読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

捨てる勇気。あなた自身を生きたいなら。

創造

今回のタイトルは、「捨てる勇気。あなた自身を生きたいなら。」です。


「捨てる」という言葉は、聞き方によっては強烈に響くこともある言葉ですが、

タイトルをわかりやすくするために選びました。その詳しい意味は、

「自分を生きたいなら、それでないものを選ばない(捨てる)必要があるよ!」

ということです。


☆☆☆


心がノーと言ったものはノー。

よろこびを感じていなかったり、違和感をおぼえているものはノー。


ちょっと我慢をしたり、折り合いをつければ、うまくいくと思う?

心を馴らしていけば、大丈夫になると思う?


ノー!!


「心」の方が源なのだから、そんなこと、できないんだよ。



あなた自身の内側が示すインストラクションを信用しましょう。

それは、「感覚」や「気持ち」を使って伝えています。


これは合っているよ、合っていないよ。

そっちじゃないよ。ほら、あなたは苦しく感じているよ。

あなたの道はこっちだよ。ほら、胸がときめいているよ。


あなたがこれまでに学習した考えに基づいて、「安全」であるとか、

「これが普通なのだ」、「安定している」と感じることは、必ずしも、

あなたにとっての「心の安心や安定、満足」と一致しないかもしれません。


「幸せ…なはず、だよね。」

「ありがたい…と思わなきゃね。」

「恵まれている…んだよね。」

言い聞かせるとき、なんだかおかしいと気づきませんか?

あなたがただそう感じるとき「説得」は必要でしょうか。


それから、

「私は甘いんだ、もっと自分に厳しくしなきゃ。」

「これくらい、我慢するのは当たり前だよね。」

「みんな嫌な思いしながら頑張ってるよ。それが人生だもの。」

こう考えているとき、その内容を自覚してください。


現実はあなたの「信じていること」を再現します。


他の人はともかく、「あなたが」本当にそのように生きたいかどうか、です。

たとえばスポ根的な「試練の道」や「達成」も、ひとつの選択ではあります。

それが自分の心からの好みであって、充実を感じられるならいいのです。


ところが、もし、心のどこかで、

「乾いた雑巾をさらに絞る」行為のように感じて疲れているなら、

立ち止まってあなたの内を確かめ、選択し直すときかもしれません。



シンプルに説明するならこうです。


あなたが生きたいAという自分(世界)。

あなたが「これじゃないんだよな」と思いながら生きているBという自分(世界)。


AとB両方一緒に、は生きられません。



AとBのブレンドが人生だ、と思っていますか?

混じり合うことが当たり前だ、と思っていますか?



そう思っている限り、少し良く感じても結局は、Bが基盤となっている、

しいて言うならB´(ビーダッシュ)の人生を生きているのではありませんか?

それはBの範疇であって、決して、Aにはならない。



まず、自分のエネルギーを見てください。意識的になってください。


自分に合っていないものを「捨てない」とき、

それを「キープする=選び続ける」とき、

あなたの発しているエネルギーはどのようになっていますか?

何に信頼を置いていますか?


「現実」はあなたのエネルギーの反映以外のものに、なれません。


「これじゃない」と思っているものを心で採用しながら、

「こうありたい」と思っていることを生きるのは無理です。




あなたが本当の気持ちに沿って「決めない」とき、

それ以外のものを必ず「選んで、決めて」いるのです。

このことを自覚することにはとても意味があります。


あなたが信頼を置いているのは、依然として、

「そうありたくない」方の生き方なのだと、はっきり気づける
からです。


気づいたら、捨ててください。

自分でないものを。

合わないものは「選ばない」ということを「今」できるところから実現し、

「自分自身の心に沿うものを選択し直す」ためのスペースを空けるのです。



自分と一致しないもので、自身の人生を埋め続けると、

あなた自身の、本当にそうでありたいエネルギーが出現する場がありません。

あなたそのものである波動が、羽根を伸ばして踊るスペースがありません。



思い出してください。


自分が自分であることは、むずかしくないのです。

それが一番簡単なくらいです。

あなたがあなたを生きることは、生まれながらに持っている能力だからです。


ただし、自分が邪魔しなければ。



私たちは、ときに「差し引く」ことに勇気を必要とすることがあります。

余分なものを、「余分だ」と認めることが怖くなってしまっているのです。


そのとき、理性が納得する代替物やシナリオが先に見つかるまで、

「危ないことはできない」と考え、そのまま動けなくなってしまいます。

天からの救いを頼みにし、外からやってくる偶然のラッキーを待っている状態。


実は心の奥底では、すでに「これは違う」と自分でわかっているから、

そんな風に外側に期待をするのですが…。


けれども、その意識状態のまま、たとえ「代替物」がやってきたとしても、

状況はあたかも動いたかのように見えて、心は本当には「うん」と言いません。

代替物は代替物、「外の変化にも関わらず」満足しないのです。



答えは、ただひとつ。


「あなたが」自ら、自分自身と手を繋ぐこと。


自分の心に沿ったものだけを選び、そうでないものは選ばない勇気を。

それ以外に、あなた自身を助けられる道はないから。


あなたが混じりけのない「そのもの」を生きるまで、

あなたの内は、「これじゃないよ、これじゃないよ」と伝え続けてくれるのです。



2つのブログランキングに参加しています
クリックありがとうございます



精神世界ランキング




人気ブログランキングへ


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話しします


「個人セッションについて」

「お申込みのご案内」


広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.