BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

選択のマスター~心は決まっているのに迷うとき~

人生は、選択の連続です。
自分が何を選ぶかということに熟達している人は、人生のマスターだということもできます。
私たちのほとんどが、その訓練の途上にいます。

今日はあの靴を履くか、この靴を履くか…
1本早い電車で行くか、その後で行くか…
人と会うか、会わないか…

些細に見える日常の選択から、あなたにとって「大きい決断」と思える選択まで…
あなた自身の本心・本質に沿った道を選べるよう、ヘルパー存在たち※も助けています。(※ヘルパー存在とは、肉体を持たなくてもあなたをサポートしている存在。一般に色々な呼び方がありますが、私はまとめてヘルパー存在と呼んでいます。)

ただし、一番力を持つのは自分自身。最終決定は自分です。
ヘルパー存在のように肉体を持たない存在も、他者も、あなたの意思を変えさせる力はありません。

どんな経験も有益。でも、今のあなたに適した選択肢がある。

選択の話題では度々お伝えしていることですが、あなたが何を選び、何を経験しても、それはそれで有益なのです。
たとえば、あなたにとって本意ではない、明らかに適さない選択をしても、その適さなかった経験をあなたは「活かす」ことができます。そこから学ぶことができます。

結果として、「どれが最善だったか?」というのは、あなたが「すべてを眺める視点」から、人生の始めから終わりまでを総合的に眺めて、他の並行現実※とも比較して、それでもなお、答えを出すのは難しい問題になるかもしれません(笑)
※異なる選択ごとの並行現実が存在しています。

ただ、あなたの本質的なエネルギーになるべく沿った選択をすること。
言い換えれば、自分自身から逸れないこと。

ある見方からすれば、それが「最善の人生」と言うことができます。

なぜなら、そうすることで、魂としてのあなた自身が、この人生でこうありたいと願っていることを最もブレなく達成できるからです。

その意味で、常に、「今のあなたに最適な選択は存在する」ということ、
それは「あなたの本質的なエネルギー、持っている純粋な本心を、選択に反映させることだ」と、覚えておいてください。

人によっては、あまりにも誰か他の人のために生きすぎていて、自分の本心を見えなくしてしまうこともあります。
あるいは、頭で学習して覚えた「理想」や「成功」、身に付けたルールに自己を同一化しすぎて、本当に自分がしたいことを無視してしまうこともあります。

そういったときには、「苦しさ」として、ちゃんとサインが出るようになっています。

何度間違えても……自分の本心から逸れたり、失敗したと思っても、人生が終わるまで、なすすべがないということはありません。
常に「そこから」、気づいたその時点から、あなた自身の心に忠実になって、選び直すことができます。

心が決まっているのに迷うとき、発見できる恐れ

私たちに多くありがちなのは、「自分の心の希望はわかっているのに、それをそのまま選択に反映させないこと」です。

どうしてでしょうか。
自分の心が決まっているのに迷うときは、誰か他の人の反応を気にしていることが多いです。

その対象となる相手は、社交や仕事で関わる相手といった「できれば良好な関係でいたい」人々の場合もあれば、親しい友達、家族や恋人といった近しい関係の人々の場合もあります。あなたにとって「重要性」が大きい相手であればあるほど、相手の反応を気にする度合いも増します。
もっと言えば、あなたが今後関わることはないであろう、「通りすがりの人」に対してであっても、同じことが起こる場合があるのです。つまりこれは、相手ではなく、自分の心の持ち方の問題なのです。

私がこの選択をしたら、相手を悲しませるのではないか…がっかりさせるのではないか…嫌な思いをさせるのではないか…など。
人がどう思うか、どう感じるかという「恐れ」が大きければ大きいほど、その恐れがあなたをがんじがらめにし、その結果、自分の心に沿った決断をしないことを「選択する」のです。

意識して「選択した」つもりはなくても、いつの間にか人生を、なあなあのまま、他者の反応を重要視して進めていることもあります。
そして実際には、それが本当に“他者の意思”なのかどうかすら怪しいのです。

自分の中に元々存在しない考えは、取り入れることができません。
私たちは誰もが、「自分の中で解釈した意味のみを、自分仕様で取り入れています」

もし、あなたが長い間、「誰かが自分にこう振る舞ってほしいと思っている。こう期待しているんだ。」と信じていたことが、本質的にはあなたの想像(創造)にすぎないとしたら、どうでしょうか!

これはとても大切な点です。
この意味が本当に理解できたら、(そしてもし、これを読んでいるあなたが今も、他者の反応が気になって自分自身を生きられないように感じているなら、)あなたの心にある「呪縛」は解けるでしょう。

あなたの本心に沿わない選択をすると…

あなたの本質から逸れていくとき、あなたのエネルギーは葛藤を起こします。

あなたが「恐れ」から自分の本心に沿わない選択をしたとき、あなたのエネルギーは、自分がそうしたくてその選択をするときのエネルギーとは、全く違っています。

自分の本心との葛藤があると、それを埋め合わせるために何らかの代償行為が必要になったり、虚しさが感じられたり、生きることが苦しみに変わったりします。

前半でお伝えしたように、それを解決できるのは、まず自分です。
あなたをサポートする存在は多くいますが、あなたが「自分自身を生きる」と決断したときに、彼らはその力をより一層発揮できるのです。

先の例では、選択に際して「人にどう思われるか」という恐れを挙げましたが、そのほかにも、「世間的に見たらどっちが正しいか」とか、「将来的にはどうなのか」などの頭ではじき出す「結果の想定」というのがあります。

たとえば、あなたが「世間的に見たらとても良い条件なんだろうな」と思える、オファーを受けたとします。

ところが、あなたの心はうれしくありません。
あなた自身のテイストや、感性と、何か合わないものを感じているからです。

でも、こんなチャンスは二度とないのかもしれない。
いやでも経験してみないと、先の扉は開かないのかもしれない。

そんな風に「自分を説得して」迷っているとき、「あなたの心はすでに決まっている」ことに気づいてください。本心を正直に認めるということです。

それが確認できたら、あなたの中で決まっている結論を、覆す必要はありません。

もし、周りの人たちが「考え直したら」と言ったとしても、それで成功した人や見本があるのだとしても、あなたはあなたの決断をすればいいのです。

現実にあらわれる「自分の心の世界の劇」と、それを使った自己判定

面白いことに、自分の持っている迷いを、現実が「再現」してくれることがあります。
何かに迷っていたり、あることを心の中で逡巡していると、その内容を再現するようなセリフを人から聞くことがあります。

たとえば、あなたが「条件はとてもいい仕事なんだから、一度はやってみるべきなのでは」という点で、悩んでいたとしましょう。
すると思わぬところで、あるいは身近な人やあなたに影響力を持つ人が、「条件はとてもいい仕事なんだから、一度はやってみて、それから考えたら」と迷いの通りにコメントしたりするのです(笑)

これは、あなたの現実が、他者を使って、あなたの心の状況を見せてくれていることにほかなりません。

大事なのは、それを「外から言われて」あなたが本心でどう思ったか、どう感じたか、です。

それを聞いて、どんより重い気持ちになったのなら、あなたは「それを望んでいない」とわかりますね。
もし、「その通りだ!」と胸がときめいたなら、「やってみたい」と、自分が思っていることがわかります。

外の状況はあなたの鏡というのは、こういうことです。

自分の気持ちをクリアーに知る「自己判定」のために使うのです。
いったん、自分の外のものとして体験するというように、心の中身を「外在化」することで、自分自身の気持ちをより明確に自覚することができます。

周りに現れてくれるたくさんの“使者”たちに、感謝したくなりますね(笑)
それは偶然ではないからです。

肯定的な経験・否定的な経験、どんな内容のメッセージを伝えてくれる人たちも皆、あなたに貢献していて、「聖なる出会い」なのです。

選択のマスタリーコース

ひとりひとりが、自分の人生の選択のマスター。
山あり、谷ありと思うときがあっても、あなた自身を観察し、経験から学んだことを活かし続けるなら、あなたの選択におけるスキルは確実に熟達していきます。

怖いこともあるかもしれません。
自分を生きるということに、勇気が必要だと感じることがあるかもしれません。

でも、あなたはひとりではありません。
あなたが「自分に戻っていく」ことをすればするほど、心からあなたを励まし、一緒に喜んでいるチームメイトたち(肉体のある・なし関係なく!)の存在を実感できますよ。


ブログランキングに参加しています
1日1回のクリックが反映されます

精神世界ランキング


7月の講座「スピリチュアルな恐れを解消する」
平日クラス…7/20(木)14時から16時
週末クラス…7/30(日)14時から16時
お申込み受付中です。詳しくはこちらの記事をどうぞ。↓

beats-and-love.hatenablog.com

スピリチュアルカウンセリング個人セッション
(対面、スカイプ、電話) 

「個人セッションについて」
「お申込みのご案内」

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.