BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

新しい自分に揃い続けること2

前の記事「新しい自分に揃い続けること1」からの続きです。


今年は、自然に、しかしはっきりと、

先の記事に書いたような感覚を実感していたわけですが。


それと同時に、私自身の日常の中でも、

そういった意識のあり方へと移行することを加速するサポートがありました。


こういうときいつもそうであるように、それは意外なところからやってきました。

頭で考え判断したら、そのことがまさかエネルギー的に大きな役割を果たすとは、

思いもよらなかったでしょう。


なぜなら、最近よく記事に登場している音楽の話題、

ヒップホップミュージックに再び親しむこと、特にリル・ウェインの曲を聴き直す、

ということが私のエネルギー加速のキーとなったからです。



あなたの内側はいつも、「インスピレーション」を授けていて、

あなた自身が本当に惹かれるものを通して、何かを知らせようとしています。


だからこそ、あなたの内側から湧き上がるものについて、

「頭で、ジャッジしないこと」を度々お伝えしています。


それがどのように起きるか、何が適しているかの詳細はひとりひとり違って、

あなた仕様の、ちょうどいいものがやってきているからです。


☆☆☆


過去記事にはすでに書いたことですが、

私はこの何年かの間、自分でも驚くくらい音楽と距離を置いていました。

以前に比べたら、音楽への関心も、関わり方も、ずいぶん薄くなっていたのです。


それが今年に入ってから、「あれは何だったんだろう?」と思うくらい、

元のように音楽に親しみ、ヒップホップの音楽も沢山聴き直していました。


新しい曲も古い曲も聴いていましたが、そこで気づいたことがありました。



もちろん昔好きだった曲めぐりも楽しいのですが、

「本当に好きなアーティスト」は、その人の「今」も好きであるという発見です。



「あの頃のあの曲はよかった!」ではなくて、「今」も良いと思える。

かつての曲はかつての曲で魅力があるけれど、

そのアーティストの「今」に驚嘆でき、面白いと思えるという素晴らしさ。


これは、アーティスト本人が常に新しい自分にチューニングする人でないと、

実現しないことである
と思いました。



過去の栄光にしがみついたり、

過去にヒットしたスタイルを手放せない人は多くいます。


アーティストの話だけでなく、私たちの人生においてもそうです。

自分の過去の成功パターンや、過去にこうであったということに、しがみつく。

それを手放すことができない。変わらない。

いえ、本当は自分は変わっているのに、変わったのを認め、見せるのが怖い。


もちろん私たちの中には、一貫した「変わらないエッセンス」もあって、

ある意味で「その人らしさ」というのは継続するものです。


けれども…


新しい自分に揃い続けること、変化をそのまま表すこと、

そこに臆病になってしまったら、

私たちの自然な流れは阻まれてしまう
のです。


それでもなお、「しがみつく」のは、

そうする方がメリットがあると信じてしまっているから。


そこからまだ、何かが得られるものだと思い込んでいるから。

だから、たとえ苦しくても、

「スイッチを切り替えない、変わらない、過去を足場にする」選択をするのです。

自分を守っているつもりで…。


☆☆☆


私はよく書いているように昔からのLil Wayneのファンなので、

CDアルバムはデビュー当時のものから持っていますが、

ミックステープをこれまで聴いていなかったのが、

今年に入ってからウェブ上で無料でダウンロードできるものだと知り、

それを一気に聴いたことで、色々な気づきが生まれました。


たまたまそのように「その存在に気づいていなかった」ばかりに、

リル・ウェインのヒストリーを総括的に振り返ることになったのです。


その点も、今回の私にとってのちょうどよい「設定」となりました。

そうでなければ、ここまで効果的に色々気づくことはなかったでしょう。



最初は、過去の曲の調子の方が私にはなじんでいたこともあって、

耳に心地よいように感じていました。

少し古いミックステープを「前の方がよかった」感覚で聴いていたのです。


ところが、年代順に何度も聴いていくうち、確実に、

「進化している」ことに気づいてしまったのです。


あれ…こんな表現もできるんだ、

今はこんな風にラップしたり歌ったりできるんだ、

こんな曲が作れて、こんな新しい境地があるんだ…!と。

それがはっきりとわかってしまい、それを聴くと、「今」がさらにいいと感じる。

新鮮さに、進化に、驚嘆する。



私はリル・ウェインの他にも、多くのラッパーたちの曲を過去には聴いていて、

自分の好みの範疇だけではなくて一通り、味わってきています。

だからこそ、この人のすごさに感嘆したのです。


私にとっては他に、こういうラッパーはいませんでした…

進化し続けてなお、オリジナルであり続けるということ。

「Best Rapper Alive(生きている中で最高のラッパー)」

と本人が言っている通りの存在だと。



このように心からの尊敬が生まれたとき、

果たして私は…「今」の自分に揃っているだろうか?

チューニングできているだろうか?それを表現しているだろうか?


自然に、意識的にならざるを得ず、加速したというのがあります。


☆☆☆


ところで昨日書いた記事「ヒップホップの身だしなみ、スピリチュアル風味」は、

なかなか時間をかけてベストを尽くして書いた記事ではありますが、

自分からすると「あー、でもやっぱり、言葉にすると違う!」と思う体験でした。


ヒップホップ、特にラップへの抵抗があったら解きたい…

という気持ち(そんな仮の設定)が前面に出てしまい、かえって、

その「魅力」を伝えることから遠ざかってしまったように思います。


本当に好きなものの魅力を言葉にして伝えるのって難しい!

そこにある気持ちが、大き過ぎるから…と思うと同時に、


でも、フィーリングで好きになる人、共鳴する人にとっては、

ああいった説明はすべて「要らないもの」。


聴けばわかるのだから。感じることができるのだから。

魅力って、説明して伝えるものじゃないものなぁ…とも思ったりして。



本音を言えば、私は、アメリカのヒップホップ文化およびラッパーについて、

言葉遣いや表現がどうとか、外見がどうとか、全然気にしたことがないんです。


ただ、好きだから。そもそも、そこも含めていいと思っているから(笑)

そうでなければ、こんなにその文化を好きになってはいないよね(笑)


ただ、「客観的」になったときに、こういうところが抵抗ある人もいるのかな?

などを「考えて」書いたものだから、後から微妙だなぁと思ってしまいました。



たぶん、ある人にとってスピリチュアルなメンターがいたり、

サポートし鼓舞し合う仲間がいるように、

私にとっては、彼らのあり方が自分をインスパイアしている。


彼らがラップや歌で人生の色々なことを作品にして描写してみせる、そのパワー、

音楽にして、生きたリズムにして、踊って楽しんでしまう面白さが、

私自身の内側にあるものと共振する
のです。


☆☆☆


ALIVEな自分であり続けたいなら、

その都度湧いてくるインスピレーションには、「YES」。

答えは常に、新しい「今」の自分に揃う、「YES」です。



スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話しします


「個人セッションについて」

「お申込みのご案内」



2つのブログランキングに参加しています
クリックありがとうございます


精神世界ランキング

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.