BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

死後の選択

前回の記事に続き、「死後」のお話です。

正確に言えば「今同時にある」のだけれど、私たちの現在採用している時間の感覚からすると「死後」のことで、補足しておきたいことがありました。

先月書いた、「見せかけの発達段階とチャクラ・本当の人間になること」でふれた内容についてです。

beats-and-love.hatenablog.com

この中で、人間の発達段階について書きましたが、ひとつ注意してほしいことがあります。

それは、たとえばこういったことを「コンプリート」するまで、あなたが嫌でも地球の人生を選び続けなければならない、ということは全くない、ということです。

別に、あなたが「地球合わないや(笑)」と結論を出して、死後この体系自体から去ることを選んでも、あなた自身がそう決めたなら止める者はありません。

「存在」の中には様々な活動領域、あり方があります。

よく言われているような「地球に輪廻し続けなければならない」というルールはないのです。
(輪廻の概念自体が、まず正確ではないですしね。)

また、死に方によって罰則があるということもありません。

前回の記事で死の観念についてふれましたが、大切なこととして、
誰も、自分の意思に反する形では死にません。
本人の意思に反して、この世を去ることはないのです。

すべての死を自分自身で選択するという意味では、「自死」すらも選択の一つです。
自殺したからといって、罰則など、ありません。

ただ、なるべくそういった形を選ばない方が良いのは、この世界にあなたがやってきたことにはあなたなりの意味があり、自ら希望してここに来たからです。
あなたは、そのことを忘れているかもしれませんが。
もし、あなた自身の内面が一致してこの世を去ることを決めたなら、そのときは(自死を選ぶという形ではなく)何らかの形で亡くなることになるでしょう。

とにかく、いかなる形でも、あなた自身の意思を無視して強制できる「より高い力」などないということを思い出してください。


では、なぜ、「多くの存在が地球に輪廻転生し続けていて出られないという誤解があるのでしょうか?

それは、この体験が「自分が誰だかを忘れやすい」性質を持つからです。
それはすなわち、あなたが創造者だということを忘れてしまうということです。

自分が創造者だということを忘れると、「選択」ができないと思い込んでしまいます。

さらに、地球の体験に「思い残し」や「まだやりたいこと」があれば、あなたは地球での人生を創り続けるでしょう。

そして、あなたが満足したときに、フォーカスを別の世界に向けるでしょう。

それは義務ではなく、自分の希望や好み、興味による選択です。


死後の体験でも、あなたはあなたのリアリティを創造し続けます。
ですから、自分が選びたい世界を選ぶことができる、と認識しておくことは重要です。

自分が誰になりたいかは、いつでも、自分で決めています。
あなた以外の誰かが決めているわけではありません。
抽選でもないし、早い者勝ちでもないし、もちろん何かの罰ではありません(笑)

今回のあなたをあなた自身が選んだことを認め、その意義を信頼して、この人生を十分に体験しましょう!


★今週の土曜日の講座「インナーフォーカス~意思決定と現実~」
当日受付はありませんので、事前にお申込みください。

beats-and-love.hatenablog.com

ブログランキングに参加しています
クリックありがとうございます

精神世界ランキング


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話しします

「お申込みのご案内」 

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.