BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

客観は形を変えた複数の主観

こんばんは。

今日のテーマは、「客観は形を変えた複数の主観」です。


160311_05.jpg 
 

私たちは、自分と、自分でないもの(他の人や多種多様な存在)がいる

と考えるので、「主観」と「客観」があるのは当然のことと認識しています。


これは、私の意見。でもあれは、私の意見ではない、という風に。


そういった区別は、この現実を経験するのに必要な前提ではありますが、

さらにもっと「奥」を見つめるなら、

私たちが「客観」と捉えているあらゆるものの見方は、

実は、自分自身の中にあるのです。


「私」の外はありません。



あれも、これも、私とは違う、とあなたが感じるあらゆるものの見方も、

実は「あなたの中に」あるもので、

あなた自身の解釈を経て生まれている、受け取っているという意味で、

「あなたの複数の主観」でもある
のです。


このことをわかりやすくするために、「夢」を想像していただきましょう。



あなたの夢の中では、様々な登場人物やシーンがあらわれますが、

それらも全て、あなた自身の意識の中にある映像です。


たとえば、あなたの夢に登場したある人物は、

あなたの心の一部を象徴的に、形として翻訳した結果、

そのような人物の姿になって表れているということです。


夢に関してのこのことについては、心当たりがあったり、

そうだろうなぁと受け入れることができる方も多いと思います。


一方で、「この現実」を見ている限りでは、


Aさんの意見はAさんに属し、

Bさんの感想はBさんに属し、

そして私、Cの思いはCのものである…

という風に、分けられるものだと錯覚をしているのです。


でも、この現実も夢と同じです。

あなたが見ている・経験している現実は、

すべてあなたの中にある現実なので、

この例でいうAさんは、あなたバージョンのAさん。

Bさんも、あなたバージョンのBさんということになります。


例に従ってあなたをCさんとするならば、彼らの存在は、

C-A, C-B…と表したいくらいに、

「あなた」という主体に属して経験されている便宜上の「他者」なのです。



ですから、「客観的に考える」というときにも、

「客観」ではなく、自分の中の「複数の主観」を経験しているにすぎません。


どんなに“他者の意見”を想定しているつもりでも、

あなたの中にある複数の主観のヴァリエーションを経験している

ということなのです。


そうとわかると、

「人の目を気にする」ということも本当は幻想で、


あなたは、あなた自身の考えに怯えているのだ、

あなたが分散させ、外に投影している「自分自身の目」を気にしているのだ


ということに気づくのです。



2つのブログランキングに登録中です。
クリックありがとうございます!

精神世界ランキング


スピリチュアルカウンセリング
(対面、スカイプ、電話)

お申込みのご案内

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.