BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

人よ、幸福であれ

今回のタイトルとメッセージは、
前回の記事「vivre(ヴィーヴル)」を書き終わったときに、響いてきた言葉です。

beats-and-love.hatenablog.com

☆☆☆

人よ、幸福であれ。

セル(cell、細胞)がよろこびでフル(full)なとき、
私たちは最大限の力を発揮する。充電されている。

(胸がときめくとき。あたたまるとき。
ハートがひらいて交流するとき。
じわり。
ほら、湧いている。
充電されて、あふれだす。)

都合のいい論理なんて受け入れないで。
あなたに重たい十字架を背負わせる提案を。

あなたが幸福でいてならない理由、
生きるよろこびに満たされてはならない理由など。

これは、情緒を否定するためのメッセージでも、
仮面のような笑顔をはりつけるためのメッセージでもなく、

見せかけの幸福感に向かわせるための言葉でもありません。

感情そのものは美しい。
それはエネルギーだ。動きだ。
システムでもあり、重要な手がかりだ。

冷静さとは、
無理にクールになろうとすることや、感情を殺すことではなく、
その奥にある地の感覚、stability を知っていること。

自分の本当の気持ち、指針に気づいたとき、人は強くなる。
それをそのままに認めたとき、自分の内の響きがすっと通るとき。
他者がどう思うか、それをどう評価するかが、関係なくなる。

(自分はそうなんだ、それだけ。
葛藤がない。
屈託ない気持ち。)

☆☆☆

状況は変化している
肉体ですら、変化して、同じでない
いろいろなものが 変わってしまった

でも ここから!

胸の中にある輝きは
まぶしくあなた自身のほおを照らし出す

光源があなたの中にあるなら、見失えない。
あなた自身が光なら、展望は、いつだって明るい。

そう ここから。


クリックありがとうございます
精神世界ランキング


☆スピリチュアルカウンセリング☆

お申込みのご案内

個人セッションについて

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.