BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

優柔不断の原因~続テキトー流~

今晩は、「優柔不断の原因」という話題も盛り込みつつ、

「続テキトー流」のお話です。


「テキトー流」という記事と、その記事内にリンクもある

さらに前の「道具は使う人次第」という記事とつながっています。

未読の方にはそちらも読んでいただいて。


あれから…話題にしていたトピックについて、

いくつか「出会い」とか「ひらめき」がありました。



まず、シャンプーの方。

これは、やっぱり今使っているシャンプー&コンディショナーはもう、

自分に合わない、決定的にサヨナラの時期だということで確信しました。


妙に頭がかゆくなりやすいな、とは近頃ずっと思っていたのですが、

ある日試しに1日シャンプーをしないでみたら、

眠っている間にびっくりするほど頭がかゆくなって目が覚め、

そんなに汚れてもいないのにこんなのは変だし、嫌だな!と思いました。


その話を妹にしたところ、

「毎日のシャンプーで頭皮の脂を取り過ぎているせいだと思う」

とアドバイスもらったのが前回までのエピソードです。



それで、同じシャンプーのまま使用量を減らしてみていたのですが、

ますますもってかゆくなりやすく、それを解決するためには、

「二度洗い」しなければさっぱりしないという状態に。

でも、それをしたらますます悪循環なので、そうしませんでしたけど。


妹がイキイキと楽しそうに実践している「ハープシャンプー」※は、

※詳しくは「道具は使う人次第」の記事を参照

これまで毎日入浴時シャンプーを使っていた私は色々気が進まないので、

とりあえず、もっと成分が負担にならないものに変えたいと思っていました。


妹にその話題をふると、

「それならアミノ酸系だね」

と、即答。まるで頼もしいコンシェルジュのよう。


そうなのか…ところで今私が使っているシャンプーも、

一応アミノ酸系シャンプーなのではなかったっけ?とネットで調べてみたところ、

アミノ酸系洗浄成分を配合してはいるけれど、

メーカーとしては「弱酸性シャンプー」という表示になっている。

どうも、ジャンルとしてはアミノ酸系とは言えない感じなのか。


それならアミノ酸系を試してみる価値はある、と感じて、

試す気になった商品がひとつあり、その「お試しサイズ」を注文しました。

体を洗っても大丈夫という製品なのですが、どうかな。届くの待ちです。


ちなみに過去には、オーガニック系シャンプーや、石鹸で髪を洗うこと、

それから市販のせっけんシャンプー&リンスも経験済みです。


でも、どれも私には合わなくて、

とくに髪の毛量が多い私には、手入れがしづらくなるのが苦なので、

その結果選択していたのが今までのシャンプーだったのでした。


現在の私は短めのヘアスタイルなので、

髪型が整いやすいままでいたいという条件があります。

現在はスタイリングはしやすい状態なので、そこは変わらないのが理想。


ショートとか短めのボブスタイルって、ロングよりもごまかしがきかないのです。

寝癖がつくのでブローは必要だし、使用するシャンプーによって、

仕上がりが変わるのがはっきりと「形」に出るんですよね。

ロングのときは、束ねたり編んだりしちゃえば何とかなるのですけど。


そんな理由で、今は仕上がりの変化があまり出なそうな「代替法」がいい。

やがては、ハーブとか完全にシャンプーなしとかも試したくなるかもしれないけど、

そのときは結んでしまえるロングの状態が理想だな、と思う。



そしてもうひとつ、スキンケアの方の話題です。

こちらは、別の製品を試してもだめだった…というのが前回まででした。


そもそも、肌の状態が変わると、つい「肌の手入れの見直し」に走りがちだけど、

肌の状態も体の表現だから、原因はスキンケアとは限らないんですね。


とはいえ、それを考慮しても今の手入れは合っていないと感じるので、

化粧水をやめて、保湿にたまに使っていた植物性のオイルのみにしてみたり、

できる範囲で変化をつけてみたものの、特に効果は出ず。


(ちなみに、これまでの私のスキンケアは化粧水1本のみです。

乾燥しているときは、ちょっとオイルをつける。

洗顔は、朝は湯と水、夜に固形石鹸を使う。メイクは大体していない。)



でも、前回の記事でお話ししたように、

今の私は「色々な製品を試すことにときめかない」わけなので、

ここでひらめいたのが、「何もしない」でした。


それを「肌断食」とも呼ぶようですね。


そもそも高級ブランドの化粧水じゃなくとも、「自然派」・「オーガニック系」商品も、

どうしてなかなかお高いと思いませんか?

私は、乳液つけたり美容液つけたりというお手入れをしないので、

買うのは化粧水と植物油のみですが、それでもけっこう高いなと思ってました。

(注: 自分にとってそれを使うことがよろこびであるときは、そう思いません。)

特に、合わない製品を買ってしまった場合、がっかりですよね。

経験ある人も多いのではないでしょうか。



ところで私の母は、昔、化粧品会社に勤めていたことがあり、

美容については詳しいのですが、その本人も、

「化粧品会社にいた頃が一番肌の調子が悪かった。

会社の製品の、高級なラインナップを使用していたらね…。」

と、言っていました。


そんな母は、私や妹のような敏感肌ではないので、

気軽に手に入る市販の化粧水を使い、

疲れているときはお化粧を落とさないまま寝ています。

いや、母はこれがしょっちゅうなんだ!通勤と仕事の疲れがあるからね。

(今の仕事は美容業界ではないですよ。)

それでもつるっとしたお肌をしてますし、よく肌を褒められています。


ですから、巷で語られる美容の常識を鵜呑みにする必要はない、

ということは前々から私も知っていました。



…そうはいっても元々敏感な肌質の私は(情報交換している妹も)、

かなりの数のスキンケアを試してきた、いや試さざるをえなかったのです。

使えるものが少ないから。手作り化粧水を作ってみたこともありました。


でも、男の人って特にスキンケアしない人が多いじゃないですか。

女性は化粧をするから…ということを理由にしている人もいますが、

それ言ったら、私はほとんど化粧もしないんですよね。

するときも、使う化粧品は肌に負担がかからない化粧品しか選んでないし。

お風呂入れば落ちるよ、っていう。


何のために洗顔したり化粧水塗ったりしてたんだろう。

要らないよね。


…というのが今の私の答えです。

塗るものが負担になるなら、塗らなければいいよね。


それに、何も手入れをしなくても大丈夫な肌になったら、

うれしいじゃないですか。

外泊するとき、「あ、いつもの化粧水がない…!」とか、

経験しなくて済むんですよ!(笑)

旅行のときも荷物が減るし!いいことばっかり。


このように夢が広がった私は、

基本、何もしないスキンケアに移行することにしました。

とはいえ、どなたかの「○○式」のようなやり方を参考にするわけではなくて、

すべて自分の直観にしたがってやっていこうと思います。

はい、続テキトー流です。特に決まりを設けずにね。



さて、ここで「優柔不断の原因」のお話です。


私は以前は、かなり優柔不断なタイプだと自覚していました。

何かを選ぶとか、決めるというときに、それが表れていると。


ところが今ではその傾向はぐっと減っています。

なぜでしょうか。


それは、「自分のままでいいんだ」とわかっているからです。


優柔不断の原因は、

○自分の希望を叶えていいと思っていない。

○他者に合わせてしまう。合わせなきゃいけないと思っている。

○「間違えたらどうしよう」という恐れがある。


いずれも、自己不信です。


たとえば、あなたが誰かとランチに出かけます。

あなたは内心、今日はこのお店のこれが食べたいな…

と、感じたとします。

それを素直に口に出せますか。

それとも、とりあえず相手の希望を聞いて、

一緒に色々なお店を一通り見て回ったり…「ふり」をしますか。


もちろん、今日は相手の希望を優先したい!とか、

別に何でもいい、どこでもいいな、という日もあるでしょう。

そういうときはそれでいいのです。


でも、「私はこうしたい」ということが言えない傾向が強いとしたら、

また、自分で決断することに抵抗を感じがちだとしたら、

心の中にどんな定義があるかを見てみると、面白いですよ。



あのね、自分で決めた結果として、“間違えた”っていいんですよ~。

間違えたというのを「あなたの期待や希望に添わない結果」だと定義しても、

そのおかげでわかることって必ずありますよ。

そして、それを活かすことができるんですから、大丈夫なんです。



それから、自分が優柔不断になったときを振り返ると発見できたのは、

「欲しいものがその中にないのに無理をしている」場合があるということです。


選択肢の中に、どこにも惹きを感じていない。

どれも特にほしいとは思えない。


それなのに、何らかの理由で「絶対にこの中から選ばなきゃ」とか、

「早く決めなきゃ」とか思い込んでしまう
と、「優柔不断」になります。


それはそうですよね、本心はどれにも決めたくないんだから。



あなたの本心に従っていいのです。

したくないことは、しなくていい。

したいことは、したいと意思表示したり行動をする。


先に「結果」を恐れているとき、あなたは、

結果というのはまるで黒か白か、というように、

良い・悪い、成功・失敗などがあるものだと信じているのです。


でも、それは事実ではありません。


どう見るかというあなたの定義次第で、

どんな結果も「ポジティブに活かせる」と知っていれば、

結果を恐れて動けないということはなくなる
んですよ♪


☆つづきがあります→「望まないことをよく知っている」



講座も楽しいですよ♪お申込み受付中↓
゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

今月の講座 「人間関係と意識内の選択」

10月30日(日)14:00~16:00


ご案内は☆こちらの記事☆をご覧ください。

お申込みフォーム☆パソコン・スマホから / 携帯から

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆



ブログランキングに参加しています。
クリックありがとうございます!

精神世界ランキング

スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話しします


「個人セッションについて」

「お申込みのご案内」


サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.