BEATS AND LOVE

スピリチュアリティー、根本の癒し、ヒップホップ音楽とライフスタイルや考えあれこれ

「黒ごきへの微妙な対応【全生物に I love you】」をnoteに公開しました

noteに「黒ごきへの微妙な対応【全生物に I love you】」を公開しました。

note.com

全文無料でお読みいただける記事です。

過去記事も読んでくださった方は、私が苦手な種類の虫をも克服し、全生物への愛情を持つようになったということをご存知かもしれません。

でも私は、都内で暮らしていた頃の虫への恐怖の真骨頂「ごきぶり」を私が今本当にどう思っているのかは、体験しなければ疑わしいという気持ちが残っていました。

同時に、過去の観念に基づくなら彼らに積極的に会いたくはありませんでした。
そんな気持ちを自覚していたのですが、ついにある出来事が起こったのです。
詳しくは本文をお読みください。

自然を愛し、生き物を愛する人たちはたくさんいらっしゃると思います。
そんな方たちに、今の私が感じていることを共有する記事でもあります。

エネルギーアニマルコミュニケーション(別な言い方をすればテレパシー)に興味がある方にもシェアしたい内容です。


「noteの読み方、楽しみ方。」

beats-and-love.hatenablog.com

 

「自分にぴったりは存在する! 道具やライフスタイルの快適さ」note公開

noteに「自分にぴったりは存在する! 道具やライフスタイルの快適さ」を公開しました。

note.com

<目次>
◇時代の流れだと自分を納得させつつ持ったスマホ、不要であることを実感
◇今の快適さのためにiPhoneのキーボードをGboardに
◇時代の流れだと自分を納得させることすら不要【自分の住みたい世界に住むこと】

日常生活、楽しんでますかー。
私たちは何かをもたらしてくれるような非日常を求めがち。だけど、一日一日の日常の中にぎゅぎゅっと、そのとき必要なことが詰まっているものです。

今回の記事は久々にライフスタイルや道具に絡めた話題です。
自分に何が必要か、何が余分なのかを考えたいという方には特におすすめ。単純に、スマホ関連の情報としても活用していただけますが。
本文にある通り内容は、私の挙げている具体例に限らず人生全般に適用していただけます。

精神世界の教えには、解釈そしてバランスを誤ると偏って実施してしまいそうになるものがあります。
たとえば、望みを放棄するとか、あきらめるということ。「Surrender」の概念とこれを結び付けると……あなたの望みを否定したり、自分は無力であると信じることに甘んじる言い訳に用いたりしてしまうかもわかりません。

私たちは誰もが創造者であり、自分自身や世界、事象をどう解釈しようと、自分の意識内の反映を見続けていることに変わりはありません。

日常を通してあなたが何を信じており、それをいかに形にしているかを認識すれば、無力というコンセプトに笑いがこみ上げてくるでしょう。

この記事が、あなた自身の現在をチェックして、「あなたが住みたい世界に住む」ことの一助になれば幸いです。


「noteの読み方、楽しみ方。」

beats-and-love.hatenablog.com

 

「WHY ARE YOU HERE ON EARTH? 目的と魂の指針」noteで読めます

noteに「WHY ARE YOU HERE ON EARTH? 目的と魂の指針」を公開しました。

note.com

<目次>
◇非物質次元と物質次元の「思惟上の段差」がなくなる
◇無目的に地球に放り出されたわけではない【目的という観念に囚われず、目的を生きる】
◇発見は思い出すこと・人生の指針

これはたとえですけれども、何が瑣末なことで何が大切なことかの判断をそっくり逆に捉えていたら、成したいことも成し遂げられず、内的にも充実しないでしょうね。

そこまで極端な例ではなくとも、案外「それじゃない」というところに自覚せずしてエネルギーをかけていることがあるかもしれません。
そうした勘違いをしていないかどうか観察するためにも、あなたの生きる指針を意識化すると、ものごとがシンプルになりますね。

この記事では「目的」や「指針」という言葉が出てきますが、
「私の人生の目的って何?」
と、外部を探し続けるような姿勢についてではありません。
あなたが自然とそれらを満たしている生き方があります。

難しいことではありません、むしろ最も楽なくらいですが、見る場所、エネルギーを注ぐところを正しく認識する必要はありますね。

経験する現実が、ますます非物質的な次元の様相になりえるこの時代、あなたの純粋なエネルギーを形にできるように。
外的情報のあれこれに、うっかり気が散っているときにも、この記事を思い出して。
記事は特定の「形」への誘導ではなく、あなたがあなたを生きること、その姿勢をバックアップする内容です。


「noteの読み方、楽しみ方。」

beats-and-love.hatenablog.com

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.