BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

天界からのバカンス

昔からそうなんですが、
きっとたいして特別とは思われないかもしれない、
小さなことの中に、ふと、非日常をみるのです。

それは、心の中に突如としてあらわれる深淵。
しんとした中での、ひとしずくの奇跡。

自分が消えて、きらきらした無言の受け手が聴いている。
浸透している。


何気ない出来事、
小さなエピソード、
日常のちょっとしたふれあい、

そういうものがどうにも貴重で、愛しく思える。


意識の内から、いつもささやかれる声。

「何もいらない。
あなたが、そこにいてくれるだけで。」

その言葉が、内への響きだけでなく、外へ向かう瞬間。


誰かの、いつかの、ワンシーン。
思い出すことはなかったかもしれないふとした記憶が、
何かのタイミングで語られる奇跡。

味わうように、糸をたどるように、
見つめて、話す、その人を見て。

今、この目の前で、過去のその人と、今のその人が交差する。
二重写しのように重なる情景。


こぼれるような、あふれるような気がする。
小さな、些細なものが、そこにある砂粒のようなひとつでさえ、
どうしてこうも、輝きをあまさず伝えてくれるのか。

泣きたくなるほどに、
ひざまづいてしまいたくなるほどに、輝きながらひろがるそれは。

「あたりまえ」と思っているそのときには、
気づかなかったかもしれない奇跡。


ストア(store)したい、
記録したい。
ここにしっかり刻みたい。


心は静まり、透明な受信者は、
浸透してくるたくさんの存在の、
何重ものオーケストラを肌で感じ、心で体感する。

たくさんの者として、また、ひとつの者として。


そうしてこの、ひとりの人間としての私は、
同時に、背後に別な存在たちの息吹を感じているのだ。

紡がれてきたもの。その一端であることの尊さ。

確かなつながりに思いをはせ、音のない音に包まれ、
言葉にしつくせぬ、感謝をおくる…。

☆☆☆

ときどき忘れてしまう原点が、
こうして私をつかまえます。

いっさいの言葉がなくなり、私は…地(じ)、
「存在する」ことを思い出すといえばいいのだろうか?

いや、これも言葉にすると浮いている。

☆☆☆

もっと身近な表現で語ってみましょう。

聖☆おにいさん』という漫画の1、2巻だけ、はじめて読みました。
以前から存在は知っていたけど、読んだことがなくて。
最近ふいにパートナーが「試しに」と購入したために、私が先に一気読み(笑)

ひさしぶりの下界を楽しむブッダとイエス、いいですね!

私がくすっと、笑ってしまいながら、
本当はみんなそうなんじゃない?と思った言葉があります。

「天界からのバカンス」

実際は、上とか下とか、下界とか天界とか、
そういう位置関係じゃないものだけれど、
私たちにとってひとつのわかりやすいたとえとして、最適です。

誰もが、天界からのバカンスでここにいる、っていう認識。

力んじゃってるとき、心がどうにも狭まっている時、
硬くなって、色々深刻に考え過ぎてしまうとき、

こう思ってみたらいかがですか。

天界からきた私たちが、バカンスで色々楽しんでいるのだ、って。


クリックありがとうございます
精神世界ランキング


☆スピリチュアルカウンセリング☆

お申込みのご案内

個人セッションについて

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.