読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

心のコミュニケーション

こんばんは。

本日のテーマは、「心のコミュニケーション」です。


言葉って、むずかしいね。

…って、実感することがあります。

最近の世相を見ていると、とくにそう感じることがありませんか?

私たちはもしかすると今、「コミュニケーション」のあり方について、

分かれ道に来ているのかもしれません。





人は、見たいようにものごとを見て、

聞きたいように聞き、

自分の読みたいように言葉も読む。


じかに会って顔を合わせて話をしても、

それぞれの受け取り方には「ずれ」が生じるくらいですから、

そのくらい「心」が伝わらないことがあるこの世界ですから、

それが文字や、ネット上の情報発信となったらなおさらですよね。


メールのやりとりよりは、声を聞きながら話す電話の方が、

微妙なニュアンスも伝わりやすいように…


私たちがより「相手のエネルギー」全体を感じ取れれば取れるほど、

トラブルは少なくなるのです。



たとえば、震災時のネットの投稿について、

いろいろな賛否が巻き起こったという例がありました。


ある情報を見た人が、「いい気なもんだ」とか、「不謹慎だ」とか、

そこから自分なりに意味を読んで、色々な難癖をつけることはできます。

でも、情報そのものにそのような意味が付属されているわけではなく、

見る人がそこに色付け(解釈)をします。

情報の発信者本人の「意図」は、まったく別のところにあるかもしれません。


何かトラブルになる場合、読み手がそこから「悪意」を読みとるから、

ということが多いですね。

「自分の気に入らないもの」をそこに見出しているのです。


でも、それは「発信者」の責任なのでしょうか。

それとも「読んでいる者」の責任なのでしょうか。



私たちは安易に、「こうするのがマナーでしょう」

というようなことを言ったり考えたりしてしまいますが、

本当はそれすら十人十色で、自分とは別の発想もあるのです。

また、人間ならば「うっかり」ということもあるでしょう。



自分と合わない感性のものは、

「見ない」、「選ばない」という選択もあります。


自分の現実の主導権は自分にあるということを忘れて、

いちいち人のふるまいや言葉の中に「悪意を見出す」習慣をつけると、

まさにその「見出している本人」が不幸になってしまいます。


仮に、その場では相手を叩いて、降伏させて、ねじふせて、

「思い知らせて」影響を与えることができたような気がしても、

その同じ「裁きの基準」が、実は自分自身(本人の心)を裁くのだ、

ということを忘れることはできません。


なぜなら、それは「自分の心の中に」あるからですね。


「だってあの人は有名人だから」とか、一般の人に対してでも、

「ネット上で情報を挙げているのだから」とか、

相手を裁く口実はいくらでも設けることができますが、

それは形こそ変えても、本質的に同じ「刃」が自分に向かっているのです。



私たちに今、必要なのは、

言葉や表現という「形」よりも、エネルギーに注目することです。


そして、悪意の幻想や不安という病にかられて、

自分に合わせて相手を変えさせようとしないこと、です。



自分に合わせて相手を変えようとしているとき、

それは「コミュニケーション」ではありません。

そのとき相手の真意など、どうでもいいからです。


たとえば、

「私は今気分が沈んでいるんだから、あなたも合わせてよ」

「私の感じていることにあなたも合わせなさいよ」

という空気を醸し出す(あるいは口にする)人がいたとします。


あなたがそうしてくれることが、

その人にとっては「礼儀」や「愛情」や「気遣い」で、

それをあなたにも要求しているのです。


それは自己本位な望みです。


でも、もしこれが、あなたの家族や先生や、親しい人、

あなたに大きな影響を与える相手から行われた場合、

あなたは「そうしなければならない」と学習し、

そのあり方を身に付けるかもしれません。


本来、気遣いというのは自発的に生まれるものであって、

その気遣い方もそれぞれです。

相手に対して勝手に期待し、強制すべきものではありません。



たとえば、親が滅入ったり苛々しているときに、

幸せいっぱいなこどものあなたが楽しく遊んだり、

鼻歌を歌ったり、踊ったり、ごきげんで話しかけたりして、

八つ当たりをされたり、理不尽に怒られたことはないでしょうか。

あるいは、そのような現場を見たことは?


はっきり区別しておきたいのですが、この例で、

「今、具合が悪いから静かにしてもらえる?」と親がお願いしたり、

「少し休みたいんだ。あっちで遊んでいてくれる?」と説明したら、

こどもとの間に「コミュニケーション」が成立します。


でも、一方的に

「うるさい!」

「こういう風にしなさい!言うことをききなさい!」

という風に叱られたり、命令されたり、

言葉では何も言わなくても嫌~な態度でつめたくされたりしたら、

こどもはしっかりそれを感じ取って、意味がわからなくても傷つきます。


すると、そのような体験の積み重ねから、私たちは学ぶのです。

「自分が自分でいてはいけない」というメッセージを。



人の気分に合わせていないと危険だと学んだかもしれません。

自分自身の感じていることよりも、

他の人たちが何を感じているかに気を配り、

そちらを大切にすることを学習したかもしれません。



もちろん、このような例ばかりではありませんし、

心のコミュニケーションがとれる人たちもたくさんいます。


ただ、もし私たちが

「互いに見張り合い、間違いを犯さないようにびくびくし、

人に気に入られるかどうかを第一に考える」

というようになったら、これはまるで、戦争か何かの最中の、

厳しく統制された監視社会そのものです。


そんな世の中にならないために。



自分がどう感じ、どう眺めているか、ということを大切にし、

必要があれば、思いの「出どころ」である自分自身の心を振り返り、


「悪意の視点」にうっかり捉えられることなく、

相手のエネルギーの奥にある「神性」を見つめてみましょう。


本当にコミュニケーションがとれるのは、そこからだからです。



2つのブログランキングに参加しています。
クリックありがとうございます!


精神世界ランキング




人気ブログランキングへ


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話しします


「個人セッションについて☆」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.