BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

創造性と遊び~自発的に~

創造性にフォーカスした記事第7回目のテーマは「遊び」です。

前回「創造性のもとで直視し、代替物からは離れること」

beats-and-love.hatenablog.com

サブタイトルは~自発的に~ですが、
自発的でない遊びなんてありえるでしょうか!?(笑)
しかし、それがあるように見えるのが「この世界」です。

この人生も、魂の自己(あなた)にとっては自分で望んだ、創造的な「遊び」です。
そのことを留意しながら、読んでください。

☆☆☆

~にならなきゃ、とあなたが思っていることに気づいたら、
それはあなたの心にとって、「~になりたい」なのかどうかを確かめる。

~をしなきゃ、と思っていることに気づいたら、
それはあなたの本心から「~したい」なのかどうかを確かめる。

あなたの本当の気持ちは?

spontaneous(自発的)であることが、キー。

何かの決まりから、人から、「課せられている」と思っているとき、
主体が分裂しているのでうまくいかない。

課すものがいて、課せられるものがいるというように。

そのときのあなたは、分裂、分極化しているのだ。

☆☆☆

「遊びである」ということは、こういうことを示唆しています。

遊びのプレイヤーである存在は、
自分の存在の拠点はレベルの違うリアリティーにあって、
「遊び」の舞台の世界での展開がどのようであろうと、
自身のリアリティーは安全なままであると知っています。

だからといって、プレイする内容の真剣さと、その事実とは矛盾しません。
なぜなら、真剣でなければ、遊びも面白くないからです。

ところが、

遊びの中に「自己重要性」や「存在意義」を付与したとたん、それを持ち込んだとたん、
遊びの影響は悲惨なことになりえます。

その姿勢は錯覚としか言いようがないのですが…。

遊びに対する姿勢の違い、このことをよく考えてください。

存在意義をかけて遊ぶのではありません。

存在意義は「遊び」で勝ち得るものではなく、
あなたが存在しているというだけですでにあり、自明のことなのです。

あなたが心からそう望むために、それが楽しいがために、遊ぶのです。


クリックありがとうございます☆よい週末を♪
精神世界ランキング

☆スピリチュアルカウンセリング☆

お申込みのご案内

個人セッションについて

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.