BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

日常の中の、人に聞く癖

こんばんは。

今日のテーマは、「日常の中の、人に聞く癖」です。


160221_00.jpg 


こういう場合はどう思う?

あなただったらどうする?

私はどうするのがいいと思う?

これとこれなら、どっちがいいかなぁ…


などなど、日常の中で、気づくと「人に聞いている」ことはありませんか。


人の意見や感想を参考にすること自体は、よくもわるくもありませんが、

これが、あまりにも習慣になりすぎると…


「自分に訊く」よりも、

「人に尋ねる」ことの方が、楽なように、為になるように思えてしまいます。


私は本当はどうしたいか、ということにフォーカスするよりも、

「この人は何と言っているか」

「あの人の感想はどうか」

と、外に注意を置くことの方が拠り所になってしまいます。ガクリ


それでも、その結果として自分自身の思いが浮き彫りになり、

「いや、やっぱり私はこうなんだ」

とか、

「うん、それは私が感じていたことだ」

とか、自分の気持ちを知る助けになれば、いいのですが…


あまりにも、まず「人に聞く」ことが日常の一部になっている場合には、

あなたが、あなた自身のあり方に自信が持てなかったり

自分の感覚と繋がることを、習慣的におろそかにしていて

自分の内側の答えに対して、

あえて注目することを放棄している可能性もあります。


そこ(自己の内側)に優先的に目を向けると、

不都合があるのだと信じているのかもしれません。



「自分で決められない!」

「決めることが苦痛(><;)」


これは、単にタイミングの問題でそうなっているケースもありますが、

いつのまにか人生を「受け身」で過ごしすぎている人にも多く起こることです。


何らかの理由で、

自分自身の決定よりも他者の決定の方が意味を持つ、

と考えている場合にそうなります。



このような姿勢に陥っていることに気がついたら、

「自分自身の心の内側」に向きを変え、見つめる時間を作ってください。


意識を、内に向け直すのです。


外から、がむしゃらに答えを引き出そうとしないで、

さて、私はどうしたいのだろう

ということを、根気よく見つめてください。感じてください。


そこにどんな答えがあっても、それに従うことで、

あなたはきっと、ずっと気分よく物事を進められるはずです。星



「受け身」に偏った姿勢でい続けるとき、

あなたは失敗を恐れていたり、あるいは、

失敗によって「ひどく責められる」ことを恐れていたりします。

それは過去に経験したことがあって、リアルな不安なのかもしれません。


でも、

外の人が何を言おうと、あなたにどんな感想を伝えようと、

彼らに影響されることを選び、

自分の気持ちを無視して「決定」できるのは、自分しかいません。


誰かの意見や感想に従ったせいで…!!゛(`ヘ´#)

と、後で怒ったり、悲しんだり、後悔したりするよりは、

あなた自身の本心に沿って「失敗する」方がずっといいのではないでしょうか。


あなたの決定したことの根拠が「人のせい」になっているときは、

原因は「他者(外)」にあるので、あなたの様々な思いは「届く場をなくして」、

あなたの中でくすぶり続けます。


一方で、自分自身の決定であると自覚できているときには、

どんな出来事が起ころうと案外早く、受容できるものなのです。

すんなりと、あなたの糧になって生きるものなのです。みどり



2つのブログランキングに登録中です。
クリックありがとうございます!音符


精神世界ランキング




人気ブログランキングへ


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話しします

「個人セッションについて☆」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.