BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

二元的な見方を超える

こんばんは。

今夜の話題は、「二元的な見方を超える」です。


私たちは色々なものごとを、対立する構造や、

二元的に分けた見方
で捉えてしまいがちです。

「対立する構造」といっても必ずしも「戦い」の意を含むとは限りません。


まずわかりやすい例としては、「私」と「あなた」


それから、「自然」と「人間」というのもそうですし、

「○○について賛成派」と「反対派」という見方や、

☆前回☆の最後でちょこっとふれた陰謀論と呼ばれる概念では

「支配者層(あるいは特定のグループ)」と「一般の人々」

…なんていうのもありますよね。


もっと言えば、現代では当然のように考えられている、

「主観」と「客観」があるというのも二元に分けた見方で、私たちは常に、

現実をそのように「私」と何らかの形で分離するものとして考えているんです。


現代の、常識的なものの見方の「スタンダード」では、ですね。


 
  

でも実際は、

私たちがものごとを自分と分けて考え、経験することが可能であっても、

何ひとつとして「分離しているものはありません」


たとえば、あなたがお庭のチューリップを手入れするとき、

「チューリップという姿をとっている私を手入れしている」

などとは考えずに、

「チューリップ」という“自分とは別の生物”、植物を手入れしている、

と認識しているのではないでしょうか。


そういった見方は、この世界ではとてもよく機能していますが、

かといって、それが普遍の真実なわけではない、ということです。



自然対人間、と考えるときにも、あたかも、

自然が「人々とは別の力として」存在するように認識しています。


たとえば天候も、人々の意識とは無関係なものとして、

「気象現象」として客観的に、分析されます。


こういった見方では、太古の人々が天候を変えることができたという事実を、

「迷信的な、現代よりも遅れた文明」としか捉えることができないでしょう。


ところが、人の意識エネルギーと天候との関係…

それを理解できていて、そういうことを行っていた人々もいたのです。

(形骸化した後、そのような本当の作用を理解せずに、

ただの儀式や形だけの祈祷になってしまっている場合もあります。)


現実と意識との繋がりをわかっていた人々は、どの時代にも存在します。


現代文明ではあまりにそれを「否定する」ことが「常識」になりました。


☆☆☆


一部の政治家たちや、特定の宗教や、国や、文化や、民族や、

ある人の在り方、考え方などをただ批判しているとき、


あなたは、その人たちから自分を「分離させて」考えています。


彼らを、「別な表現をとっている自分」とは考えません。


自分と別なものだから、そこから生み出される思いの原因、

「帰属先」は相手だと考えているのです。

ですから、

「相手を批判することで、相手を変えられる」

あるいは「打ち負かしたり、改心させることができる」などのように、

信じ込みます。


でも、それは幻想です。

それは二元的な観念に基づいた、この世の集合的な「マトリックス」、

集団で信じている夢です。



マトリックスの外に出てください。

実際はあなたはそのゲームの「中にはいません」。


あなたという存在は常に、「夢をみている側、創っている側のもの」です。


何も特別なことではありません。

秘儀やイニシエーションが必要なわけでもありません。


“夢の中をさまよう夢の登場人物である私”、

という幻想から、「我に返る」だけのことなのです。



ブログランキングに参加しています。
クリックありがとうございます!

精神世界ランキング


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話しします

個人セッションについて

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.