読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

悲しみとのつきあい方

こんばんは。

今日のテーマは、「悲しみとのつきあい方」です。 


 
 

人生の中で、ものごとは、変化してゆく。

時は過ぎ去り、ほら、今日は、もう昨日とは違う今日だ。


何もかもがひとところにとどまっていてくれない。

同じままでいてはくれないのに…

心の一部が、そのことに追い付かない。


頭ではわかってる。理解している。

日常は、流れている。

でも、心の一部がまだ、同じところをぐずぐずしていたいのだ。


止まっている。ついていけないでいる。

「悲しみ」の淵にとどまっている。


☆☆☆


人生の中では色々な悲しみを経験します。


別離や、何かを失うこと、変わってしまうこと、

あなたの中でどうしても受け入れられないと感じること。


そんなとき、「悲しみ」とどうつきあったらよいのでしょうか。


ただ脇へ押しやっても、悲しみ自体はなくなりません。

かといって、悲しみの中に「自ら好んで浸っていても」、

あなたの気持ちは滅入るばかりです。


悲しみを吹き飛ばそうと「から元気」を出しても、

心の一部が枯れてしまったような感覚がつきまといます。

ものごとの合間に…ひとりになった、ふとした折に…

悲しみが、「まだここにいるよ」と、浮かび上がってくるのです。



「悲しみ」それ自体を、

望ましくないもの、悪いもの、あなたの人生を邪魔するもの、

…というようには捉えないでください。


なるべく早くそこから離脱しなければいけないもの、

と、あせらなくていいのです。


そして、自分の内面の感じ方を人とくらべてはいけません。

このくらいのペースで回復すべき、とか、

あの人はもっとつらい立場なのに自分より元気にがんばってる、とか、

「つらさ」を比べることは意味がないのです。


その人はその人だし、あなたはあなたです。

また、出来事や状況などの「表面から見た様子」だけで、

内面に起きていることを判断することはできません。


自分の感情を過小評価も、過大評価もせず、

ただそういうものとして受け止める必要があります。



また、自分の内から浮かび上がってくる気持ち、

さまざまな思いに、寄り添うことはいいのですが、

「かわいそうな私」という思いに深入りしないよう気をつけてみてください。

それは「悲しみ」そのものを受け止めることとは少し違っていて、

その視点は、あなたを本質から「逸らす」もの。

あなた自身の本当の気持ちに寄り添うこととは、

違う性質のものが混じっているからです。


あなた自身のそのまんまの気持ちに直面するよりも、

他者や状況に向かう「はけ口」や、

「何らかの理由という出口」を作ってしまっています。


ですから、そんな風に自分をあわれんでいるときには、

その奥に怒りや、別の主張がないかどうかを調べてみてください。



悲しみは、とくに邪魔しなければ、あなたの日常の中で、

あなたにちょうどよいペースで、発散されていきます。

それは自然と、自己治癒していきます。


たとえばこんな経験はありませんか。


あなたが何気なく、目についたDVDや映画、漫画や本なんかを選び、

それを観賞してみたら、意外なほどに自分の心の状況にぴったりで、

どうしてこれを選んだのだろう?たまたまだったのに…

と、驚く。

毎日、もう自分はそんなに悲しんではいない、と思って暮らしていたのに、

涙が止まらなかった。

奥にひそんでいた悲しみが湧き出て、たくさん、泣けた。



こういうとき、あなたの「表層で自覚しているよりもさらに奥の部分」が、

あなたに必要なシチュエーションを整えてくれたのです。

あなたにちょうどよいタイミングで、ちょうどよい形で。

もちろんこれを、ヘルパー存在たちが協力してくれている、

と言ってもいいでしょう。



あなたにとって安全な形で、

あなたは、少しずつ、必要なら何度でも、

あなたの悲しみを解放していくことができます。



「悲しみに忠誠を誓って」暗くしている必要もないし、

「悲しみを抑えつけて」明るくする必要もないし、

ただ、ぜひ、自分の気持ちがちょっとでも自然に向くことには、

楽しめる程度に参加して、笑えるときには笑って、


そして、あなたの悲しみを「お荷物」と嫌がらず、

「心を暗くするもの」と邪険にせず、


すりむいた箇所の傷が気づくと治っていたように、


何度も悲しみがおとずれて、

先に光など二度とないように思えても、

じょじょにそのインパクトが薄れてきて……

気づいたら、そんな悲しみがあったことをすっかり忘れていた。

その苦しさを、同じように体験することはもう、できなくなっていた。


そんな日が必ず訪れることを、どうぞ覚えていてください。



2つのブログランキングに参加しています。
クリックありがとうございます!



精神世界ランキング




人気ブログランキングへ


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話しします


「個人セッションについて☆」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.