BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

日常の中の体外離脱、幽体離脱

前回、明晰夢の内容を書いたばかりですが、続いてまた体外離脱の体験があったので、それも含めて今回は「日常の中の体外離脱、幽体離脱というお話です。

前回「最新の明晰夢と、精霊の文明について」

beats-and-love.hatenablog.com

タイトルに幽体離脱という言葉も入れたのは、いわゆる「エーテル体離脱」と「アストラル体離脱」を分ける意味で、どちらかの語を当てはめることもあるようだからです。
このブログ内では、どちらも含めて「体外離脱」と呼ぶことで統一しています。

「夢、明晰夢、体外離脱」カテゴリ内の記事で両者の違いについてふれたことがありますが、基本的な事柄をここで簡単におさらいしましょう。

カテゴリ★夢、明晰夢、体外離脱★

beats-and-love.hatenablog.com

体外離脱を経験したい方へ。あなたは毎日体外離脱しています!

まず、基礎として理解していただきたいのは、あなたが「眠って、を見ていた」と認識している体験は、言い換えると「体外離脱中に経験したことを、現在の自分が理解できる形へと、日常意識が翻訳したもの」だということです。

夢、明晰夢、体外離脱の違いは、意識の保ち方、「自覚度」の違いであると言えます。

体外離脱は、あなたの意識フォーカスを変える経験のひとつです。
あなたは眠った後、自分の意識フォーカスを、普段焦点を合わせている物質的なレベルから、別のレベルへ移動させています。
そしてその移行を、私たちはあたかも「肉体から霊体が抜ける」というように経験します。

けれども、こう知っておくことは大切です。
「体」はあなたの意識の中にあり、あなたが「体の外」に出たように感じても、それもまた、あなた自身の意識内で経験しているのだと。
つまり、あなたの経験する世界、宇宙、それが何であれ……まるごと全てが、あなたの意識の「中に」あるということです。

「体外離脱」の経験もそうです。あなたの意識の中で起こっています。
自分の意識内で、フォーカスを動かしているのです。
それについては、「死」という移行についても同様です。

夢の内容を「覚えていたり、覚えていなかったり」するように、意識フォーカスを動かすこと自体は誰もが自然と行っているのですが、そのことを自覚しているかどうかは別です。

「体外離脱をしてみたい!」と思う方は、すでに日々それをしているということ、あなたの「体外離脱をする能力」は問題なく(むしろ、ベテランです 笑)、ただ「それを自覚できるかどうか」が違いを生むということを思い出してください。

エーテル体離脱とアストラル体離脱

※以下の説明は、実際には、意識のフォーカスやエネルギーは「グラデーション」であって、完全には分けられないのだということを留意して読んでください。
言葉による定義は便利ですが、本来はカテゴリ分けできるものではなく、混じり合った状態があります。「割合」の違いです。

エーテル体とは、エネルギー体の中で肉体に最も近い層を指してそう呼びます。
エーテル体離脱」と呼ばれるものでは、あなたが普段経験している「物理的な現実」に近い層にフォーカスしています。

つまり、もし、あなたが「この現実」の中での行きたい場所や、何かを見て確認したい事柄があったとすると、この「エーテル体離脱」をする必要があります。

たとえばですが、旅先で、「忘れ物をしたようだ。家にあるかどうか見に行ってみよう」と、自宅を見に行きたい場合、エーテル体離脱をすれば、チェックできるということになります。

一方で、アストラル体離脱では、「時間や空間」の要素も考慮しなければなりません。

この例で、旅先から自宅へ向かっても、もしあなたがアストラル体離脱をしていたら、自宅が見たことのない建物になっていたり、あるはずのないものが部屋にあったりと、「普段と同じ現実」を基盤にして物事を経験することはできなくなるのです。

意識の中の別の層、日常意識よりさらに広い層へフォーカスが移っているからです。
あなたは別の時間や、並行現実、別の次元の「自宅」を経験してしまうかもしれないし、自宅にはどうしても辿り着けないかもしれません!

ですから、あなたが体外離脱をしたことに気づいて、寝る前と同じ部屋の様子を眺め、家族の寝姿や、キッチンに置きっぱなしにしていたコップを見つめた……という場合には、エーテル体離脱と呼べます。

そうではなく、離脱した途端に全く違う風景を眺めていたり、異世界だったり、時空を超えた経験をしたりという場合は、アストラル体離脱と呼べます。

私が近年よく経験している、夢の中で夢ということを自覚し、明晰夢から意識を持って活動をするというケースは、アストラル体離脱の範疇に入ります。

おすすめなのは、明晰夢からの活動

エーテル体離脱も、アストラル体離脱も、目的によってどちらがふさわしいかは変わります。

でも、単に「体外離脱状態を自覚してみたい」ということなら、個人的におすすめできるのは「明晰夢からの活動」です。

私自身、エーテル体離脱もアストラル体離脱も経験したことがありますし、体外離脱に関するメソッドや、一通りの訓練方法も知っていますが……多くの人にとって、「自覚を持ったまま体から抜ける」という点がネックになりやすいことを思うと、
すでに夢の世界に入っている(=フォーカスが変わっていて、体外離脱している状態の)地点から活動できるのは楽なのです。
頑張って体から抜けるぞー!という練習を省くことができるからです。
あなたが眠る度に、それは自然とできているのですから、そのまま活用する道をまずは選んでみてはいかがでしょうか。

私の場合は特に意図したわけではなく、いつの間にか明晰夢から活動するパターンの方が多くなっていたのですが、それまでの体外離脱経験と比較しても、経験の質はクリアーというか、やりやすいという感触があります。

ただし、前述のように、この現実に近いところに焦点を絞ったエーテル体離脱をしたい人には向きません。
この方法は、すでに夢という「広大な領域」に入ってしまっている後から活動するからです。

今回の経験は、体から出るところからスタート。

ところで、私が今回レポートする体外離脱は、体から出るところから久々に経験しました。

それも、体外離脱時うっすらと気づいているときありがちなように、1度のみならず、何度も「体に戻っては、また出て行く」ということをしていた記憶があるんですが……。

そのうちの1回は、昔も記事に書いたことがある「ヘルパー存在に引っ張ってもらって体から抜ける」ということをしていました。

この話題に関連した過去記事1「後になってわかる事、体脱エピソード」

beats-and-love.hatenablog.com

関連した過去記事2「引っ張ってもらう体外離脱」

beats-and-love.hatenablog.com

しかも、今回は2人(2存在?)に引っ張ってもらっていたんですよ。

うまく抜けられないから引っ張ってくれと要請した記憶 

明晰夢から活動を始めるときよりも、そのときの私の意識はぼんやりとしていたんですね、眠かったし。
……眠いんだけど、体が抜けかけているのに気づいてしまっていて、完全には眠っていない。
そんな状態でした。

抜けたかな……と思うと、また体に戻って眠っていたりして、えいやっと離脱してクリアーに活動するということはできていませんでした。

半分眠気に沈みながらもその状態を自覚していた私は、業を煮やしたのか、「うまく抜けられないから引っ張ってくれない?」と、ヘルパーに要請していました。
(なにせ眠かったのでそこに至る思考のプロセスがはっきりしていないのですが、もしや普段から、そうやってよく助けてもらっているんでしょうか……。)

そしてなんと、片手ずつそれぞれ別のヘルパーに引っ張ってもらっていたんです(笑)
両手に花!じゃなくて、両手にヘルパー存在。

前にも書いたことがあるけど、エネルギーの手って、ぺたっとしてるんですよ。
人間の手を握っている感じとは全然違うんです。
温度も、人間の手みたいなぬくもりではありません。ひんやりというほど冷たくはないけれども、独特。もちろん、自分の「エネルギーの手」もそうなはずです。
(こういう雑談に興味ある方はぜひ、9月30日の講座後の懇親会へもお越しください!笑)

そして彼らの「声」も、頭の中に直接響く不思議な聞こえ方をするのです。
その音の質も、いつも、少しくぐもってエコーがかかったような、独特の音です。
(過去記事「後になってわかる事、体脱エピソード」のときも全く同じでした。)

その独特の感触のヘルパー存在の手を握らせてもらいながら、2人のヘルパー存在に引っ張り上げてもらって、私は体を抜けて飛び立ちました。

この頃にはもう、意識ははっきりしていて、
「おお、今回は久々に体を抜けるところからの体外離脱体験だったか!」
なんて思いながら、飛んで周囲を見回していました。

とはいえ、今回も「アストラル体離脱」ではありましたね。
飛んで、家の外に出た……と思ったら、もう全然違う世界の景色でした。

そして、普段の現実と異なる世界なのに、「既視感」がある光景だったのが面白かったです。

私が経験していた風景は、「別の私」になじみのある世界だったようです。
見覚えのある道や家があり、「この私」ではない「私」の知人もいて、生活がありました。
途中からは、意識の自覚性を失ってしまって、通常の「夢」の体験になってしまったんですけどね。

ちなみに、体から出るとき手を貸してくれたヘルパー存在たちは、私が活動を始めた後には、その気配が消えてしまいました。

毎日存在している、身近にある不思議を楽しもう

こういった私のエピソードも、もし、あなた自身の「日常の中の体外離脱」に意識が向いて、よりそれを楽しんでいただく一端となればうれしいです。

ありとあらゆる不思議はあなたの身近にあって、あなたが意識を向けてそうすると決めれば、独自に探求できるからです!


ブログランキングに参加しています
1日1回のクリックが反映されます

精神世界ランキング 


9/30(土)講座「スピリチュアルな記憶喪失から回復する」
お申込み受付中です!

beats-and-love.hatenablog.com

スピリチュアルカウンセリング
(対面、スカイプ、電話)

個人セッションについて

お申込みのご案内 

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.