BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

vivre(ヴィーヴル)

私たちが、よろこびレス(よろこびのない状態)になったとき、
生きる意欲を失い、実際に生命力も衰え、死にたくなるのはなぜでしょうか。

私は、それは存在(being)自体の自然な状態・性質に、
よろこびの波長というものがあるからだと認識しています。

分子や原子、もっと微細なレベル、存在しているものとその表現すべてに、
この波長があって、それが「存在するものの天性の質」。

ということは逆に、そこに波長を合わせればいつでも、
その天性のよろこびを発見することができる、ということでもあるのです。


私たちは、「よろこび」というときも、
つい相対的なよろこびとして、形として捉えがちです。

たとえばよろこびと、落胆や失望、
よろこびの状態と、それに対になる暗澹たる状態、落ち込み……など。

幸・不幸というのもそうです。


「生きがい」というものがあるというのは否定しません。
楽しいこと、自分の魂が歌うことをどんどん認めるといいのです。
何も「楽しみ」がなくなってしまうと、生命力が枯れたようになってしまいます。

でも、生きがいを「追求する」、「探す」ことが目的になってしまうと、
かえってそれに苦しむことになります。

「私には、生きがいがない」
「趣味を探さなければ」
「目的を見つけなければ」

これは、あなたへの負担、重荷ではないでしょうか。


探さなくても自然に、普通に日常を生きている中で、
あなたの心のオシログラフを観察していてほしいのです。

その波形がビーンと動くところはどこでしょう。
あるいは、かすかにでも、大きくなるところは?

ちょっとうれしい、なんだか幸せだ、胸がときめいた、あったかくなった。
ふわっと、心が、ひろがったようだ。

たくさんの感覚があり、それは見逃してしまうほど小さいかもしれませんが。


いつのまにか作ってしまった「形」にこだわらなければ、それを外していけば、
あなたは今、耳をすまして、天性のよろこびに波長を合わせることができます。

☆☆☆

「生きている」というのは、ただ生体として生きているということではありません。

また、「これを満たせば、これができていれば、生きている!」
という保証があるものでもありません。

仮に、誰かや何かに承認印を押してもらえたところで、
当人の魂が、精神が死んでいれば、どうでしょう。

本人の基準なのです。個人個人の心によって決まるのです。

☆☆☆

私はスピリチュアルという分野で使われている言葉や、
魂、スピリット、ときに天使という言葉も用いますが、

そんな説明も全部、今この現実でのあなたの力にならなければ、
意味があるとは思いません。

この舞台に焦点を合わせているあなたには、
この舞台に焦点を合わせているあなたなりの存在意義があり、

すべてがつながっていて、分断されているものなど何もないということは、
ここ(この人生を味わうあなたのハート)も、充実してしかるべきだということです。

私たちはこの舞台をあえて経験して、
ここで表したい、ここに表現したいことがあるのです。

☆☆☆

ヴィーヴル。
フランス語で“生きる”という意味でした。

今日はこの言葉が浮かんできました。


クリックありがとうございます
精神世界ランキング


☆スピリチュアルカウンセリング☆

お申込みのご案内

個人セッションについて

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.