BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

誰かのためなら頑張れる?

今回のテーマは、「誰かのためなら頑張れる?」です。 


 


自分だけのために頑張れる、という人は少ない。

「誰かのために」という気持ちを持っているとき、

思っていた以上に頑張れたり、力が湧いてきたりする。


このことを、経験したことがある方も多いのではないでしょうか。


「誰か」に該当する対象は人によって異なるでしょう。

お子さん、ご家族、恋人、友達、あなたが助けたいと思った人…

というように、「人」が対象になることもあれば、

動物や植物、環境、何かの理想というように、

対象が人ではない、あるいは人に限定されない形を取ることもあります。



いずれにしても、その対象が何であれ、あるいは“結果”が実際に、

「誰かのためになっているか、どうか」すらも関係なく、

まずは気持ちの上で、「誰かのために」と思うこと自体が、

あなたの張り合いになったり、目的意識になったりもします。



その意味では、

私たちはいつも何か「対象」を必要としているような気もします。


誰かがいるおかげで…対象があるおかげで…

自分が満たされる。


それは美しいことでもあるのですが。



ただ、その対象となる「誰か(何か)」がいなくなったとき、

あるいは立場や状況が変化したとき、

まるで、目的を喪失したようになって、

自分は何のために生きているのかわからなくなる

という場合もあります。


そんなときには、思い出してください。



対象となる「相手」は、あなたの想定の中に確かにあったけれど、

あなたの世界の中で、そのように自分の意識を置くことで、

自分を満たしていたのだということ。



「対象」が姿を消したように見えたり、

あなたをもう必要としなくなったように見えたり、

あなたの出る幕は何もなくなったのだとしても、

あなたが元々していたことは、究極的には「誰かのため」ではない。

「あなた自身のため」なのです。



そこに、意識を戻してください。



「対象」は外にいないのです。

自分の外に、対象がある、とそのように信じることで、

私たちは、自分のことを多角的な角度から体験することができます。



そのように「自分自身」を分離させた視点で…

他者と自分と、という関係性として「仮に」見つめてみることで、

私たちは「自分をより知る、発見する」機会を作っているのです。



ですから、自分で設定した「形」というものの方に、目を奪われずに。

あなたの内にあるものを、これまでどのように信じて使ってきたのだとしても、

その“信念の中身”である「外の状況がどう変わっても」、

あなたの存在はこれからも、あらゆる形で自らを表現していくのだと。


どんな風に「形」を変えても、やはりあなたは創造し、自らを遊び続けるのだと。


まるで、「対象があったからこそ」、湧き出たように見えたものは、

元々あなたの中に、あったものでした。

あなたがそれを発見したなら、やはりまた次のプロセスが始まります。



このことをぜひ、思い出してくださいね☆彡



2つのブログランキングに登録中です。
クリックありがとうございます!



精神世界ランキング




人気ブログランキングへ


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話しします

「個人セッションについて☆」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.