BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

健康になりたいなら体の声を聞け

グッド・イブニング☆

今回のテーマは、「健康になりたいなら体の声を聞け」

これ、本当は健康に「なる」ではなくて、健康という状態を作るのではなくて、

「自分に戻る」、つまり余計なものを差し引くだけなんですが…。


世間にあふれる健康にまつわる観念、そして不健康への恐れ。

それを見ていると、多くの人がいかに「体の声を聞かなくなったか」に気づきます。

自分の内なる声を信頼するよりも、「学習した」情報に頼ってしまう…

そんなことが、ひょっとしてあなたにも起きていませんか?






色々な健康の常識、食事療法、科学的な根拠と考えられているもの…

そういうものは一定の期間ブームになったり、廃れたり、書き換えられたり。

本当は誰も、万人共通の「絶対の真実」なんてわかっていないのに、

情報に翻弄され、自分の中にある導きに気づかなくなってしまう…。



まず、「食べるもので体がつくられている」

これは、ウソです。ウソというか、誤りです。


体は、「あなたの意識」でつくられています。


あなたは「体」よりもはるかに大きな存在で、

あなたの意識の中に、「体」という“表現”があります。

ここまでは、OKでしょうか。(*^-')b ☆



食糧が豊富になった現代日本だからこそなのでしょう、

周囲を見回すと、「何を食べればいいか、何を食べるべきではないか」

「食べるときの順番」などなど、あまりにも「健康情報」があふれています。

あとはエクササイズ等の「体を動かすための情報・健康法」しかり。


そんなことにエネルギーを使うよりも、

「あなたの体の声」に耳をすましてください。

それは、あなた自身の感覚としてやってきます。



たとえば、毎日あなたに「決まった習慣」があるとします。

起きたら、これとこれを食べる。あるいは飲む。

健康のために、他のものを口にする前にこれをいただく…


あなたが本当にそうしたいのならかまいません。

でも、本当に?本当に「毎日」それが欲しいと体は言っているでしょうか。


「今はまだ何もほしくない」とか、「今日はこれが食べたい」とか、

別のことを体が訴えている日もあるのではないでしょうか。

そのときに、それにただ従えるかどうかです。

もちろん食事に関してだけではありません。


もし、「体の声を無視して」まで、

自分の「良いと信じていること」の方をするなら、

あなたは自分自身の内なる声より「学習したこと」を選択するということです。


もっと危険なのは、それすら考えなくなることです。

「よく考えているようでいて、学習した観念に自動的に従っている状態」

あれ?今私は、これを欲しいのかな?そうしたいのかな?どうかな?

そう確認する余地、自分に意識を向けてあげる余裕すらなくなって、

ただ習慣に従うようになってしまっていたら…

それは、生きているようで「自分を生きていない」状態にあります。


精神世界・スピリチュアルな分野にもこういうことはありますね。

毎日○○をして!瞑想をして!△△をしなければならない…等、

もしもあなたが精神世界的な「特定の習慣に縛られているなら」、

そしてただそれを取りやめることが後ろめたかったり、怖かったりするなら、

もう何かの「観念」を握りしめています。



別に、それが“悪い”というわけじゃありません。

ただ、そういう状態のときは、本当は苦しいです。

「自分を無視する」のですから。


体の声、あるいは内なる声、

自分自身ものとして伝わってくるそれを、

恐れからシャットアウトするとき、あなたの心をぜひ確かめてください。


あなた自身である「それ」よりも、一体何を信じているのだろう。



とくに「健康神話」は、ダイレクトに自分の体に関わってくる観念ですから、

不健康を恐れる気持ちから、その影響は大きくなります。


あなたは健康について何を信じているでしょうか。


決まった時間に食事をしなければいけない、と信じている人がいたとして、

その裏に、「そうでなければ不健康になってしまう」という観念があったら、

その人は、そのルールを破ったときに不安になるでしょう。


でも、決まった時間に食事をするというのは人間の「都合」が大きいです。

あなたの体調によっては、同じ時間にお腹がすかない日もあるでしょうね。

ちょっとのズレなら体は対処してくれますが、

「今はやめて!」と体(=あなた自身)が大声で伝えてくれているときに、

「あなたの信じているルール」のために、それを無視したら…?


体の声「未処理ですよー!今はまだ食べ物いれないで!」

あなた「んー、なんか今日はまだお腹すいてないけど…○時か。

決まった時間に食事をしないと、不健康になるからな。

それに後からじゃ食べられないしー。××の用事があるんだから。」

体「オーマイガッ!(x_x;) 」



…もちろん、体さんにとってはオーバーワークです。

前のワーク分が未消化なのに、

あるいは他の要因があって準備が整っていないルームに、

コンタクトを無視して押し寄せる、次なるワーク…。


ときどきこんな風に「擬人化」してでも、

体、あるいは体の各部とコミュニケーションとってみてくださいね。

多くの発見があるはずです。


別の例です。起きて間もないあなた。


体の声「今日は、○○のエネルギーがほしいので、△△を食べてください♪

今ならスペースがあるので美味しく味わえますよ☆」

あなた「△△がむしょうに食べたいなぁ。ちょうど家にあるけど…

いや、先に酵素(あるいは他の栄養素)を摂取するために、

まずは生の□□を食べなければ…!」

体「……(´・ω・`;) 今、△△を食べて…!!(大きな声)」

あなた「△△なんて体によくないよね、そんなの食べたら不健康になっちゃう。

先に□□を体に入れてからなら、△△食べてもいいかな…(不安)」

<体にいいと信じている□□を食べた後…>

あなた「あれ?でも□□摂ったらお腹いっぱいになっちゃったーー; ウプ。

食べたかった△△を食べてもおいしくないなー。お腹苦しい」

体「オーバーワークです。(>_<) 」


…想像してください、このようなすれ違いを。

涙なしには語れないですね。(ノω・、)


このようなすれ違いの結果、

避けたかったはずの“不健康”をほんとうに実現してしまうとしたら、

あまりにも勿体ないことだとは思いませんか。


体の声に従った方が、あなた自身も快適だし、楽しめるのに。



もし、こういった例に該当し、理解できるけれども不安が残るとしたら…

あなたの「不安」の根本は、

「あなた自身を信頼すること」そのものにあるのではないでしょうか。


「外の情報、多くの人が信じている観念の方が正しいはずだ」と、

あなたは信じすぎてしまいました。


そちらの方向に自分を訓練しすぎてしまいました。


もう、自分自身を信頼することを思い出すときです。

自分を信じる方の練習をしていいんですよ。



2つのブログランキングに参加しています。
クリックありがとうございます!


精神世界ランキング




人気ブログランキングへ


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話しします


「個人セッションについて☆」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.