいところだなぁ」と感じたら、

あなたはそこが好きではない、何か抵抗を感じているとわかります。


それを無理に「違うように感じよう」と説得する必要はないのです。


むしろそんなことをすると、あなたが本当は何を感じているかが

自分にとってわかりづらく
なります。


この例ならば、同じ場所を「大好き」という人もいるかもしれず、

あなたはあなたの感じたことをこそ、

「自分の行動の参考に」する必要があります。星


ところがここで、

「人がどう思う?」、「○○に書いてあることはどうだろう?」と、

外を参考にし始めると、悩みます。

あなたはあなたの感じたことを信頼せず外に答えを探すので、

「頭」が吟味し納得する行動をしても、なんだか気持ち悪いのです。


最初の例の不細工のような、失礼と感じる感想にしたってそうです。

あなたがそう感じたからといって、

世の中の全ての人がそのように感じるわけではない。


あなたがどのような感想を持ち判断しようが、相手に対して

「世界全体を代表して判定を下す役割」を担っているわけではない!


ならば、「私はこう感じたんだな」と、恐れず認めてはいかがでしょうか。


もしかするとそんな感想を抱いた相手と親しくなればなるほど、

その人の美しさ・魅力が目につくようになり、見方が変わるかもしれないし、


ただ単に、その人はあなたには魅力がなく、

深い関わりを持ちたくない相手だった、というだけかもしれません。



自分の感じることを否定してもしょうがない。

素直なあなたの気持ちに「赤」を入れて修正することはやめましょう。


自分の「素直に思うこと・感じてしまうこと」から、

自分の持っている観念を見ていくことは、あなた自身に役に立ちます。

でも、自分を否定し、悪い人間だと思い、

「罪悪感からテコ入れする」ということは、動機自体が誤っています。


あなたの心を信頼し、耳を傾けてあげる必要があるんですよ。



2つのブログランキングに登録中です。
クリックありがとうございます!Wハート


精神世界ランキング




人気ブログランキングへ


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話ししますバラ

「個人セッションについて☆」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.