読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

素直さを妨げるもの

こんばんは~。

今日はひさびさに☆このカテゴリ☆を使ってみました。

ずいぶんと放置していたなぁ、という気がしますが(自然にそうなったのだけど)、

その理由もあわせて気づくことがあったのが、今回のメッセージです。

タイトルは、「素直さを妨げるもの」です。


 
緑の葉っぱに赤い花が映える!



私たちが素直さを発揮できないとき、

素直な自分のままでいられないとき、

妨げているものは何なのでしょうか。


そこに、「恐れ」があるのです。



恐れは様々な形を取り得ます。


他者への思いやり、気遣いという形を取ることもあります。

あの人は、こんなこと望まないに違いない、

と他者の気持ちを思いやるという形を取ったり、

私がこんな風だったら、人に迷惑をかけてしまう…と考えるなど。


あるいは、「プライド」のような形を取ること、

「常識」や「大人であること」に重点を置くという姿を取ることもあります。

バカにされたくない、おかしな人と思われたくない、

世間知らずだ、無邪気なやつだと思われたくない
…とか。

常識的に考えたらこうなのだから、とか、

もういい大人なんだから○○しなければ、などもそうですね。


そうやってどんどん「恐れ」を大事に抱えていくうちに、

私たちの素直さは、遠い憧れのようになってしまいます。


自分の中にあるものなのに、発揮できない。

それを表現できない。


もっと行くと、「自分で認めることも怖くてできない」

衣装に邪魔をされて、自分のことがわからなくなってしまうみたいに。



そんな素直な心が自分の中にあるということを、

認めるだけでも怖いのです。不安になるのです。

だから、見ない。気にしない。追いやってしまう。


たとえば、「見えない世界」とか、スピリチュアルな現象、

不思議な世界なども、それに該当する
でしょう。


なぜだか、恥ずかしい。

うぶな奴だと思われてしまう。

ちょっと、子供っぽい。

深入りしないに越したことはない。


だって、大人なんだから。

常識的な現実に取り組むことこそが大事なんだから。


様々な、もっともらしい言い訳を用いて、

私たちはまるで、「純粋な心」を恥じるみたいに、

自分の中にあるピュアな部分を慌てて隠してしまう。顔をそむけてしまう。


なんであえて悪ぶるのかわからない。

なぜ、本心と違うふりをしなければならないのか、

なぜ、素直な自分を抑えつけなきゃいけないのかわからない。

でも、そうしなければ不安だ。この世界に適応できなくなりそうで。

自分が、全く、突拍子もないことを考えているようで。



そう気づくことがあったら、そこにある恐れを見つめてごらん。

あなたの中にある、本当の魅力を見つめてごらん。


正面から向き合うと、まぶし過ぎるかのように思っていたもの。

だから、心の奥に隠したもの。


☆☆☆


このメッセージは、スピリチュアルな分野に限らず、

私たちの人生全般に対してのメッセージなのですが。


と同時に、私が最近、自分について気づいたこととも共通していました。



私は、☆スピリチュアルカウンセラー☆ではあるけれども、

あまり突拍子もないというか…物理的現実と整合性のない、

一般的にわかりにくい話はしないようにといつも考えてきました。


けれどもそれは自分への「ブレーキ」にもなっていて、

そのブレーキは一見、「人のため」のようにも見えながら、

自分の恐れとも関連している
のだと察しがついていました。


自分独自の世界というのを信頼しすぎると、

「はいっ!自己満足おつかれさまー!」

という感じで、それが特に、

「目に見えない、万人が確かめることは難しい分野」になればなるほど、

「好きにやってなさいよ」

という扱われ方になっていくのではないかと。


言葉にするならばそんな感じのことを漠然と思っていて、

見えない世界に関わっているとは言っても、個人としては、

いつも適度な「距離」を保つようにしていたのです。



唯一、「夢」というのは誰もが経験したことのある現象なので、

それを語ることには抵抗が少なく(どんな不思議があっても夢だからOK)、

夢を語ることと一緒に、関連づけて日頃の思いも語ることで、

ちょうどよい表現が成り立っていたようにも思います。


それに対し、ヘルパー存在だの、精霊だの、天使だの…

ということは、あまりそれだけを記事に書くのは得意ではないというか、

特に意識せずとも、極力「優先順位を下げる」ようにしてきました。


それは正直、私自身にとってもまだまだわからないことが多く、

得体の知れない部分もあったし、

(その点で言えばまだ異星人の方が書きやすいということが面白い! 笑)

あとはやっぱり、ある種の人々には最も「否定されやすい」分野、

ということがあるからです。


彼ら(人間の認めていない存在)が、

☆夢や体外離脱、明晰夢☆に登場したときは、

夢ということで書くのがぐんと容易になるんですよね。

免罪符をいただいたみたいに!

…と、考えると、なぜそこに「免罪符」が必要になる?

と、当然気づくわけです。


あぁ、私の心の中では、

それについて語ることはまだ「自分が完全に許可してはいない」のだ、と。

いえ、語ることはというよりも、「向き合うこと自体が」と認めるべきでしょう。



最近までは、ずっとパートナーと2人暮らしをしていたこともあって、

私は、だんだんと、プライベートの生活の中で、

「見えない存在とのやりとり」に重点を置かなくなりました。


逆に言えば、ひとりだと、彼らと語る機会は多くなりそうですね!


今私はひとりではなく家族と共にいますが、

家族とは長年、既知の仲というか、さすがに家族なだけあって、

パートナーとの生活時よりもひとりで思索する時間が増えました。


すると、「待ってました!」とばかりに、

見えない存在たちの「アピール」が始まったのです。

アピールというか、もっと言えば私自身の心の流れがそこに向いたのでしょう。



彼らはわざわざ「一緒に語ってくれなくなったね!」なんて、

恨み事を言ったりはしませんが、

「あぁ、そういえば私はだいぶ、そういう交流を忘れていたなぁ」

「あまりにも、放っておいて、見ないようにしてしまったなぁ」

ということを、自分で気づきました。


それは生活スタイルとか、誰と一緒に暮らしているかとかじゃなく、

表面に起きている物事は「私の意図に沿った出来事」にすぎなくて、

本当は自分自身が「遠ざけたのだ」ということも、わかっていました。



「エネルギーと意図のカンケイ」でも書きましたが、

エネルギーは、関心のあるところに流れます。

私が彼らとの交流に関心を持たなくなったからといって、

彼らの存在は消えやしませんが、

私の世界における彼らの存在感は薄くなります。


絶対に、私の自由意思を妨げるようなアピールはしてこないけれども、

何より私自身、本当は彼らともっと繋がっていたいのに、

この世界を生きながらも、彼らとの経験も共有していたいのに、

恐れがあるから、目を逸らそう、逸らそうとしていたことに気づいたのです。



ひょっとすると何年も目を向けていなかったというのに、

かつて認識していた存在が、よろこびいっぱいで応えてくれたとき、

私は、自分の持っている「この恐れ」をしっかり見ようと思いました。


そこには、何か決定的に、

今の私に必要なキーがあると思えるのです。


一般的には「ちっとも現実的でない」活動の中に、

人生に必要なキーがあるなんて、面白いですね(笑)

でも、そういうこともあるんです。

そして、そう珍しくもないことなのだと感じています。



2つのブログランキングに登録中です。
クリックありがとうございます!キラキラ☆


精神世界ランキング




人気ブログランキングへ


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話しします

「個人セッションについて☆」


広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.