BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

地球に抱かれたい

上弦に向かう三日月がきれいだった今夜。

この記事のタイトルは、「地球に抱かれたい」
近頃の自分の実感を、こんな言葉で表してみました。

今年が明けてから4月までの間は、そのずっと以前から少しずつ感じていたことがようやく「表層に上ってきて自覚できた」時期でした。

……ああ、だから私はこういうことに惹かれていたのか。
日常の中でも、こんな風にライフスタイルが変化していったのか。
人生に、そういう要素を望んでいたのか……。

そういった数々が心の中で結実し、次なる行動へと進むとき。

心の繋がっている物事や、直接体験の価値が増す

ずいぶん前から、「ヴァーチャルに飽きた」というお話を記事でときどき書いていましたが、それは日常の暮らしを眺めても、自分にとっての「実」と「虚」とがはっきりしていて、自分の心が繋がっていない物事の価値がどうにも薄れたということです。

これについてはたびたび言及していて、2016年にはこんな記事を書いていました。
今でも感じていることが要約されています。

「バーチャルに飽きる」

beats-and-love.hatenablog.com

また、私にとっては直接体験の価値が増し、じかの交流の意義は深まっているのでした。

ヴァーチャルのヴァーチャル

霊的な視点から見ると、「存在」というリアルな自己の立場からすれば、地球体験はある意味で仮想現実(ヴァーチャル)です。
経験自体は実在しますが、そこでのキャラクターやストーリーは「自分のすべてではなく」、自分自身が創作し出演もしている、映画などの作品のうちの1つ……のようなものです。 

そんな地球体験の中で、さらなるヴァーチャルの世界、つまり自分が直接体験していない情報や関心の伴わない物事へと心を注ぐことは、私にとって「虚」の体験、実のあるものではないと、その落差が感じられるのでした。

それでは、生きている間に、自分が「実」と思える体験にフォーカスしよう
それをこそ、選択して生きよう。

そう意識することは、人生に充実を感じられるか否かに関わってくることです。

地球生活で求めることは何か

ただし、何を望み、何を充実と感じるかは人それぞれです。

私にとっては、「自分の人生には必要だと思うもの」の中に、

・自然とのつながり。動物が生きていること。

が挙げられるのだと気づきました。

山などの奥地や手つかずの自然の中で暮らしたいと思っているわけではないのですが、現在の暮らしで、周辺の環境を見ていると、
なんで、こんなに人間以外の動物が少ないの?と思ってしまうのです。

野良犬も見かけなくなった今の環境は、私には「何かが欠けている」気がします。
何種類かの鳥、ハトやカラスといった動物は日々目にすることができますが、それでは物足りないのです。

この環境はシンプルに、私には疑問を呈する状況で、その解決策としてコンパニオンアニマル(ペット)と暮らせば?というのはちょっと違います。
必ずしも、自分が動物を飼わなくてもよいから、日常的に動物をもっと目にしたい。
もう少し多様な動物が生息している、そういう環境で生きたい。
これは、私のかなり切実な願いなのではということにやっと気づきました。

植物についても同様です。
街路樹や公園の緑を「自然」と呼べば、「自然、あるじゃん!」とも言えそうですが、それは私には違っていて、もっと野生の生命力のある植物が見かけられる環境にいたいと考えてしまいます。

昔は、この種の湧き上がる思いを、「自然の中で自給自足の暮らしをしている人たちと自分は違うのに(その経験もないくせに・できないくせに)、贅沢な願いだ」という感じで自ら否定していましたが、思いのほか私の人生に大事な要素だと最近認めるようになりました。

それから、もうひとつ……。

自然と関心の向くことが、インターナショナルな要素を持っている

常にそうでなくともかまわないのですが、私にとってはある程度インターナショナルな要素に接する機会を持つ方が、心がいきいきすることがわかりました。

食などの好みもそうですが、生まれながらに興味が向くものの多くが「他国の文化」に属していて(それは育った家族とは全然異なる独自の好みで、環境のせいではありません)、それはどうしようもないものです。

夢に出てくる人たちも幼少期から地球全体津々浦々の人々で(もちろん地球外の人もあり)、色々なところの色々な人たちに何とも言えない親近感をおぼえます。

日本国内でも比較的、海外の人々を日常的に見かける街で暮らしていたときには、その光景に安らぐことに気づいていましたが、今では国内のそうした街で暮らすことに全く興味はありません。
やはり自分の足で、心向く文化の現地を訪れるのがいいだろうと考え始めました。

すると、「関心はあるけど実際に行きたいというほどではない場所」と、「自分自身で経験したいと思っている場所」の違いも浮き彫りになってきます。

私の場合、世界中を旅したいという願望はあまりなく、際立って興味の惹かれる場所や文化ははっきりしています。

そして、一見そこに理由などないように見えていたものが、近年では、「自分の意識内にある概念や世界観と、そこで信じられている概念や伝統に共通点がある」ということもわかってきました。

現地まで行かなくとも、「日本にいて、それを体現する」という生き方が大事なのかな……と最近まで考えていましたが、どうもそれではおさまらない何かがある気がしています。

ひとりひとり異なる、地球での充実感

「この地球で生きる際に、自分が大切にしたいと感じること」は、単なる夢や望みというよりも、「なくてはならないもの」、「それを否定したり遠ざけたりすると、生命力が枯れていくもの」でもあるのです。

先に書いたように、その内容は、ひとりひとり違います。
あなたには、あなたの個性があり、あなたの魂の求めるものがあります。

あなたの見ている世界、あなたと一体である世界

「地球に抱かれる」と表現した感覚にも、共通の型はありません。 
どんなときにあなたは、この地球で生きていることの深い充実、見ている地球という世界との一体感を味わうでしょうか。

確かにそれは、いかなる環境でも感じることが可能なのです。

日常の中で、ちょうど「自分の夢の中であると気づいている明晰夢」のように、前方に見えるビルすらも自分の一部であると、そこには明らかな繋がりがあると、気づいていることも可能でしょう。

でも、どれだけの人がそれを常に意識して、「無目的に」行うことができるのでしょうか。

それよりも、確かで簡単な道が、誰にでも用意されています。
あなたの魂がナビゲートしてくれている方向へ、素直に動くということです。

あなたの中での分離は、外の世界(状況)での分離という形であらわれます。
あなたがあなた自身の魂と一体であるとき、そこに隙間を作らないとき、地球とあなたが一体であることを感じることは容易で、自然なことです。

どんな至福の思いも神秘的な瞬間も、あなたの内から現れてくるものなのです。


ブログランキングに参加しています
1日1回のクリックが反映されます

精神世界ランキング


スピリチュアルカウンセリングその他メニュー

お申込みのご案内

個人セッションについて

※都内での対面セッションは、5月中に終了します。

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.