BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

内側にある宇宙として眺めよう!【ご感想紹介と解説】講座「宇宙文明との繋がり~公式コンタクトに向けて1~」

こんばんは~。

寒くなってきて、夜空が澄み切ってきましたね。
星が眺めやすい!そしてスターシップやUFOも……※。
※注:昼間でも見えます。

というわけで、今回は、11月5日の講座「宇宙文明との繋がり~公式コンタクトに向けて1~」のご参加者からいただいた、ご感想紹介と、解説です。
特に記事の後半部では、すべてに共通となる、大切な着眼点を述べます。

私の講座レポートはこちら「講座レポートと、異次元施設とサモアの夢。『宇宙文明との繋がり~公式コンタクトに向けて1~』」

beats-and-love.hatenablog.com

人間種の肉体的なお父さん、お母さん。

いただいたご感想を見る限り、この回の講座では、物理的に見た場合の「今のような人類の形の起源」としてフォーカスしお話しした、「アヌンナキ」の話が印象に残りやすかったかな、と思いました。

そこから感じた、今一度強調したい「留意点や理解の鍵」について、最後にまとめます。
また、「公式コンタクトに向けてシリーズ」2回目以降ご参加する方のためにも、ここで基礎となる情報を一部だけ解説しておきます。
ただし、とても簡略化しますので、詳しい情報は講座で聴いてくださいね。

5日の講座に参加された方は、復習と、各認識を深めるためにご覧ください。

ご先祖は空からやってきた。

アヌンナキは今のような「人間種」の肉体的なお父さん、お母さんに当たると言うことができます。彼らは他の星から地球にやってきて、地球にすでにいた生物と自分たちとの間に、新種の生物を誕生させました。

その子孫が人間です。また、もっと後の時代からは、他の種の異星人たちのエッセンスも混じることになりました。

アヌンナキという名称は、シュメールの人たちの彼らへの呼び名です。
講座では、彼らの出身の星や経由地(移住地)、そして基地と考えられる星についても説明しました。

もちろんそれは私の見解、さらには「並行現実」をも考慮に入れると、色々な可能性の現実も存在するということを前提にして、です。

地球自体の、人間以外の生命形態(たとえば恐竜など)や、もっと前の歴史というのは、この場合の「起源」の範疇ではなく、あくまで今私たちが経験している「人間種」の元というお話をしました。

私たちの姿を見るとわかる通り、アヌンナキと呼ばれた存在はヒューマノイドであり、彼らは地球人と関わる複数の異星人種のルーツでもあります。
その観点から、私たちに肉体的に近いグループ、他の星の文明の種と、それ以外の種とを紹介しました。

参加者からいただいたご感想

まずは、ポルンガさんからのご感想です。

★★★

今回は人類誕生の話を中心にとても楽しく勉強をすることができました。

アヌンナキについては名前は知っていたのですが、詳しいことは知りませんでした。今回の講座に参加する前までは、人の姿とはかけ離れた一つの存在なのかと思っていました。

しかし、アヌンナキとは一つの種族の名称で、その中には王族がいたり階級があったり、人類の祖先に好意的な存在もいたりと、いろいろな個性があったことが興味深かったです。また、シュメール文明について調べればアヌンナキ達の名前まで記載があるなんて、すごいですね。私はそこまで自分で調べる気力がないので、今回の講座で初めて教えていただいて良かったし、アヌンナキ達が何世代かにわたって人類創造に関わったことを知って少し驚きました。

また、いろいろな文明の宇宙人がいるらしい事が分かり興味深かったのと、SF映画に出てくる人物の服装の話になったときも、宇宙人達の文化的な面を想像するのも興味深いと思いました。

これからの生活の中で、自分自身の体験として宇宙人関連の出来事なのでは?と思うような夢や出来事が万が一にもあれば、気に留めておこうと思います。

ポルンガさま★

★★★

続きまして、ヘーゼルナッツさんからのご感想です。

★★★

こんばんは。

5日はどうもありがとうございました。とても楽しかったです!

エンキやエンリルの話については、私は彼らのことをカワイイとすら思ってしまいました。「神」でも「陰謀」でもなく、なんかカワイイなって(笑)。

そして、アヌンナキルーツであろう風習や観念やらも、地球での人生の中で私達も色んな意味で楽しませてもらって来たんだなと、感謝の気持ちもわきました。望ましくないものはもちろん大迷惑ではありますが、大きな視点に立って感謝の気持ちで眺められるところまで来ているんだと思うと、かなりの感動です。group hugしたいです(笑)

力は外にあるのではないと気づいた上で、楽しくクリエイトしていく意図ができる段階まで来ているなんて、ワクワクします。

masumiさんの伝えてくださる内容は、偏った考え方へ繋がってしまうようなことがないところが、私は心地よく感じていて好きです。その中にある、大切な要素を掴み取りやすいです。

懇親会もすごく楽しかったです。優しいエネルギーの方たちばかりなので、ついつい安心してくつろいでいると、あっという間に時間が過ぎ去っていてびっくりします(笑)

本当にどうもありがとうございました。次も楽しみにしています!

★ヘーゼルナッツさま★

★★★

ポルンガさん、ヘーゼルナッツさん、ご感想と掲載の許可をいただき、どうもありがとうございました!

内側にある宇宙として眺める。あなた自身の中のドラマを楽しむ視点。

講座でも、ブログ記事でも、個人セッションでも、私が宇宙文明や異星人についてお話しするとき、彼らを「分離した自分の外にいる存在」として見るのではなく、「内にある自分の側面として眺めるように促す」、という共通した姿勢があります。

なぜなら、それを見失うと、あなたは「地球ゲームに没頭していて、『存在』としての自己を忘れてしまっている状態(地球人のこの人生の個人としての自分に同一化した状態)」のままで、「外にいるもの」として異星人を見てしまうからです。

その見方は、この地球で繰り返されているドラマの「延長」にすぎず、視野が限定されていることに変わりはありません。

ぜひ、そこから抜け出してください。

地球人としてのものの見方や観念にどっぷり浸かった「思い込みの自己」と、自分を同一化しないでください。
なぜなら、あなたはそうではないからです。

私がこういうお話をする目的は、あなたがそれらの観念をゆるめ、「より広い自己」の自覚を取り戻すためなのです。

感情が出てくるとき、何を信じているか、自己の内側を確かめよう

今回の講座後、アヌンナキについて、私が講座でお教えしたのとは異なる見解をお持ちの方で、彼らを非難する思いや、感情があるということを教えてくれた方もいらっしゃいました。
(それについて、別の回の講座で復習として扱うかもしれませんが、記事には掲載していません。ただ、きっと同様の解釈、感情をお持ちの方もいらっしゃるのではと思い、ここでふれています。)

それは私自身にはない見方で、以前の記事で、トピックによっては講座中見られた様子(あるいは、一般的にも多くありそうな反応)を、「アヌンナキへのガッカリ感」とギャグでお伝えしましたが、私自身は一度もそのように感じたことがないのです。

情報として世に出回っている、一部のアヌンナキへの解釈には、大きな誤解と、人間の観念の投影があると感じています。

それは私から見ると、「本当はこうであってほしい」という理想像があるからこそ、激しく像が歪むという事態に似ているようにも思えます。

まず、誰もが、自分の現実を選択しています。どの時代であっても。
あたかも「出演する劇」を選ぶがごとく、参加する現実の「環境や条件」すら、あなた自身が決めます。

よく考えてください。対象が「神」でも「高次の存在」でも「宇宙人」でも、救世主や万能の存在、自分たちを教え導くような存在を想定する方が、自身の力を忘れた自己には「楽」なのです。
彼らに依存できるからです。
その上、「力を持つ悪い神や、悪意のある宇宙人」がいれば、人間世界の問題やアンバランスを彼らのせいにもできるでしょう。

地球人が他の星の種と公式に(集合的に)交流しなくなったのには、「地球人自身でやりたいこと、達成したいこと」があるからに他なりません。
異星人に自分たちの選択を凌駕する力があると思いこんだり、「良い宇宙人・悪い宇宙人」と分け、二極化の中で「良い宇宙人」には期待するなら、結局はかつて異星人を「神」と崇めた姿勢の二の舞です。

思い出してください。

歴史というのは色々なことを教えてくれますが、それは「今」のあなたを制限するものではありません。
あなたの「今」の選択は、決して「過去」に縛られ得るものではないのです。

「時」は幻想であり、あなた自身が時の使い手です。
直線的な、一方向的な時間の観念から抜けてください。

「現在の自分の世界の箱」から他の文化や時代を理解することはできない

また、今回の講座でも説明しましたが、歴史を見るとき、「今の常識」を基準に物事を考えると、大きな過ちを犯します。

各時代の環境も、常識も、何もかも条件は異なるのです。
それは異星人に対しても同様に言えることです。

「現代の地球人」がなじんでいる思考、今の自分が善悪や常識と信じているルールに基づいて、彼らを理解することはできません。

各文化なりの理由、背景、それらは全て「今の自分の世界という箱」から出なければ、眺められないものです。

魂、「存在」の自己の観点に戻りましょう。

すると、宇宙はあなたの内側にあり、「異星人」に見える存在たちも、あなたが「今フォーカスしている自分」ではないだけで、別の自分であるということがわかるのです。

次回の講座は、12月17日(日)14時~です。
この回のご参加は懇親会がもれなく込みで、17時過ぎに終了します。


ブログランキングに参加しています
1日1回のクリックが反映されます

精神世界ランキング


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
(対面、スカイプ、電話)

セッションについて

お申込みのご案内 

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.