BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

夢は義務という感覚ではなく、あなたを元気づけるもの

今回のタイトルの「夢」は、今度の日曜日(4月1日)の講座と同じ、「夢を叶える」というときの「夢」です。寝ている間に見る夢の方の話ではありません。

そしてこれからお話しする内容は、講座ではご参加者ひとりひとりと、さらに発展させて掘り下げます。

お申込み受付を継続していますので、まずは講座の話題から。

特定のトピックのみならず、これからの人生で望みが湧くたびに応用できる理解を身につける。

ご案内ページに「グループセッション」と書いたように、この講座は普段の講座以上に、ただ聴講していただくだけでOKというものではなく、あなた自身で、「現実レベルで」具体的に活用できるようになることに焦点を当てています。

どんなに講座で、そのとき「なるほど」と思ったり、何かができるような良い気分になったりしても、その後の生活で「そうはいっても……」と旧観念が戻ってきたことはありませんか?

「意識内のヒーリング」が講座タイトルについているのは、クラスで「伴って出てきた観念もスッキリさせていく!」ワークをすることを示しています。

取り上げた特定のトピックだけでなく、あなたが引き続き人生を歩んでいく中で、「叶えたいこと、望み、実現したいこと」が出てきたとき、応用できる本質的な理解を身につけることが大切です。

beats-and-love.hatenablog.com

当講座への質問の回答や、他の関連トピックは講座のお知らせ・ご感想のカテゴリをご覧ください。

beats-and-love.hatenablog.com

「夢を叶える」というテーマを何かの形ですでに学んだことがある方でも、それが本当に身になった実感のない方、きっといらっしゃると思います。
「私も過去には、このポイントが本当にはわかっていなかったなぁ!」という内容をしっかり盛り込んだ講座ですので、私自身はかなりおすすめしたいですね。

以下は講座に参加する方もしない方も、このテーマへの理解を深められるお話です。

夢を現実にする導きは常にある

以前、こちらの記事で、
「その導きに気づいていますか」

beats-and-love.hatenablog.com

開催する講座のテーマと私自身の流れとがシンクロすることを書きましたが、
それは「この講座テーマを定めたから、日常でもそれに関心が向いた」あるいは「自分の関心がそこに向いていたから、それを講座テーマにした」という単純なものではありません。

当人としては日常では見えにくい水面下の流れ私自身の魂やヘルパーチーム(ガイドたち)の導きと関連することなのです。

ですから、直観とは、ときに私たちにとって「思いがけない」ものになりますよね。
自身で自覚していない流れ、表層に見える奥にあるものに基づくからです。

でも同時に、意外性があるとは感じても、
「どこかでそれを知っていた気がする」
「そういえば納得がいく」
と、自分の中で静かに腑に落ちて、辻褄が合うのですね。

気づくか・気づかないかの差に関わらず、あなたの内側はあなたを導くことをやめません。

それは「あなた自身」であり、分離した別のものではないので、あなたは「あなたの望み」を受け入れることが大切なのです。

魂の声を聞くということは、そういうことです。

それを邪魔するのが、現実の経験から学んだ「観念」ですね。
恐れや、あなたの望みを否定する常識(あなたにとっての常識)として働きます。

つまり、あなたは自分で、あなた自身の望みを「もっともらしく」否定するのです。

夢は義務という感覚ではなく、あなたを元気づけるもの

あなたの魂が望んでいることを「夢」と呼ぶと、あなたが夢と考えるものの中には、そうではなく「夢と思い込んでいるだけのもの」もあり得ます。

それは観念や常識からあなたが「そうであるべき」と信じたことで、自分の「夢」と言いつつどこか重たく、義務のように感じられるのです。

本当の夢は、義務という感覚ではなく、あなたを元気づけるもの、
理由はわからなくても、「それを思うとエネルギーが湧いてくる」というものです。

安全の中にいて、心の活気がなくなっていることはありませんか

たとえば、恵まれた生活、自分なりの自由、平和な日々……と認めている中で、いつの間にか活気がなくなっている感じに気づくことはありませんか?

一体どうしてだろう? 何も「悪いこと」は起きていないし、「問題もない」のに。
そう考えるかもしれません。

また、そういうとき、「望む物事」も特にないように思えるかもしれません。

望み?叶えたい夢?そんなものはもう自分にはないよ。
そう思うことが、あなたの「安全弁」になっているのです。

変わること、未知と対峙することは「怖い」?

私たちが何かを望むとき、「未知」と対峙する気持ちになります。

実際に、「慣れ親しんだ生活」から出なければならないことがあります。
考え方を変えたり、行動を変えたり、環境を変えたりする必要を伴うことがあります。

それが「怖い」、あるいは「不可能だ」と思っていると、望み自体を「ないことにする」方が楽です。

でも、そのときの「楽」とは、本当の平安ではありません。
一時しのぎの「楽」です。

自分の内から湧き上がってくる感覚を無視して「安全な発想の中に閉じこもって暮らし続けていると」、あなたの生命力は「LOW」の状態になります。

それはそうですね、自分自身の本当に感じていることを「セーブしている」わけですから。

こういうとき、本質的にはあなたはどこも悪くない、問題ない、ただ、「自分の望みを自分で聞いていない」ということなんです。

この世でひとりだけ、あなたを不幸にできる者がいます。
それは、あなた自身です。

そしてあなたの夢を叶えてあげられる人は、やはりあなたなんですね。

すべては、あなたの意識から

でも、私たちはときに、自分の望みすら知らない。
真剣に、それを見極めようとしない。そのための時間も取らない。
そして、自分の望みでないことを「夢」だと勘違いして縛られていることもある。

これは第一の「修正が必要なポイント」です。

人の夢は、人の夢。あなたの心はそれを望んでいる?

たとえば現代社会だと、あたかも多くの人が同じように「これが理想の生活」と考えるものがあるかのように、誤った印象付けがなされることがあります。

いわゆる「セレブな」生活、高収入、物質的な豊かさ……
かと思えば、それを全て捨て去った対極にある生活で「聖なる」気持ちに……

色々な「モデル(型やお手本)」がありますが、どれもが「モデル」にすぎないことは明らかです。
モデルに安易に信頼を置くことはやめましょう。なぜなら、

ある人は、あることを心から望んでいて、叶うと幸せかもしれません。
それでも、ある人にとっての夢は、あなたにとっての夢ではありません。

ここを考え違いすることで、そんな必要はないのに、とても不幸になる可能性があります。
その原因はただひとつ、外部に「そういう人が、情報が、風潮が、あるから……」ではなく、あなたが自分を見ていないからです。

曖昧さの奥にある恐れと、本当ははっきりしている魂の望み 

「絶対に、こうしたい!」という強い意欲を持っているとき、選択や行動は容易です。

でも、先に述べたような「学習した観念」に染まっていて、「恐れ」の感覚があるとき、
それがあるがゆえに、
「自分の感覚が曖昧だと感じられたり」、
「何を選びたいのかわからなかったり」、ということが起こります。

講座個人セッションではそれを認識し、望みをこそ実現するお手伝いをしますが、まず、

自分の意識内を観察する習慣をつけると、あなた自身の魂からの「導き」に気づくこともまた習慣になります。 
自分の心の動きに対する「自覚」がはっきりするということです。

現実という「鏡」は、あなたの意識が送っているサインを映し出す

先にも述べたように、私は数ヶ月前から当テーマに関連した一連の気づきがあり、そのことは新たな「自分の進みたい道」をはっきりとさせました。

私の場合は、不確定要素はもちろんあるものの、「夢を叶える」という言葉が不要なほどで、自分が決断したらそれに沿う行動をひとつひとつ取っていくだけと理解しています。

振り返ると、かつても本質的に同じひらめきが度々あったのに、そのときは途中でなんとなくあきらめたり、目の前の生活に流されていったりしたのでした。

今思うと、そのようだった頃はまだ「満足し切っていない分野」があったからで、もっと言えば「何が自分を満足させるか」を十分に理解していなかったのです。

と同時に、自分と引き合うものが「変わらなかった」ことに感謝の気持ちも覚えます。
時が経っても、同じ夢が、逃げていかなかったのです(笑) 

この道に沿う過程で、また住まいと仕事の拠点を移動することになります。
それ自体は通過点とはいえ、引越し好きなわけでもない私には、これも意外な展開でした。

実は近年、★個人セッション★でお話しする方々のご相談で、ちらほら目立つキーワードが「移住」でした。
それも近距離の引越しではなく、郷里の土地に帰られるとか、ずっと気になっていたり惹かれたりしていた場所へ移られるとかです。
皆さんそれぞれ、目的や出発のタイミングは様々ですが、その後実際にほとんどの方が実行をされていたのも心に残りました。
(思い当る方々、移動した先でお元気でいらっしゃいますように!)

ひとつひとつのセッションは異なるので、はじめは、あえて共通テーマの下で眺めてみることはなかったのですが、
昨年は、時代的にも、核家族的あり方が変化したり、都心に集中する暮らし方がだんだんなくなっていったりするのではということを自然とよく考えるようになり、友達ともそのテーマで話していました。

今になると「No Wonder !」、私の中にそのエネルギーがあったんだなという気持ちです。


ブログランキングに参加しています
1日1回のクリックが反映されます

精神世界ランキング


★スピリチュアルカウンセリングその他メニュー ★

お申込みのご案内

個人セッションについて


★講座情報★

4月1日(会場で行う講座)
「夢を叶えることと、それに伴う意識内のヒーリング」

beats-and-love.hatenablog.com

オンライン(スカイプ講座)
明晰夢基礎~明晰夢に親しもう~」4/22, 29, 5/6(日)全3回

beats-and-love.hatenablog.com

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.