BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

他者という鏡なしには身支度できない

「他者という鏡なしには身支度できない」。これは比喩です。
他者の存在があることで、あなた自身を発見できるということをお話しします。

☆☆☆

身支度するときに、鏡を見たことはありますか。
全く見ないという人もいるかもしれませんが、見ると便利ですよね。
映されたあなたの姿を見ることで、どこがどうなっているか、様子を「確認」できます。
自分では見づらい箇所も、映してみることができますね。

「現実」という鏡でも、同じことが起こっています。
特に今回は、あなたの関わる「他者」についてフォーカスします。

☆☆☆

他者も、その他の現実同様に、あなたを何らかの形で映し出してくれています。
でも、それは「直接」あなた自身の姿とイコールであるという意味ではありません。

他者との関わりの中で、あなたが感じる内容は、色々あるでしょう。
あなたの内側で起こったその内容に、意味があります。
そこが「鏡」の意味です。

あなたはある人を好きかもしれないし、嫌いかもしれないし、
共感するかもしれないし、反発を覚えるかもしれないし、
興味を持つかもしれないし、全く興味が湧かないかもしれないし、
特定の思いが心に浮かんで、そのことについて考えることになるかもしれません。

どのような内容であろうとも、「他者」があることによって、あなたは、あなたの心に何かを起こすことができました。

他者との関わりの中で、あなたの心に「何が起きているか?」。
それを見ることによって、あなたは、「あなた自身を知ることができます」。

他者と関わるとき、あなたは自分を発見しています。

その関係は、鏡に向かって右手を挙げれば右手を挙げた姿がそのまま映るというほど単純ではありませんが、よく見ると、あなた自身のことを必ず「より理解する」ことができます。

ある人とあなたは、凹と凸の関係に見えることもあるでしょう。
そっくりに思えることもあるでしょう。
何かがシンクロしていて驚くことも、
ヒントを与えたり、与えられたりすることも、
どのような対応関係が起こっても、
あなたはそこに何らかの形で「あなた自身」を発見するでしょう。

☆☆☆

他者と関われば、あなたは必ず、何かの形で「自分を映し出してしまいます」。
あなたは「自分ヴァージョン」のすべての人を体験しているからです。

あなたは、本当の意味で「他者」を体験することはできません。

心が揺さぶられたり、影響を受けたり、傷ついたり、惹かれたり、憧れてやまなかったり。
それらは全部、しっかり見つめるならばあなた自身を映し出し、あなたの気づかなかった側面や、これから認識していく何かのヒントをくれるのです。

そう、ちょうど鏡を覗くように。

☆☆☆

他者との間に起こるそういった動きが、煩わしかったり、怖かったりしたら?
あなたが本当に恐れているのは「自分自身」なのですが、
形だけ見たら、自分だけの世界に引きこもっていれば「安全」に思えるかもしれませんね。
リスクはないというように錯覚できるかもしれません。

でも、そのとき、あなたはあなた自身の姿を確認するのを放棄する、
知ろうとするのをやめてしまう、ということになります。

パタンと鏡をふせて、自分を見るのを一時的にやめたとしても、
あなたは永遠に存在し続けるので、やがてまた、映し出した自分を見つめるでしょう。

「怖い」と思うのをやめて、あなた自身を直視するとき、
あなたは他者とも、心の交流を持つことができるのです。

Take it easy.
あなたはあなた自身の側面と、いつも向き合っています。
どうしても、誰も「あなた」を通さずには、あなたと関われないんです。
そのことを、忘れないでいてくださいね。


ブログランキングに参加しています
1日1回のクリックが反映されます

精神世界ランキング


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
(対面、スカイプ、電話)

「セッションについて」
「お申込みのご案内」

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.