BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

Under Construction!

Hi! この記事は、元は昨夜アップした記事なのですが、

まったく新しく書き直していますよ。


昨夜の時点ではタイトルおよび本文の中に「Big up」というスラングを使っていて、

記事をアップしたしばらく後、ふと気になって言葉の由来を検索で調べたんです。

そうしたらジャマイカの言葉(パトワ語)由来だとわかったのはいいけど、

アップしたばかりの自分の記事が、そのキーワードで速攻で検索にヒットしてる

のを発見!今、自分も調べてるのに(笑)


正直、引きました。


そのキーワードで私の記事出てきてどうする!?(笑)

しかも、滅多になく顔写真付きの記事、半分だけコーンロウの髪型で(笑)

ちなみに私はレゲエの知識はほぼゼロ、

好きな曲は少しあっても、基本的にほとんどレゲエは聴かないです。

Big up の意味を知りたくて検索する人は多そうなので、

タイトルを変えよう…なんて練ってるうち、中身も新しく書き直すことにしました。


すでに読んでくださった方、一部内容は重複しますが着地点は違っています(笑)


Here we go!


☆☆☆


昨夜の記事では、「爆笑年越し&新年」に書いた実家でのお正月休暇中、

妹が遊びで私の髪の毛をコーンロウにしてくれたことを書きました。


実は、私はブレイズにしようかなと考えて今髪を伸ばしているので、

それを知っている妹が、おしゃべりしながらなんとなく私の髪をいじっているうち、

「こんな感じかな」とコーンロウを編み始めたのです。

もちろん妹も初挑戦、誰に習ったわけでもないのになかなかうまくできたので、

仕上がりを写真におさめた…というエピソードでした。


コーンロウも、ブレイズも、黒人の方たちがよくしているスタイルで、

コーンロウは地肌に沿って編み込んでいく形、ブレイズは細かい三つ編みです。

両方を組み合わせたり、部分的に編んだりもできます。


私がブレイズにしたいのは、自分の髪の毛流れや、量の多さ、

髪の毛が顔の前の方にサラサラ落ちてきてかぶさってくるという特徴から、

ブレイズにしたらすっきりして便利そうだからというのが第一の理由ですが、

実際には、ハリ・コシのある直毛なので、編むのは難しい方の髪質だと思います。

(ふわふわしていてウェーブのある髪が向いています。)


そしてまた、特殊なヘアスタイルでもあるので、

これまでも興味は持ちつつ、実行したことはありませんでした。


ただ、昔はじめてバリ島旅行に行ったとき、

ビーチで定番の「三つ編み」をやってもらったことがあり、

そのときは今よりももっと髪が短かったのですが、

バリ人のおばさんたちが数人で手際よく全部細かい三つ編みにしてくれました。


色とりどりのビーズを留め具につけてもらってとてもかわいかったのですが、

そのときは長持ちさせる気はなかったし、帰国後は入浴時にほどきました。

目立つし珍しい髪型だからか、帰途の電車の中で知らない人にほめられたり、

当時住んでいた建物の大家さんにほめられたり、という楽しい体験もしました。


それを入れたら、ブレイズは一度やったことがあることになりますね。 



そんな髪の話題から関連して、昨年☆日常風景☆のカテゴリで書いていた、

湯シャン(お湯だけで洗髪すること)の話や、

何もつけないスキンケア(スキンケアをやめたこと)の経過にもふれたのですが、

これについてはまた後日、別の機会を設けてもう少し詳しく書き直します。



ブレイズやコーンロウの髪型にしてもシャンプーはできると聞きますが、

私としては、シャンプーを使わないワイルドさを身に着けた今、

以前よりも準備ができた!と感じています(笑)



さぁ、妹の初挑戦にしてナイスな作品を紹介しますよ!


 

上着は実家の部屋着。使用しているのはキッチンの輪ゴムだ!

それくらいレイドバックしているときにインスピレーションで編んでくれたのだ!

※レイドバック…ゆったり気楽にくつろぐことの英語表現



 

サイドもちゃんとコーンロウになっているよ!

「なるほど…こういうことか!」と、妹は実際にやりながらコツをつかんでいました。

1本編むごとに、どんどんうまくなっていったみたい。(私は見えていなかったが)



f:id:beats-and-love:20170218014204j:plain

 
 
今回は、おしゃべりしながらなんとなく髪の毛をいじり始めた流れだったので、

はじめに編んだ1本だけが太く、そこをやり直したら全体がもっと揃うとのこと。

「時間さえかければもっときれいにできると思うよ。

あと、あらかじめデザインを決めておく必要があるよね…」
と、妹。


正面から見ると半分は普段の髪のままなので、比較がしやすいかな。


 



いずれまた、本格的にブレイズヘアにした暁には、

実際どうだったかなどをブログでもレポートするかもしれません。


とりあえず、この時点でわかったことは、

1.コーンロウは冬には寒いかもしれないということ(要ニット帽)

2.この髪型をしていることを忘れて、ふだん通りに頭をかこうとすると、

編み込んだ部分に指がブロックされて驚く!

ということです。


☆☆☆


タイトルにした「Under Construction」は、よくウェブページに出てくる

「工事中…(準備中)」の意味ですね。


記事を書き直す間の、仮タイトルでつけました。

でも、これって、何かに向かっていることや、

進行中の状況をイメージするのにいい表現ですね!


今年が始まって、新しいスタートを切って。

あなたも何か、Under Constructionなこと、ありますか?(^∇^)



最後に、私の現在のヘビロテ曲をご紹介します。


この間の記事でも載せたShade SheistのMixtape、Canada Editonから、

Young Thugs -- Shade Sheist feat. Bone Thugs-n-Harmony and Bizz Nitty






どうですか?この神曲!(涙)キラキラ☆

私には好きなもの同士の組み合わせで、贅沢さに嬉しくて笑ってしまうMix。


Bone Thugs-n-Harmony(ボーン・サグズン・ハーモニー、日本で通称ボンサグ、

アメリカでBTNH)
は、実は私の昔からのfavoriteでした。

特にメンバーの中ではKrayzie Boneが大好き。

深みと透明感のある独特な声でラップしている人です。この曲では、

ラップの他に「Hey Young Thugs, The World is Yours.」のフレーズを歌ってます。

※書き忘れていたのですが、Bizz NittyというLAのアーティストも参加してます。

Bizzy Boneのラップの後の、ヴァース3のラップがBizz Nitty(ビズ・ニッティ)。


Bone Thugs-n-Harmonyについてはまた機会を改めたいのですが、

今回ご紹介した曲のオリジナル曲はこちら。↓

2007年の曲で、こちらではBTNHメンバー全員のラップを聞くことができます。

(この時期まだ服役中だったFlesh-N-Boneを除く。)


Young Thugs --Bone Thugs-n-Harmony






では残りの1日も、have a good day! 



スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話しします

「個人セッションについて」

「お申込みのご案内」



2つのブログランキングに参加しています。
クリックありがとうございます



精神世界ランキング

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.