BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

その存在があるだけで。あなたが存在するだけで。

私がヘルパー存在と総称している“非物質的な”存在の中には、様々な存在がいます。

一般に守護霊、指導霊とかガイドとか呼ばれていたり、地球の人間から見ると別の文明の存在(宇宙人・異星人)だったり、精霊や妖精、妖怪だったり、あなた自身の別の人生(過去生や未来生という呼ばれ方をすることがあるが、同時に存在している)に該当する存在だったりもします。

そういった存在と交流したり、コンタクトを取ったりするというとき、あなたはどんな状況を思い浮かべるでしょうか。

有益なアドバイスをしてもらったり、ヒーリングしてもらったり……何か「助けてもらう」というイメージが浮かぶ方も多いのではないでしょうか。

確かに、彼らはあなたと繋がっていて、何らかの形で助けになってくれてはいます。

とはいえ、常にわかりやすい答えをくれたり、必ずしも何か「してくれる」というのとは違うのです。

むしろ私自身の経験からお伝えしたいのは、「その存在があるだけで」癒されたり、励まされたり、生きる力になるということです。

それは、あなたが愛を感じる繋がり全てに言えることではないでしょうか。
相手が生きている人間であっても、すでに亡くなっている方であっても、ヘルパー存在のように非物質的な人間であっても。

愛の絆があるとき、その存在が「ただあるだけで」力となるものです。

何かを「してくれる」から、期待した何かを「くれる」から、というのとは違いますね。
その「存在」があること自体が、あなたの力になるのです。

人生の中で、私もそのことを多く実感しています。
そして私にとっても、それは家族をはじめこの人生で共に生きている人たちだったり、時空を超えた非物質的な存在たちだったりします。

この間も、夢の中で、とある非物質的な存在と会ってそれを実感しました。
「水」にとても縁の深い存在で、普段は人間の言語を話す存在ではありません。夢の中では、私の意識によって人間の言葉に翻訳されて相手の言葉が聞こえましたが。

そもそも性別のあるタイプの存在なのかもわかりませんが、夢の中では、男性に見えました。

最初は、彼の得意な分野の説明を受けたり、ちょうどテレビ番組を見るように彼のすることを眺めていたのですが、その「目」がとても印象的でした。

じっと、彼の目を見つめているうちに、繋がりを思い出したのです。

そのとき私の感じていた彼への感覚を、あえて言葉に翻訳してみるなら、「存在してくれていてありがとう」です。他愛ない交流でしたが、彼の存在を認識できただけで、力づけられたのでした。
どのような繋がりだったから、とか、どう役に立つから、とかの内容を考えて湧いてくる感覚ではありません。

「いてくれて、よかった」
「繋がりを感じることができて、よかった」

その存在があるだけで、ありがとう。

あなたにとっても、そのように感じられる存在は多くいて、
そしてまた、誰かが…何らかの存在が…あなたのことを、そう思って眺めています。繋がりを感じています。

日々の「人間生活」に没頭していると、そんな視点も忘れそうになるかもしれないけれど。
どうぞときどき、そのことを思い出してくださいね。

見えない存在や、異世界への恐れを取りたい方。
7月の講座は、「スピリチュアルな恐れを解消する」です。
もっと自由に知覚をひろげ、冒険したい方にもおすすめですよ!
平日クラス…7/20(木)14時から16時
週末クラス…7/30(日)14時から16時
お申込みのご案内は、こちらの記事をどうぞ。↓

beats-and-love.hatenablog.com

ブログランキングに参加しています
1日1回のクリックが反映されます

精神世界ランキング


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
(対面、スカイプ、電話)

「個人セッションについて」
「お申込みのご案内」

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.