読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

あなたの視点

あなたは、あなた自身の視点を尊重しているだろうか。




 

尊重するために、他者の視点と比較しての「評価付け」は必要ない。

どちらが優れているとか、どちらが正しいとか、

ああならなければだめだとか、あのように考えるべきだとか…

そんな風に自分に圧力をかけるのをやめるのだ。


「聖域」は外にあるのではなく、

あなたの心の中にある。

そこでは、あなたの独自性が美しく輝く。



私たちは多かれ少なかれ、自然とそれを表にあらわそうとする。

自分の人生として、絶え間なく湧いてくるそれを形にしたくなる。


実際、それはあなたを形作ってもいるのだ。

あなたという存在そのもの、あなたの独自の視点が、それなのだ。


妨げなければ…

それに「よい、わるい」というレッテルを張ったり、

人から借りた考えで「自分を評価する」ということをしなければ…


あなたは、あなた自身に満足しながら、

このオリジナルのあなたという存在を満喫しながら、生きることができる。



不幸とは、

自分で、自分の心の芽を摘んでしまうこと。

自分が、自分に一番意地悪になること。

たとえそのベクトルが逆にあらわれて、

あたかも自己評価がとても高そうに振る舞ったり、

絶大な優越感を抱いてみたとしても、奥にある「おびえ」は同じこと。


間違っていたらどうしよう。

私には何かが不足しているのではないか。

自分には十分な価値がないのかもしれない。

私はもっと、こうでなければならないのかもしれない…


それらの思いは、あなたの視点に疑いのフィルターをかけ、歪めてしまう。


自分のそのままの視点をゆるすことができないから、受け止められないから、

他者にそれを投影するという形で、「外に失望する」。



正解のないこの世界の中で、

あなたにとっての「フィット感」だけが、その都度その都度、あなたを導く。


一歩一歩、あなたの視点をあなたが信頼していけば、

あなた自身が認めていけば、

あなたが「歩んでいる」と思っていた道自体、

自分の形成する副産物であると気がつく。


それは「敷かれたもの」ではなく、あなた自身の延長として生まれるもの。

あなたが創っているものなのだ。



2つのブログランキングに参加しています。
クリックありがとうございます!



精神世界ランキング




人気ブログランキングへ


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話しします

「個人セッションについて☆」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.