BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

テンション高くてもゆるしてあげて

明日は結果として「今年初」になった講座!
前回は12月23日だったんですね~。私にはなんだか、12月がとても昔のことのように思えますが、皆さんはいかがですか?

beats-and-love.hatenablog.com

今回は、懇親会も楽しみで……
なにせ懇親会を開くのは初めてなので、早めに講座をお申込みくださったメンバーの方とは、「人数が少なかったら周辺のお店に適当に入るのでもいいですね」という風にお話ししていたんです。
ところが、よく考えたら土曜だし、ご参加者だけでなく「私」の人数も入るわけだし(笑)、当日まで何人になるかもわからない……入れるお店がなかったら?と気づいて、運良く必要な時間分空いていた、講座と同じ会場を借りました。

講座の2時間はいつも、けっこう詰め詰めに内容を詰め込んで、集中した時間が流れます。
私もフルにしゃべるし、ご参加者にとっては緊張感もあるかもしれません。
終了時間いっぱいいっぱいまでかかることがほとんどです(ときどき、はみ出ることも)。

ですから、今回の懇親会では、それとは一味違うオフモードで、和気あいあいとおしゃべりできたらいいなと思っています。

お知らせに記載しなかったのですが、みんなで食べられるお菓子はご用意してあります。講座で集中したエネルギーをほぐしながら、くつろいでお話ししましょうね♪
今回講座へのご参加が無理だった方も、次回はぜひ!

☆☆☆

さて、今日のタイトル「テンション高くてもゆるしてあげて」は、あなたと交流している様々な存在、ガイドや天使などを含めたヘルパー存在についてです。

誰かを通して…もしくは直接…そういった存在と交流してみると、こんな風に思うことがあるかもしれません。

「なんでそんなにテンション高いの!?」
「なんでそんなにふざけてるの!?」

ダジャレ風に表現してくる…やたらとジョークが好き…基本的にハイテンション・ごきげん…いつも遊んでいる…などなど。

一体なぜ?

もっと神々しい存在だと思ってたのに!
慈愛にあふれた、私を慰めてくれる存在だと思っていたのに!

なんて思ってしまう方も、いなくもない…かもしれません。

もちろん、そういった存在にも、様々な個性があります。
今回お話ししているような内容に、該当しない存在もいるでしょう。

ただ、わりと多く、「ごきげんな存在」と交流する機会はあるかと思います(笑)

なぜなら、あちらの次元(便宜上「あちら」と呼びます)では、遊びに生きているというか、よろこびが基本というか……

肉体を維持しなきゃいけない!と考える、「生きるために生きる」ような人間の生活と違って、いわば「楽しむことがお仕事」だからです。

ですから、
異次元や“天界”の存在って、なんでそんなにふざけてるの!?
こっちは病気とか、苦しみとか、色々あるのに!

なんて責めないであげてくださいね。

特に、人間体験をしたことのない存在にとっては、(たとえモニタリングしたことはあっても、)私たちのような「観念」にのっとった考えや感情は、わかりません。

興味を持ってくれていることはあっても、あまりに違っているので、わからないという場合もあるのです。

地球体験は、「ぬるま湯」ではありません。
どちらかというと、マッチョな、経験値手っ取り早く上げたいよね!」的な、やる気さかんな存在が参加しやすいゲーム設定です(って、私たちのことですよ!笑

なかなか他には類を見ない、強烈な体験ができちゃいます♪
そしてそれは魂の「Strenthen」として働く、格好の機会なのです。

そのように「自ら選んで参加している」私たちのことを、ヘルパー存在たちや、他の次元から眺めている存在は承知していますから、

どう?楽しんでる?
うわぁ、すごいねぇ。エキサイティングだねぇ。

なんて、目を細めて見ていることもあるのです。

それどころか、「死んでも死なない」ことを知っているわけですから、応援してくれつつも、その観点は私たちの「一般常識」と全然異なるわけですよ。

ここで思い出していただきたいのは、彼らという「別の存在」がそんなあり方なわけではなくて、私たち自身の「自己」もそのような存在なんだ、ということです。


たとえば、私は昔、ひどく苦しかったり、落ち込んだり、もがく経験もありました。

そんなとき、「明日、このまま目覚めなければいいのに…」と、心底絶望的な、真っ暗な気持ちのまま眠って、その夢の中で……

自分自身が天真爛漫にふざけてたり

夢の内容や、そこでの様子に「寝笑い」して目が覚めたりして

一体なんなんだ、と愕然としました(笑)
(このブログに載せている「夢」の記事を見ていただくと、何となくその感じもわかっていただけるかと…。)

苦しんでいるはずの自分が苦しんでいない、そんな状況をたびたび「見て、体験した」ことで、スピリチュアルな歩みは加速したと言えましょう(笑)


あと、このテーマで思い出したこと。私がかつて精神世界系の会社に勤めていたとき、そこにいたみんなで「チャネリング」が話題になったことがあったのですが、

メンバーの中でも特に、一見しただけだときっと「チャネリング好き」には見えないであろう、普段から知的で落ち着いた物腰の男性が、

昔、チャネリングを習う講座に参加したことがあって、練習したら、
英語・日本語交えて、ものすごく流暢に韻を踏みながら
語りかけてくる言葉が流れ込んでくる体験をして、怖くなってやめた

と、語っていました(笑)

ご本人を思うと、そのような存在が現れることもむしろ納得がいく感じなのですが、「怖くなってやめた」というのが私的にはツボでした。
その存在も、きっと「繋がった!」とばかりに、ノリノリで張り切って語りかけたんでしょうね!(私が聞いた記憶だと、自己紹介的な内容でもあったようです。)
その方はいわゆる“チャネラー”ではありませんが、後に、本質的にチャネリングの能力を使うであろう、創造的な分野でお仕事されていましたよ。


ぽちっとお願いします

精神世界ランキング 


スピリチュアルカウンセリング個人セッション
対面、スカイプ、電話でお話しします

「お申込みのご案内」 
「セッションについて」

 

広告を非表示にする
サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.