BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

ツイッターを使ってわかったこと

今回は、ツイッターを使ってわかったこと」です。


今年の3月半ばに始めたツイッターを、すでにやめました。

ちょうど2ヶ月…は過ぎて、3ヶ月未満か!


私がツイッターを使ってみてどうだったかを書きます。



 



実は、ツイッターを使い始めてはや1ヶ月も経たないうちから、

「……これをどうしよう?(^▽^;) 」

と、自分にとっては、あってもなくてもいいくらいの感じ

だということに気づいてしまっていました。


すぐにやめるのもなんなので、利用しながら経過を見ていたのですが…。


そもそもの発端は、SNSに興味のなかった私が、

ブログ記事用に撮っている植物や空の写真がたくさんあるので、

写真をシェアできるInstagramに目を向けてみたことからでした。


ところが、Instagramスマホ利用が中心だとわかり、

それじゃあと、パソコンからでも投稿できるTwitterを考え始めました。


ちょうどその頃に、私と異なる活動分野の方から、

(この仕事とは別件の話題で、)

Twitterがあった方がいいかも、というお話を聞く機会もあって、

なんとなくその頃から、いつかはTwitterを始めることが前提の気持ちになり、

セッションルームの移転も終わって落ち着いた3月に始めてみたわけです。



やってみて……よかったよ。

私にはやっぱり必要ないとわかったから(笑)



具体的に挙げていきましょう。


私がTwitterを使ってわかったこと、その1。


ツイッターを使うために、フォローする相手を探さなければならない。


これは、私の友人が誰もツイッターを利用しておらず、

趣味で私がときどき訪問して読むようなブログの運営者さんも、

ほとんど、どなたもツイッターを利用していなかった…ということに尽きます(笑)

元々私自身もそのタイプなので、「類は友を呼ぶ」なのでしょう。

こうなると、

ツイッターを活用するために、フォローする相手を探す(興味を作り出す)」

ということが必要になり、本末転倒というか、

なんでそんなことをしているのか、何が目的なのかわからなくなってきます(笑)


色々な情報が流れてくる面白さがツイッターの魅力なのでしょうから、

自分がフォローする相手がいない…興味の対象も特にない、となると、

利用している意味もなくなってきますね。(;´▽`A``


もちろん、本人がその使い方で良ければかまわないのですが、

それでは発信する側としてはどうだったかというと…



私がTwitterを使ってわかったこと、その2。


○不特定多数に向けて発信したいことが、さほどない。

「ツイート」で表現したいことが、あまりない。



たとえばブログだったら、必要なだけの文字数を使って、

自分の書きたいように記事を作成、表現できるので、問題はありません。

さらにブログサイト全体や、他の記事との関連を見てもらえる機会もあります。


ところが、ツイートだと、短文で言葉を発信することになる上に、

それだけが独立して、どこかの知らない誰かのもとへ流れていく可能性もある。


身内や仲の良い友人とやりとりしている気軽なショートメール感覚で、

色んな話題をポンポン載っけられるかというと…私は、それは無理。


では、他愛ない日常のあれこれをツイートしていれば…

というと、そこまで私には「シェア欲」もなかったのです。

自分のプライベートに何してるとか、日頃のちょっとした思いとかは、

わざわざツイートに載せたいと思うことはあまりない。


お花や空の様子など、撮った写真を載せて、

興味のある方に見てもらえるのは楽しかったのですが、

それも、ブログで満たされてしまう感じだし。


いざ蓋を開けてみたら、

ツイッターを通してやりたいことが、私には何もなかったのです。



新しいシステムを使おうが、参加してみようが、

やっぱり自分は自分なんだね~

ということをつくづく感じました。


何かを始めたからといって、内面まで変わってしまうわけではなし。


見たい情報は自分から見るからいいし、

むしろその方がマイペースに見たいものを見られるし…

ネット上でのつながりを広げたいという気持ちもない…


そんな私には、ツイッターは向かなかったようです。



こういった気づきが深まっている中で、数日前、

なんとTwitterのシステムの誤作動で、アカウントがロックされてしまいました。

急に自分のツイッターにログインできなくなってしまったのです。


それで気づいたこと。


「なんか変だな~そんなとき。」

という記事のメッセージと同様なのですが、

自分にとって意外な出来事でも、一見すると第三者が関わっている状況でも、

より大きな視点で見てみると、

「あぁ、そういえば私の意識ではこういうことが進行していたからね~」

と、現実の状況と自分の意識の動きとの関連がわかることがあります。


私にとっては、ツイッターをやめてもいいなと内心思っているのに、

何となく続けることで時間を費やしなあなあにしていたら、

「まさにアクシデンタルにこんなことが起こってくれたなぁ」

という感想で、Twitterサポートにロック解除の要請はしたものの、

(解除してもらわないと退会もできないので…)

復旧したら、その日のうちにでもツイッターをやめるつもりでいました。


ちょうどこれから新しく進めたい作業ができていた矢先でもあり、

自分の本心に沿う出来事が「きっかけ」として現れ、後押しをしてくれました。


そしてロックが解除されるまで数日待たされたおかげで、

これらの思いもすっきりまとまって、内面がクリアーになり、

ベストタイミングだな~!と、感心しました。



私は今後も、何か別の利用法を思いつかない限りは、

ツイッターを使うことはないでしょうね~。



一方で、多くの情報を得たいという方、

ネット上でのやりとり、繋がりが広がっていくのが楽しい方、

そういう方にはツイッターは役に立つし、面白いんだろうなぁと思いました。



短い間でしたが、私のツイートをご覧くださった方、

本当にどうもありがとうございました!


関連記事のこちらもどうぞ☆「ヘルパー存在たちとの交流」



2つのブログランキングに参加しています。
クリックありがとうございます!



精神世界ランキング




人気ブログランキングへ


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話しします


「個人セッションについて☆」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.