BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

トーニング

ふたたび、私自身のチャネルから、このテーマを書くすすめがありました♪

「トーニング」についてです。


トーニングに決まったルールはありません。
ただ心地よいことをやるだけです。

私がよくやるトーニング方法は、
好きな曲(ジャンルは何でも!)をかけて、
それに合わせて、まるでベース音とか、伴奏とか、
即興演奏のように、適当に好きに声を出していく方法です。

歌とちがうのは、そこに言葉がないこと、
ぼーん♪と、一音一音を確かめるように、
その中に入りこみぴったり一体となるように、丁寧に、音を長く伸ばすことです。


そうして声を出していると、今必要な音!というのが、
次々となんとなくわかり、その振動に合わさると気持ちいいです。


声を出しながら、色んな感覚を味わって、
心地のいい音があったら、長~く声を出してみてください。

色んな音の高さに移動してみたり、
口の形を「あ、い、う、え、お」好きな音にしてみたり、

ハミングにしてみたり、
高くて鼻に抜ける音にしてみたり、

低くて、腹から振動のくる音を出してみたり。

やわらかい音、はりつめた音、
ふわっと弱い音、消え入る音、
ボリュームをじょじょに上げる音、意識が遠のく音…


体も、好きな姿勢をとってください。

寝っころがってみたときと、
よつんばいになってみたときと、
傾いてみるのと、腕や手を動かしてみるのと、

立って声を出すのと、
あぐらをかいて背筋を伸ばして声を出すのと…

それぞれ、みんな違う感じがするから。


そうして音にゆだねます。
声の振動が、「私」を楽器にしてくれます。

私はこういうとき、遠のく感じやひろがる感じがしたり、
体の境界がなくなったり、
まったく別の場所の景色が見えたりすることがあります。


☆☆☆

ふと思いついて、
目線をぱっと下にさげて、おなかのあたりを見ると、
そこによく、ある子供たちの映像が見えるのですが

(それは、こどもの頃に妹と2人でつくった世界の住人たちで、
精霊のようなものと言ってもいいかもしれない。)

その子たちが、笑顔で「わーっ!!」と、はしゃいでいるとき、
私の生命力がいきいきしているのがわかります。

トーニングの後なんかもそうです。


その子たちがしゅんとして、元気なく悲しんでいたり、
まったく出てこないときもあります。


それらの状況は、自分で意識的に確認するというより、
ふとインスピレーションがあって、見ます。

すると、状態を知るのです。


彼らの「よろこび」は、大人の理屈にいっさい関係ありません。

魂が充電されるか、否か?のようなもので、

理性がいくら「正しい」とか「こうした方がいい」とかいうことでも、
彼らがしゅんとして、悲しい顔をしているなら「待て」とか「やめたら?」なのです。

逆に、「突拍子もないアイディア!」とか、「本当に!?」と思うことでも、
彼らが全力で「わーい!!」と走り回ってはしゃいでいるなら、

それは、十分信頼に足るのです。


トーニングからちょっと不思議な?お話になりました。

彼らの言葉や、
「体の声(ときにパーツ別)」は、私にははっきり聞こえます。

もちろん、感覚やイメージ(映像)で伝わることもありますが。

今度、それについても書いてみたいと思います。


クリックありがとうございます!

精神世界ランキング


スピリチュアルカウンセリング個人セッション

(対面、スカイプ、電話)

「個人セッションについて」
「お申込みのご案内」

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.