読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

ヒップホップの身だしなみ、スピリチュアル風味

今回は、「ヒップホップの身だしなみ、スピリチュアル風味」

というテーマで語ります。


どんなメッセージかは読んでいるうちにわかってもらえるはず(笑)

最終的にはポイントを7つにまとめたよ。

というわけで、Check this out.マイク




精神世界・スピリチュアルの学びに熱心な方の中には、

繊細さが前面に出てしまい、生命力が弱くなる傾向がある方も多い、

という感想を抱くことがあります。

(スピリチュアルな関心も色んな動機があるので、そうでない人もいます。)


あくまで“感覚”的なお話で、実際には誰もがしっかり生きているわけですが、

「あの世」に近い生き方になってしまい、「この世」に根付けないというような。


そういう傾向の方は、霊的にはとても開けているのですが、

せっかく今ここでは人間の体験をしているのに、

ともすれば「精霊・天使・宇宙人・スピリット」的な風味に引っ張られがちで、

なかなか気持ちの上で人間界を楽しめない…ということがあります。


それも長所になる部分ですし、それがいけないというわけではありません。

ただ、そこばかりが「過剰」になると、バランスが崩れて人生が面白くなくなる、

ということです。


私は、そういう方にこそ、たとえばある種のヒーリングミュージックのように

“気持ちを崇高に高める効能をうたう”音楽ばかりでなく、

地球の「ここ」に生きるよろこびを強化する音楽もおすすめしたいのです。


もちろん個人の好みがあるので、ジャンルはヒップホップでなくてOKです。

あなたの惹かれる音楽には「あなたにとってのバランス」をとる効果があるので、

そこは自分の感覚に従ってください。

ただ、先に、「これは良い・悪い」、「高尚・低俗」などの観念があって、

頭で音楽を選り分けると、あなたに必要なものがわからなくなってしまいます。


思考でジャッジするのではなくて、エネルギーの反応に注目して。

ご自分の本当に好きなものへ向かってくださいね!ということです。



さて、私の人生にはもう長いことヒップホップ・ラップやR&Bが寄り添っていて、

このブログでも、時折それについてふれています。


直接のきっかけには過去記事にも書いた通りアメリカ留学もありますが、

土台としては、もし留学がなくても必ずやヒップホップを好きになったであろう、

そんな要素が私の中にあったということを感じています。


好きになればなるほど、ヒップホップにまつわることをもっと知りたくなって、

時代をさかのぼって色々な曲を聴いたり、アーティストを知ったり、

その頃の背景を知ったり…と、さらなる世界が広がって行きました。

人生の中でこんなに長年好きであり続けるものもないだろうというくらい、

ヒップホップと私は繋がっています。


と同時に、人生の途中から、

スピリチュアルな分野に深く関わるようになったことも事実。


そして、スピリチュアルな分野を通して知り合った方たちの中には、

音楽が好きな方はかなり多く見られるのですが、

ヒップホップが大好きという方には、今の所あまりお目にかかっていない、

という感想があります。特に私が好きなジャンルになると…。

(私の好きなジャンルについて言及した記事↓ ちなみに紹介してる曲とは違う。

「調子が良さそうらしい。あとヒップホップの話」


私なりに推測すると、その背景には、ヒップホップ文化のイメージや、

使われるスラング、とくに英語圏では眉をひそめられるような言葉※も多い、

という点も関係しているのかな、と。

(※表面上は、ですけどね。現地での人気が、その逆を証明しているような…笑)


そこで、関心のある方へは魅力を伝え、敷居を低くしたい気持ちもあって、

私がこれまで考えてきたヒップホップの「身だしなみ」、

ここからはポイントを挙げてお話ししていきます。



①言葉の背後にあるエネルギーを感じよう。

精神世界・スピリチュアル分野では、言葉に敏感な方が多いですね。

私から言わせると、たとえば「ありがとう」という言葉ひとつとっても、

言葉そのものに意味はなく、そこに込められるエネルギーが全てです。


同じように、ヒップホップの歌詞の中でたとえば「nigga」と言うとき、

それはどんな文脈で使われているか…ただの親しみを込めた呼び方でも、

文化背景を知らない人には粗野に響くこともあるかもしれませんよね。

(もちろん違う人種の他人が使ったらトラブルになるでしょうから注意。)

日本人でもよく知っている侮蔑の言葉「bitch」も、

侮蔑で使われることもあるけれど、これまたその意味は文脈によります。

実は「人」に対してだけ使われている表現なわけでもないし、

その重さ・軽さがどれほどのものかも、状況によりますよね。


正直言って、ラップやR&BのLyrics(歌詞)の意味も受け取りたければ、

Ebonics(黒人英語)も勉強する必要が出てきます。

彼らの中では定番の言葉でも、私たちは知らない言葉が沢山あって、

そこを理解しないと、本当に意味が違ってしまうから。


それに関連して…


②遊びの心を持とう。

たとえば、ヒップホップにはギャングスタラップやサウスのラップのように、

「荒っぽい表現が主流」のジャンルがあります。

カネ、カネ、車、オンナ、(あるいはオトコ)、ウィード、ファック…

そんなこと言っている印象があるとしても、まぁ間違いではありません。

(一応書いておくと、もちろんそれだけなわけはなく、

知らないとそんな印象があるだろうな、という予想に基づく例です。)

しかし、彼らの生み出すヴァイブスに一度心を動かされたら、

その“うわべに見えているカタチ”の奥にあるものが見えてくる
のです。


しかも、そういったラップをするアーティストたちは「24/7」、毎日、

パーティーをしファックしてラップ内容のような暮らしをしているでしょうか…?

いえいえ、音楽を愛し、ストイックに曲を作り続けている人でなければ、

アーティストでい続けることはできないのです。

彼らの音楽に対する「熱さ」に注目してほしいところです。

そう、それは背後にあるエネルギー。生命力。クリエイティビティ。


そのためには、“うわべに見えるカタチ”の方についても、遊び心を持って、

「なるほど、これはお家芸のようなものなんだな」

と、眺めていただくと、新しい視点が持てるのではないでしょうか。

そこに嫌悪感や抵抗があった方は、ですけれども。

日本の演芸の世界でもあるでしょう、

この人が出てきたら、この芸は見せてほしい…みたいな定番の表現。

さらに…


③ラップは音も大事。対訳よりそのままの音で受け取ろう。

ラップされているそのままの音を、楽しむ感覚を第一に置いて。

英語の意味を知りたいから翻訳も見る、というのはありですが、

字面や翻訳からラップそのものを「理解する」というのはおすすめしません。

なぜなら、ラップは「ライム(韻)」を踏むこと、リズム感、抑揚、言葉遊び、

そういった要素も楽しむ音楽
だからです。

それを抜きにして言葉としての対訳だけを読んでも、場合によっては、

「こんな内容なんだ…?」で終わってしまうかもしれない。


④背景を知ろう。

ヒップホップのラップを聴くときに、様々な地域の文化や歴史を知ってはじめて、

わかることはたくさんあります。

先述のように、使われている言葉についてもそうですし、流行や、

あるアーティストの育った背景、生い立ち、そんなことも関係してきます。

たとえば、もし、「ヒップホップのアーティストたちって、怖い人が多い!」

と感じる方が仮にいたとしても、ある程度、

彼らにとって「何が現実だったか」を知ること、興味を持つことがなければ、

それは先入観と、無知から生まれるジャッジにすぎない
ということです。また、

ラップされる内容の中には、大袈裟にされている部分も、本当の部分もあります。

たとえば「ギャングスタラップ」をするラッパーがたくさんいたって、

当然ながら、みんながギャングなわけがないですね。

それは、ある作家の「作品」ストーリーテリングの中に、

フィクションとノンフィクションの部分が両方、自然と混じってしまうようなもの。

ただし…


⑤ラップは、ケンカや闘争をするためのものではない。

エミネムの主演した映画「8 Mile」や、日本での人気テレビ番組、

フリースタイルダンジョン」からの印象で、もしかしたらですが、

ラップで闘うバトル・ラップ(ラップ・バトリングとも言う)や、

作品を通したラッパー同士の悪口(dis)の言い合い「ビーフ」などの、

競ったり争ったりというイメージが強い方もいるかもしれません。

それらはヒップホップ文化の中に含まれているものではありますが、

アートとしてのラップに専心したいアーティストもいます。


たとえば私の敬愛するリル・ウェイン

彼は何度か、自分はバトリングはしないということを話していますが、

その理由について、あるとき、

「音楽と、バトリングは違う。

バトリングは、1度や2度聴けば十分で、何回も聴きたいものじゃない。

そのときは(勝負している双方のラップを比較し合ったりして)かっこいいけど。

それは『音楽』じゃないんだよ。音楽というのは、永遠に聴けるものだから。

自分の作りたいのは音楽なんだ。」

という旨のことを言っていました。私の好みもリル・ウェインと同じで、

音楽として、繰り返し聴ける作品としてラップを楽しむタイプです。

というわけで、ラッパーの中にも色々なタイプのラッパーがいます。

もちろんそのスタイルも、メッセージも、雰囲気も様々ですよ。

あなたの好きなタイプを発見するのは楽しいかも!


陰謀論

スピリチュアル好きな方の一部と、陰謀論のお話は微妙にリンクする…

ということで、ここで挙げることにしました。その内容は…

ヒップホップ・スターは、今では時代のアイコンになるくらい、

とても目立つ存在ですが、昔から有名人のバックには秘密結社がついていて、

スターになる代償に、彼らに魂を売る(一味になり、従う)というもの。

ネットではいつからか、その証拠とされるシンボルやらパフォーマンスやら、

色々解説されていて、現代の「何が真実かわからない感」を醸し出しています。


私は、噂の元になる組織が存在しないだろうとは別に言わないし、

また、ショウビズの世界には色々な裏事情もあるだろうと思いますが、

それらは私にはどうでもいいことだと感じます。

(それにしたって荒唐無稽な情報が出回るものだなと思うこともあるけれど。

誤解されているサインやこじつけも色々あるから簡単に鵜呑みにしないように。)


この視点から、ぜひお伝えしたいのは、

まず、「何かに支配されている」と思い込むメンタルそのものが、

陰謀的な発想の世界に進んで同調することになるのだということです。


何かにどんな「意図」が組み込まれていても、あなたがどう受け取るかで、

あなたにとっての意味は変わってしまいます。


あなたの現実は、あなたの意識が創っているのです。

この点を、私たちは良くも・悪くも使うことができるのだと、

自覚しておく必要がありますよね。


あるものを、純粋な愛に変換できるのもあなたです。

愛を、何か別のものとして受け取ることができるのもあなたです。


たとえば、これまで好きだった音楽やスター、それまで楽しく受け取っていたもの、

それらをいちいち「危険なもの」や「悪意あるもの」と見るようになったら、

あなたの世界はかえって暗転し、それがリアルな現実になるでしょう。

その代償にあなたは、自分は真実を知っているという気持ちで、

「正義」の側の仮面を被ることができるかもしれませんが。


そしてまた、有名人をひとりの人間として表現する「個人」と見ることができず、

何らかのセクトや悪意あるグループの一員として眺めてしまうかもしれません。

(付け加えると、彼ら個人の私的な人生の詳細なんて誰にもわからないし、

その人の選択は、他者の人生には関係ないことではありませんか?)


何らかの事実があっても・なくても、それは現実の「一側面」に過ぎず、

あなたは、あなたの採用したい見方を生き、それに沿って全てを活用する。

そのことを覚えておいてください。


⑦最終的に、聴くか聴かないかはあなた次第!

私たちは、自分に合うものを選ぶことができます。

ライフスタイル、趣味、何を好み、何を信条としたいか…。

内から放ち、“宇宙にオーダーし”、現実に創造していると言ってもいい。


その目立ち具合からよく槍玉にあげられるリル・ウェインも、

「嫌いな人はただ聴かなければいい」という旨のことを度々答えていますが、

ポイントは、自分の「好きな方に意識を向ける」ということです。


私は、気づいたら、自分の手元にあるCDのほぼ全てに、

「Parental Advisory」※というマークがついていたので、

(※過激な内容が含まれているので未成年には親の忠告が必要という印)

洋楽の輸入CDには必ずそのマークが付いているのだと思い込んでいたくらい、

そのようなテイストのラップ・ミュージックやR&Bを自然と好んできました(笑)


一方で、日本の芸能界や歌謡界にはとんと疎くて、関心もなく、

たまに見る機会があってもその良さが全くわからないという具合です。


同様に、もし「今」、あなたの身近な周囲の世界に目立つものを見回して、

全然あなたの好きな世界が広がっていないように感じても、

あなた自身の心から好きなものはどこかにあって、

ただ気づいていないだけ、ということもあり得ます。

それが小さすぎたり、特殊すぎたりと感じて、自分が認めていないことも。


この間、「メインストリームから外れる」という記事を書きましたが、

あなたの心が鳴るものは、仮にそれを良いという人が周りにいなくとも、

あなたにとっては価値があるし、それを認めた方がいいということです。


あなたが、本当に「あなた自身」に向かっているとき、

外からの承認はなくとも、ただそれが好きで楽しくて、満たされます。


そして、そこからまた、あなたの世界が創られていくのですよ。


(★後日ちょっとだけこの記事に関して補足「新しい自分に揃い続けること2」



スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話しします

「個人セッションについて」

「お申込みのご案内」



2つのブログランキングに参加しています。
クリックありがとうございます


精神世界ランキング

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.