BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

シェアする自由、しない自由

今回のテーマは、「シェアする自由、しない自由」です。


何かに対して「自由」というとき、

「~する自由」があるのと同時に、

「~しない自由」もあるからこそ、自由と言えます。


ところが私たちは、「しない自由」を過小評価していたり、

「しない」ということを後ろめたく思ったりすることがある
のです。


 
今日の空☆
 


中でも、今回は「シェアすること」について取り上げます。

「シェアする」は今やネット上などでもよく聞く言葉になりましたが、

共有すること、分かち合うこと、を意味します。


何をシェアするか…どんな状況でか…その内容は様々ですが、

基本的に、「シェアする」ということには、

ポジティブな意味が付与されがち
ですので、


「シェアしないこと」に後ろめたさを感じたり

「しない自由」を選択してはいけないような圧力を感じたりすることも、

あるのではないでしょうか。



たとえば、ごく日常的な瑣末な例で(笑)、でも、

私の親しい人たちと話題になったことがあるトピックなのですが、


誰かと一緒に食事に行ったとき…

注文するメニューを「シェアしたい人」がいると思います。


自分の頼んだものを自分で食べる、というのではなく、

それぞれの頼んだものを一緒に分け合おうよ、というスタイルです。

それがたまにのことで、ちょうど好きなものが沢山あったから、とか、

みんなでシェアし合うスタイルの料理だったから、とかではなく、

「毎回、頼んだものはシェアしたい!」というタイプの人もいますよね。

その方が色々なメニューを一度に食べれるから…と。


一方で、

「自分の注文したものだけを食べたい」と、いう人もいます。

あれこれ食べると気が散るし、自分の吟味して選んだメニューを、

落ち着いて、集中して食べたい…とか、

その日はそれだけをお腹いっぱい食べたい!とか。


食事のスタイルひとつ取っても、その好みも、都合も、さまざまですよね。


でも、このような「違い」に、もし、

「どちらの方が良いことである」とか、

「こちらの方が正しいのである」

という評価付けをしてしまったら、どうでしょう。


途端に、そこに「ジャッジ」が生まれますね!


こんなこともしてくれないあの人はケチだとか、

これが常識なのに、あの人はちょっと礼儀が足りないんだとか、

自分の信じている評価付けに基づく「裁き」が生まれるのです。


私たちはこういう裁きを、色々な場面で、色々な形でしてしまいます。



たとえばもっと内面的なことで言えば、

人の姿勢として「オープンである」というのは、

どちらかというと「良い評価」と関連づけて受け取られます。

隠し事がないとか、正直であることとかと結び付きやすいからでしょう。


一方で、「何でもオープンにしなければならない」

「心の中のことや、日常に起こったことを人とシェアしなければならない」

と思うことで、苦しくなる人もいます。


苦しくなるということは、あなたの本心を否定し、

それと闘っているということですから、

「そうしなくてもよい自由」を忘れているか、

過小評価してしまっているのだとわかります。


自分の心がおのずとそうしたいわけでもないのに、

「オープンであること」を、「それが良いことだから」

「そうするべきだから」と強要していたら、

自己肯定がどんどんできなくなっていってしまうでしょう。

本心とは裏腹になるからです。


人には、何かをシェアする自由も、シェアしない自由もあります。

両方が同じように認められるのでなければ自由ではありません。



「すべてをシェアしなければ」

「シェアして、わかり合わなければ(わかってもらわねば)」

と、もしも気持ちが乱れることがあったら、


ちょっと立ち止まって、あなたの心を確かめてみてください。


あなたの気持ちがそのように揺れるのは、

それが負担だからではないでしょうか。




何かに「義理を感じて」行動することは止めてください。

表向きがどうかということより、まずは、

あなたの内側であなたの世界を存分に受け止め、育んでいいのです。


そして、それを「シェアしたくなったときに、シェアしたくなった分だけ」、

「そうしたいと思える場所で」、表現する
ようにしてみてくださいね。ウインク



桜は、うちの付近は3分咲きくらいかな~。
ブログランキングに登録中です。
クリックありがとうございます!

精神世界ランキング

スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話しします

個人セッションについて

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.