BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

人との関わりで出てくる感情は

今回のテーマは、「人との関わりで出てくる感情は」

生きてると、あたかも他者との関わりの中で、

何らかの感情を「味わわされている」ように感じる
ことがありますよね。

でも、それって本当でしょうか!?


こんな気持ちが起こったのは、あの人のせいだ!

こんな思いをするのは、こんなことが起きているからだ!


一般的には「当たり前」に捉えられているそんな方程式。

それって、幻想かもしれませんよ。




トゲトゲもかわいいね♪
 


仮に、こんな風にイメージしてみてください…

あなたの心が、お菓子のミルフィールのように、

何重もの薄皮が重なった構造でできているところ。


普段はあなたは、外側の方に置いている気持ち、

「これが私だ」と信じて設定している部分で、世の中と接しています。



ところが、その下にある何重もの皮である、他の様々な側面も、

表面に出てきていないというだけで同じように存在しています。


それらを含めた全体に生命が通っています。


その構造は、入れ替えることもできるのですが、

たいていは、自分にとってメリットがあると信じている配置にしてます。


つまり、あなたにとって最も役に立つとか、ふさわしいと思っている「顔」、

「これが私である」という形態を表に出している
んです。


ところが…


あなたの心の奥底では、

自分を発見したい、不自然に離し過ぎている部分は統合したい、

という絶え間ない動きが働いています。


ですから、ちょうど自分の姿を見るために鏡を利用するように、

外の世界(この現実の経験)を利用して、

自分の「見せてないところ」を見ようとする
んです。


あまりに不自然に分離させている箇所、

必要なのに奥に追いやってしまっている箇所があったら、

認識して、程良く出せるように、意識的に繋がれるようにする
のです。



その手段となるのが、人との関わりです。

あなたの現実に起こる出来事です。



あの人のせいでこんな気持ちに…!と思っているその気持ちは、

あなたの中にありました。

目的を思い出してください。

他者という「媒体」によって刺激されなければ、

あなたはその気持ちに「気づきたいけど、気づけなかった」から、

そういう状況を経験することにしたんです。



あなたを何らかの状態に「追いやっている」ように見える人、出来事、

それらに「そうさせる力」はなくて、

あなた自身が、自分をその状態に追い込みました。


知りたいから、気づきたいからです。

自分のことを。


あなたの持っている観念、自分を縛る思い込み。

閉じ込めてきた感情、本当は持っていた願い、仮面の下に隠してきたもの。



外に怒るとき、何かを嘆くとき、外側に見える原因を追及したくなったとき、

そのエネルギーを自分に戻してください。


あなたの気持ちの出どころは、あなたの内側。

そしてそれは、あなた自身に気づいてほしい何かのサイン。


☆☆☆


おまけ。

先月、☆雑記☆のカテゴリにいくつか載せたように、

Lil Wayneのミックステープをネットでダウンロードできると知ってから、

すっかり多彩なミックステープにのめり込んで、

これまで以上にリル・ウェインの存在に感銘を受けている私。


アルバムだけでなく、こんなにも曲を録りまくっているリル・ウェインについて、

尊敬しているアーティストとして記事にしたいこともあったのだけど、

まだ言葉がまとまらないので、今回も曲を1つ紹介しましょう。


といっても、こちらはYoutubeをぶらぶら見てるときに目にとまった曲で、

リル・ウェインも参加している、クリス・ブラウンの2014年の曲です。


リル・ウェインは色々なアーティストとフィーチャリングで参加している曲も多く、

それがまた良いんですよ。

ミュージックビデオを見ると、楽しそうに参加している姿に癒されます。


こちらの曲は、私はトラックも大好きです。

ラップは、冒頭のラップがリル・ウェイン、

後半にラップするキャップをかぶったお兄さんはTyga(タイガ)です。


Chris Brown feat.Lil Wayne, Tyga--『Loyal 』






途中、(1分49秒から)エスカレーターに乗ったクリスともう1人の男性が、

すれ違いざまに女性たちを見ている短いシーンがあるのですが、

一緒にいるロシア帽をかぶってる男性、なにげにUsher(アッシャー)ですね。

アッシャーはクリスよりもっと前から大活躍しているR&B大スターです。

モテ男2人の共演、といったところでしょうか(笑)


でも私はリル・ウェインにしか目が行かない…

この動画の中では、赤紫っぽいパーカーを着てるときのファッションや、

踊ってるときの動きが大好きです。舞台となっているストリートには、

ちゃんと「TRUKFIT(リル・ウェインのアパレルブランド)」のお店が(笑)


ちなみに動画中のダンスも、クリスのとても上手いキメキメなダンスシーンより、

みんなでゆるく踊っているところのシーンに惹かれます。


私は踊るのも好きで、それが高じて、

昔ヒップホップやR&Bのダンスを習いに通ったこともあったのですが、

「私は振り付けのあるダンスがしたいわけではなく、

音と一緒に体が動いちゃう、という状態で踊っていたいだけなんだな」

と気づいて、短期でやめました。


この動きはこんな風にしているのか!などがわかって、

習うのもそれはそれで楽しかったんですけどね。


ただ、マイケル・ジャクソンの没後に公開された映画『This is It』の中で、

マイケルが「カウントしたら踊れないよ…」と言っているシーンがあるのですが、

私はそれにすごく共感するんです。


ショーとして完成させるときのダンスと、

ただ体が動いてそうなるというダンスと…

どっちも良さがあり、素敵ですね。



今月のイベント、お申込み受付中です。↓

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

「2016年の最後、愛について語ろう」

12月23日(金・祝)14:00~16:00


ご案内は☆こちらの記事☆をご覧ください。

お申込みフォーム☆パソコン・スマホから / 携帯から

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆



2つのブログランキングに参加しています。
クリックありがとうございます



精神世界ランキング




人気ブログランキングへ


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話しします


「個人セッションについて」

「お申込みのご案内」


広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.