BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

その感情は、サインだよ

講座後から、記事の内容を「恐れをとること(おもにスピリチュアルな恐れ)」にフォーカスしていますが…
今回は、「その感情は、サインだよ」というお話です。

感情のみならず、湧いてくる感覚、フィーリング、気持ち…も該当します。
もちろん、「恐れ」の感情・感覚も含みますよ。

☆☆☆

どんな感情も、「感じること」そのものは悪くありません。
ただ、あなたがそれを活かすかどうか、自分の内側にあるその「根源」を自覚するかどうかによって、感情が役割を果たせるかが決まります。

たとえば、何かに対して、あなたが恐れの感情を持っているとします。

そのことに「気づかない」ということは本当はなくて、
気づいていても抑圧したり、恐れたままで気を逸らしたりすることがよく起こります。それも一時的には「解決」に見えるかもしれません。

ところが、そう思うのは錯覚で、元にあるもの、根源は消えていません。
感情は、感情の役割を果たせなかったので、また同じ条件にあるとき、あらわれます。

では、この例で、根源から変化して「元を断った、変容させた」状態になったら、どんな違いがあるでしょうか。

それまで恐れていたことと物理的に同条件の下でも、あなたの「感情」は同じようには反応しなくなります。
「揺れない、動かない」か、あるいは「動くとしてもまったく別の反応になる」のです。

あなたの感じる感情や感覚は、あなたの内側が変化しているかどうかを確認できるバロメーター、とっても役立つサインです。

ただしその「違い」とは、わざと作り出すものでも、コントロールするための訓練による賜物でもなく、あなたの内側にあった「それまで恐れの原因となっていた観念」が変化したことで自然と生じるものなのです。

それは新しく生じるというより「元に戻る」と言っていい。
「恐れ」の影響下にあることは、あなたの自然な状態ではないからです。

違う反応を起こそうと「努力」しているとき、内側は変化していません。
本当の変化が起こったときには、努力は要りません。

たとえば、あなたが台所に行って、やかんを見たとします。
何も思わないかもしれないし、あぁ、やかんだなぁ、と思って少し注意して見るかもしれないし、ただやかんを使うかもしれません。

あなたはそのとき特に何も努力していません。
あなたの心に浮かぶ目的に沿って行動するかもしれないけれど、平常心です。

ところが、あなたが眺めるものが恐れの対象だったら?
想像してみてください。全く違う反応が浮かぶでしょう。
「態度」だけを平常にする訓練をしたとしても、あなたの内側では葛藤が起きてしまいます。

感情に蓋をしたり、うわべだけ策を講じてコントロールしたりすることは、根本にあるものを引き延ばして持続させこそすれ、本当の解決にはならないのです。

ただの自分でいるときと、何らかの感情の「色」に染まって、その状態で世界を経験しているときと。その、違いを自覚してみましょう。

感じていることを元に、自分が一体どんな観念によって「色付け」をしているかを知る。
感情はそのように「知る」ヒント、解いて中を見るようにと「注意を引く包装紙」です。

どんなときでも、湧いてくる感情を手がかりに、自分自身の内側に何があるかを解明することができるのです。その機会を、生かしてくださいね。


ブログランキングに参加しています
1日1回のクリックが反映されます

精神世界ランキング


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
(対面、スカイプ、電話)

「セッションについて」
「お申込みのご案内」

 

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.