BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

人間以外のツイン

この記事は、以前からいつかは書きたいと思っていた内容です。 

タイトルは、「人間以外のツイン」です。



今宵のお月様☆



私が、ツインフレームとかツインソウルとかの概念をあまり採用していないのは、

過去記事をご覧になった方ならご存知だと思います。


基本的に、それについては「こうである」という確信の経験が私にはないので、

それを人にお伝えすることもできません。

(ソウルメイトについては私の経験や考えを過去に色々と言及しています。

気になる方はブログ内検索をかけてみてください。)


ただ… 

実はずっと以前から、自分に「ツイン」に該当する存在があるとしたら、

あるいは、異性間でのツインのような対応関係にある相手がいるとしたら、

相手は 人間ではない ということに気づいていました。



少なくとも、この時代、私が暮らしている地球で人間として生まれていない。



私は、そう呼べる相手がいるとしたら誰かであるかを、昔から知っていました。

その人(存在)とは、夢の中で交流していたからです。



ですから、この人生の途中までは、いつもどこかでこう願っていました。

その相手と、この地球で、肉体を持った人間同士としても会えますように、と。


どんな姿をとっていても、私はその感覚を絶対に間違えない。

たった今も、人間として彼がどこかに存在しているのだとしたら、元気が出る。

早く会いたいなぁ、楽しみだな!と思っていました。



でも、一方で、私が昔(このサイトを始めるよりずっと前)書いた物語に、

「ふたごの魂の約束」というお話があるのですが、

物語は私の創作ではありますが、それでも読んでいただくとわかる通り、

その存在が今生は人間として生まれていないのでは

…とも、漠然と感じていたのです。



それから時を経てわかったことを単刀直入に言うと、

“ツイン”という概念がしっくりくる者があるとすれば、

私のその相手は今、私のヘルパー存在としてそばにいるのです。


それが、Aです。

「ヘルパー存在紹介」



この人生の中でかつて彼は、私が必要としているときには、

私が警戒せず安心できるような無邪気な少年のイメージで導いてくれたり、

私に必要なメッセージを届けられるよう、そのときどきの私に響きやすい、

ちょうどよい男性のイメージをまとって現れてくれました。※

(※あるいは、私自身がそのようなイメージに変換した。)

でも、その中にある「存在の波長」は、いつも一緒でした。


昔、精神世界に関わるずっと前、とてもつらい状態で助けを求めていた頃、

ベッドで眠ると、肉体の感覚としてもちゃんと感じられる「手」として、

片手をあたたかく握っていてくれたこともあります。

それは何もかも癒され心がすぅっと安心していく、確かな感覚でした。



夢の中のみならず、

セラピーやスピリチュアルワークの現場でも、彼はたびたび現れました。


まだスピリチュアルな世界に全くなじみのなかった頃の私は、

最初の「インナーチャイルドワーク」をよく知らないままに受けても

自分への否定の気持ちが強すぎて、自分自身の幼少期や、

そのシンボルとなるようなイメージは全く現れなかったのですが、

そんなとき、Aは不思議な少年の姿で現れて私の手を引き、

にこにこしながら色々な絵を見せてくれました。


彼の姿はやや海外風の少年の姿で、当時のセラピストの方とは、

「過去世」と関係するのかもしれないとして解釈を保留にしましたが、

基本的に、解釈はあまり重要ではなく、その効力に驚きました。


全くスピリチュアルな概念を受け入れておらず、信じる気もなかった私が、

そしてまた当時は、この世界に生きる希望をどうしても持てずにいた私が、

「あの子が私の中にいるのなら、生きよう。」


と、不思議と思えたのです。


そんな風に思ったこと、

そんな気持ちが湧いてきたこと自体に、自分で驚きました。



それくらいAは、私の人生の「大切なことを思い出す鍵」となった存在です。



しかし彼は、いわゆる「ハイヤーセルフ」とは違います。


ハイヤーセルフの概念については、定義も人それぞれ差異がありますが、

私自身はそれを自分なりに経験しており、

ハイヤーセルフと密接な繋がりを取り戻した集中的訓練の時期もあったので、

そのエネルギーの違いはわかります。

私の中でハイヤーセルフとは、今では自分自身として感じることができます。



では、Aの存在はどんな感じかというと。


たとえば、ハイヤーセルフのような自己との交流を思い描くとき、

人によってはそこに偉大な叡知や、自分を愛し見守る親と子のような関係、

安心できる保護者であるような関係を思い描きやすいでしょう。


それに対し、Aが届けてくれる愛は、友人や恋人に近いものです。

同志であり、パートナーなのです。


そして彼には、彼の個性があります。



何よりも彼は、私に対して積極的なアピールを沢山してきてくれました。

私が彼に気づくことができるように。

昔はそのアピールにさえ、気づくことができなかったのですが。
あせ



いつもそばにいるよ、愛しているよ。

と、色々な形でサインを送ってくれていたのです。


それはアモーレな感じです(笑)



はじめて天使という概念をリアルに受け入れ始めた頃の私は、

彼のそういったメッセージを「私の守護天使からのものだ」と解釈しており、

そこにあまりにも「LOVE」という単語のアピールが多いので、

見えない守護天使の「LOVEちゃん」と名付けて呼んでいました(笑)


じょじょに、もっと具体的に彼を認識できるようになってからも、

私はまだ、おおっぴらにヘルパー存在としての彼の実在を認めることは、

かなりのリスクと感じていたのです。


ですから、ブログにも控えめに書いていました。



つい最近、Aに関する夢を見たのですが、

そこではAは「欠席」ということで、なぜかAのいるはずのスペースには、

はっきりと「2011年11月11日」という日付が太字で書かれていました。


私はこの夢から目覚めてすぐに、

「あれは、ブログ記事の日付では?」と、思ったのです。

私は日記などを付けていませんので、

その日に何があったということは具体的にわかりませんでした。


そこで、該当する日付の自分のブログ記事を参照したところ…

「天使の休息」という記事だったので、笑ってしまいました。(*^.^*)



そう、この頃はまだ自分の恐れから、Aの存在をブログに書くことはできず、

傍にいる天使との交流として、こんな風に記事を書いていたのです。


あれは僕だよ、ということを改めて、

今の私に確認させてくれたのでした。(*^▽^*)


ね、このように、アピールはかなりはっきりしているでしょう!キラキラ


ちなみに、起きている間の私が受け取るメッセージとしてそれを伝えると、

私がより自分自身を疑う可能性があるので、夢を通した方がインパクト大、

確実なのです。



最近ますます、Aの存在の不思議について考えていて、

それはもちろん自分自身の存在のルーツを知ることにもなるのですが、

ふと、子供の頃に大好きだったこの本のことを思い出しました。↓


『ユーレイと結婚したってナイショだよ』

ユーレイと結婚したってナイショだよ―ふーことユーレイ〈1〉 (ポプラポケット文庫)
名木田 恵子 かやま ゆみ

ユーレイと結婚したってナイショだよ―ふーことユーレイ〈1〉 (ポプラポケット文庫)


トーリー紹介はリンク先をご覧ください。

シリーズものだったみたいですが、私が読んだのはこの1冊だけです。

今では内容もしっかりとは覚えていません…。

これを読んだ小学生の頃、私は「幽霊」なんて怖がっていてとても苦手でした。

そんな私がこの本に惹かれたのは、幽霊の話だったからではないのです。


死後存在としての幽霊に惹かれたのではなくて、

「見えない存在がいつもそばにいて、その存在と結婚する」

ということにとてもワクワクしていたのです。ハート


そして、自分もそうだったらいいのに!と心から思っていました。

いつも一緒にいる見えない存在と、結婚できたら素敵だなぁ、と。



今になって振り返ると、小学生のときこんな風に強く思っていたこと自体、

Aの存在を無自覚なレベルで認識していたんだな!と腑に落ちました。


ちなみに、作者の名木田恵子さんのご本は、他の作品もとても面白かったです。

小学生の頃、友達とすすめ合って何冊かを楽しく読みました。

実は名木田さん、漫画の原作者「水木杏子」さんとしても著名な方なのですね。


☆☆☆


私がこの人生でやりたいことの1つに、

「人間以外の存在があることを、人間に伝える」

というミッションがあります。


それは人々がより広く、

「存在」としての自分自身を思い出すことでもあるのですが。



そんな私が、

愛しい相手を「人間ではない存在」として傍にいる設定にしてきた、

というのはよくできていると思います。

なぜなら、そうすれば私の心は自然とそこに向かわざるをえないからです。



彼らの存在を「無いこと」にすることは私にはできません。


心理学で定義される範疇の「アニマ・アニムス」等の概念で、

片付けることもできません。



あなたが今ブログを読み、考え、人生を生き、個性があるように、

彼らもまたれっきとした存在です。


どうぞ、あなたの愛しいチームメイトたちにも気持ちを向けてみてください。


☆☆☆


この記事をいつもそばにいてくれる魂の友、Aに捧げます。


いつかこの人生で人間同士として会えたら、それはそれで素敵だけれど、

人間の体を持たなくっても、あなたの存在は私の中で輝いているよ。バラ


そして、やっとこの話が書けたよ!(*^▽^*)



2つのブログランキングに参加しています。
クリックありがとうございます!

精神世界ランキング

スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話しします


「個人セッションについて☆」

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.