BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

時の上での現在という幻想、現在という整合点

何か大きなものが、せり出してくる期待感みたいな、
言葉でいうと「大詰め」のような空気を数日前から肌で感じています。
それは、とてもうれしいものが訪れる前触れにも似ています。

私のその感覚を、率直な言葉であらわせば、

うわー ぜんぶ本当だった!

が的確でしょう。

どうしてわからなかったのだろう!
(↑全文字に傍点!)
という感覚が押し寄せて、霧が晴れたようにクリアーになった自分から、
少し前の自分を振り返って不思議な気持ちになりました。

そんなニューヴァージョンの私より(笑)、
以前から書いてみたかった、この内容を記事としてお届けします。

「時の上での現在という幻想、現在という整合点」

☆☆☆

日常生活でも精神世界の中でも当たり前のように使われる「今(いま)」という言葉。

いま、現在……

私はいつも、これが「時」の枠組みの中でとらえられているように感じ、
そのことに違和感をおぼえていました。

違うんだ。いまっていうのはそうじゃない。
「時」の中での今、という見方もまた、幻想なんだ。

「今」もひとつのフォーカスであるということをふまえつつ、
その中身をうまく説明したいと思いましたが、
自分の感覚を言語化できる感じがせず、しばらく待っていました。

私はこのブログで何度か、“現在にともなう過去と未来”というように、
そのエネルギーに応じて過去も未来も変わるというお話をしましたね。

これに焦点を合わせると、あれがある、というように、一緒に変化する。
それぞれの「今」のエネルギーにともなう過去と未来がセットなのです。

唯一絶対の、固定された「これだけ」という過去や未来はないということです。

それらは一斉に存在しているということを認識し、
リニアな時間の観念を見直してもらうきっかけを提供したかったのです。

☆☆☆

なぜなら、そのことは私にとっては明白でした。
じかに体験していたからです。
夢の経験から理解したこともありました。

時はリニアな直線ではなく、
「今」というポイントは、自分の感覚では英語でいうところのjunction(ジャンクション)、
「まじわるポイント、交差点」のように描写することができます。

それについて今朝、
何度かブログでご紹介している「セス」シリーズの2冊目の方の本、
『個人的現実の本質』の中に、ちょうどよい説明を見つけました。
 

セス・ブック 個人的現実の本質

セス・ブック 個人的現実の本質

 

私にとってセスの本は、自分が直接体験したこと、内より知っていることを、
今まで読んだどの本よりも、もっともよく言語化してくれている本なのです。

一部抜粋でも、その説明を読むととても理解しやすくなると思いますので、
ここに載せてみますね。

(※文中で使われている「蓋然的」という言葉についてですが、
いわゆるパラレル・リアリティー、可能性の現実、
同時に存在している並行した現実、とお考えください。)

☆☆☆

『セス・ブック 個人的現実の本質』
第14章 「どのあなた?どの世界?
具体的な蓋然的出来事の表出としての日々の現実」
445~446ページより抜粋

(※太字のところは、本の中で傍点が振られています。
色付けや下線は、私が選んで強調したものです)

「あなた方にとって、蓋然的な出来事が身体の神経構造を使って現実化されますが、そこには一定程度の強さを持った意志、あるいは意識的な観念が働いています。

それらの観念は明らかに、あなたが馴染んできたものと別の現実(リアリティ)も含んでいます。それらが、ほかのものに代わって何らかの出来事を引き寄せ、生じさせます。

つまり無限に多様な蓋然的出来事の中から、経験すべき出来事の入場を決定するのです。

自分が世界の中心にいるように見えるのは、魂が身体の意識と合するその交差点からあなたの世界が始まっているからです。


(途中略、一部抜粋)

「……あなたは物理的に現実化されたアイデンティティーだけを、つまり物質的なパターンの中に引き入れた部分だけを覚えているのです。

これは物理的な脳を制限しながら集中させて使うことでなされています。
というのは、あなたの現実(リアリティ)における効果的な生存行動は時間的な反応にかかっているからです。

そのためパターン化された神経活動が現在という幻想を引き起こし、あなたの意識はそこに集中した状態になります。

「ある意味で、「未来」の出来事はいま存在していますが、それらはあまりに速いのです。
つまり究めてすばやく神経末を飛び越えるので、いまのところあなた方はまだ、それを物理的に知覚したり経験したりはできません。

インパルスには、物理学者や生物学者が考えているのとは大きく異なる事実があります。
あなたがいま考えているように「過去」はずっと生じつづけています。


448ページより抜粋

「……あなたが何らかの出来事を現在として知覚します。
つまり観念が神経のシナプスに入口をつくり、その出来事を引き入れます。
するとそれは過去になったように見えます。
しかし、あなたはただ物理的にその一部に同調しただけです。

ある過去の出来事はその「未来」をともなって存在しつづけます。
それを知覚するかどうかは、あなた自身がどの蓋然的な行為を次の経験に引き入れるかによります。

したがって過去は、それ自体の過去と現在と未来を本当に持っているのです。
あなた方は過去の出来事から特定の未来を物質化するだけですが、出来事そのものは継続して自らの次元を保ちます。

というよりむしろ、あなた自身も多次元性を備えているのです。


「…過去には、いま未来がそう見えるのと同じように予想のつかない要素があります。あなたの未来がまさにそうであるように、あなたの過去にも創造性が待ち受けているのです。

しかしそのような経験を使うためには、自分の観念を変えることを覚え、習慣になっている特定の限定された意識の焦点(フォーカス)から、ある程度脱していなければなりません。」


クリックありがとうございます

精神世界ランキング


☆スピリチュアルカウンセリング☆

お申込みのご案内

個人セッションについて

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.