BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

人はあなたの反映というとき

今回のテーマは、「人はあなたの反映というとき」です。






あなたの現実における「他者」も、あなた自身の反映である。

そのように聞くとき、「では自分が変われば他者も変わるのか」と、

考えることがあると思います。


それは確かに起こり得ることなのですが、

あなたの意識次第で誰かが「思い通りに変わる」というわけではない点に、

注意してください。


この場合の「思い通り」とは、

あなたの“表層で思い込んでいる願い”に基づく、思い通りという意味です。


表層で思っていることと、内にある本心とが一致していればいいのですが、

あなた自身の内側をよく見てみると、

実はもっと深い意図があったり、別なことを感じていたりします。




たとえば、

あなたが本心では、「この人とは関わりたくないな」と思っていた場合、

その人との関係は深めずに、解消するのが本当の「思い通り」でしょう。


ところが、うわべではあなたは、

「この人とも良い関係を築かなければ!」と、自分に対して無理を強いています。

自分のただ感じることよりも、学んだ「観念」の方が正しい、

と信じるからそうするのです。


そして、自分がそうしたいと思っていないことに対して努力をし、

結果として、もちろんうまくいきません。

「形」は良好そうに見える関係を築けた(成功した)としても、苦しいままでしょう。



その苦しみの根本は、あなた自身が、

「自分の本当に感じていることとは別のことを強いて」いることにあります。


自分のナチュラルに感じていることを信頼せず、

そこに何か欠点や悪いところがあると思い込んでいる。


だから、表層的な意志の力で修正しようとするのです。



あなたが自分の内面で起きていることに対し、

受容性に富んでいる人であればあるほど、

そのまま認めて行動に反映できる人であればあるほど、


「うん、そうだね。他者にも自分自身の意識が反映されているね。

そして、自分の気づきに従うと、色んなことが調和していくね。」

と、感じられるでしょう。


ところが、自分が自分に「目隠し」する箇所を作っていると、

「私は努力していて、

いつもなるべく良い心を持とうとして、自分なりに一生懸命生きている。

それなのに、どうして、私の人生には理不尽な人が多くあらわれるんだろう?

なぜ、私はこのような苦しい関係を体験しなければならないのだろう。」

と、悩みます。


でも、それは外に見える「人」のせいではなく、

その特定の「人」があなたへの苦しみを作って・提供しているのではなく


あなた自身が、あなたの中に抱えている「矛盾」を経験しているのです。



それに気づいて、

自分自身の本心、本当に感じていることや直観を認めるなら、

そしてそれを歪曲せずに「現実」の行動・決定にもそのまま活かすなら、


あなたはもはや、外でその矛盾を経験しなくて済みます。


人との関係の中で、その苦しみを体現することはなくなるのです。



2つのブログランキングに参加しています。
クリックありがとうございます!


精神世界ランキング




人気ブログランキングへ


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話しします


「個人セッションについて☆」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.