BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

それぞれの人生経験を、それぞれが活用できる☆

こんにちは!

東京、またたくさん雪が降っています~


これから外を歩かれる方、または今外出してる皆さま、

足元の安全を願ってますよ~☆


さて、昨日の記事、「並行する人生☆私はだぁれ?たくさんのあなた!」 
beats-and-love.hatenablog.com

を書き終わってから、気づいたことがありました。


今まで体験していながら、自分でまったく気づいていなかったけれど、

記事に書いたおかげで、あきらかになったこと。

うーん、やっぱり、書く(アウトプットする)って、すごいなー!

と感心しきりです。今日はそれを書きますね♪


以下、昨日の内容にふれながらのお話になりますので、

未読の方は先に上記リンク先の記事をお読みくださいね♪


☆☆☆

前回書きました「別の人生」について、

私は、以前から何度か、夢で繰り返し見たことがあると言いました。


そのときも、その人生の舞台の感じや、主人公(例の女性)は同じでした。


ただ、私がちゃんと覚えている形で、最後に彼女の人生を見たのは、

確かもう、数年も前のことだったような気がします。


そのとき、あの女性は、(私同様に、)もっと若かったのです。


当時は髪型も今回見たのとは違っていて、

(彼女の外見は、こちらでいう黒人女性にほとんど近いです。

黒髪、くりっくりのカーリーヘアをカチューシャでアップにして、

まるいおでこを出していたのが印象的でした。)

全体の印象も、もっと「娘!」って感じでした。


彼女特有の、アクティブな感じは変わらないけれど…。


最後に見たときの記憶では、彼女は、

ちょっと近未来の映画に出てきそうな、

宇宙服っぽい素材のワンピーススーツを着ていて、

メイクルームみたいな、バックステージのような場所で、

椅子に座って待機しており……


私は、それを眺めていたと思ったら、カメラアングルを変更するように、

いつのまにか彼女自身として、彼女の人生を体験していたりするのでした。


ある時期など、こちらの私が眠って夢に入ったとたん、

バン!と、目の前が、

彼女としての人生の目線に切り替わってしまうことが何度か繰り返され、

「一体なんなんだ?どうなってるの、これは…」

と、混乱したものでした。汗☆


今回の彼女は、落ち着いた「大人」の様子でした。

たぶん年齢も私と同じくらいで、

髪型は、ストレートっぽい黒髪セミロング。

おでこを出していたのは昔と一緒で、

よく布のカチューシャかバンダナで、とめていました。


これまで見てきた彼女の人生より、「後のシーン」、

つまり、現実の私の人生と同じように、年齢が進んでいることがわかります!


そんな違いに気づきながら、見たものを振り返ってみると、

今回の夢で非常に印象的だった“仲良しの、人種の違う弟”は、

今まで、まるで出てきていなかったことに気づきました。


あれだけ親密なのに…???


彼女の交友関係、ボーイフレンドらしき人が出てきたことはあったのですが。


もちろん私も、彼女の全人生を見ているにはほど遠いので、

ただ単に、見る機会がなかった、

そのシーンが出てこなかったという可能性もあります。


でも、それについて、こんな直観がやってきたのです。


彼女の親が、弟たちの親と再婚する未来

と、

彼女の親が、弟たちの親と再婚しない未来

両方が、並行現実としてあるらしい!ということです。


今回の彼女の様子と、以前の彼女との両方を見ていて、

同じ彼女だけど、なんだかそういう感じが強くしたのです。


そんなの、勝手な予測の話じゃないの~?と、

興味を失ってしまいそうな読者さんがいらしたら、ここからが肝心です!(笑)


記事を書いて、そういうことを自然と振り返っているうちに、

私が彼女の人生と、“心通い合う弟さんと幸福に過ごしているシーン”とを、

このタイミングで見たのはなぜか!

ということに、気がついたんです。

☆☆☆

ちょうど、少し前のこの記事の中で、↓
「みんなと同じにならなくていいんだよ・自分の世界を発信する☆」

beats-and-love.hatenablog.com私が、物質次元にうまく適応できないという思いを持っていたことを書きました。

強い願望やアクティブなモチベーションが少なく、生きることへの疑問、

ここで生きることが自分には合わないのではないかという虚無感を抱えていたと。

……一方、夢で繋がっているこの彼女は、非常にアクティブで、現実を楽しんでおり、

私の「自己内ネットワーク」の中でも、

とても物質次元に適応している例 
だったのです!


べつに彼女は、物質主義的な「マテリアル・ガール」なわけではないのですけど、

彼女にとって、この現実で生きることは、楽しいこと。

いさぎよくて、パワフル、あかるい、単純明快。


なんというか、

彼女は体当たりで生きていて、この物質次元を享受しているような、

肉体にフォーカスすることも、自然で居心地がよさそうな、

そんな人物だったのでした。


また、
彼女と弟の、愛情深い関係を見たのにも理由がありました。

私は、「大切な人に、理解されること。やさしく愛され、気づかわれる体験」

について、それを必要なものと思いながらも、

そんな機会がくるのかな…?

この人生で、実現は無理なんじゃない?
と、いつしか思うようになっていました。


繰り返し起こった、あまりにそれと正反対の状況にフォーカスしすぎて、

あきらめの心境……

そもそも、そういう関係があること自体が、もう信じられなくなっていたのです。

あったとしても、それは他の人に起こること。

自分には無理なのだという気がしていました。


これを、自己内
コミュニケーション、

つまり、この場合は夢の中で、癒していたのです。

別の人生の「私」としてであっても、

あのように愛され、理解され、やさしく気づかわれる体験をしたことで、

そういうエッセンスも自分の中にあるのだと、思い出すことができたことで、

現在の自分としても、その感覚を思い出し、

呼び起こすことができるようになったというわけです。


それぞれの人生経験を、それぞれが活用できます。

あなたの中にある、色々な人生の、色々な要素を、

いつでも「今」、使うことができるのです。

たくさんの自己は……私たちは、みんな、補完し合っている。


あなたとは、まるでかけ離れて見えるヴィジョンも。

現状とのギャップをくらべて落ち込むんじゃなくて、

それが、あなたの中にすでにあるということに、フォーカスしてごらん。


すると、あなたはそのエネルギーを「今」発信しているのです。


★スピリチュアル・カウンセリング★

個人セッションについて

お申込みのご案内

クリックどうぞよろしくお願いします

精神世界ランキング

ありがとうございます☆

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.