BEATS AND LOVE

スピリチュアリティー、根本の癒し、ヒップホップ音楽とライフスタイルや考えあれこれ

山に通せんぼされた話

こんにちは!

今回は、きのうの記事「地球とのつながり、自然栽培」を書くにあたって、

思い出したエピソードがありましたので、それをお話しします。

「山に通せんぼされた話」です。

☆☆☆


今から数年前のこと、私は、友人に誘われてとある土地に旅行し、

果物狩りなどを楽しむことにしました。


色々なところをぶらぶら巡ったのですが、

果樹園がたくさんある周辺に、大きい道路が通っていて、

通行量も多く、排気ガスがすごいことにびっくり。


その頃は都心で暮らしていたので、

ふだんから都市の空気には慣れているのですが、

それでも、そこの空気汚染はだいぶ強烈に感じられました。


果樹たちは…この空気の中でだいじょうぶなのかな???

これも現代では、仕方のないことなのか……


そんなことを思っていました。



帰る日に、私たちは、歩いているうちに小山を見つけました。


それまでも、都心から通える範囲の、登りやすそうな山を見つけては、

登山を一緒に楽しんでいた私たちは、


おお、ハイキングできそうな、ちょうどいい山があるよ!

せっかくだから登ってみよう!
ということに。


ところが…


山道に入ってすぐのことです。


足もとをどんなに気をつけても、行く先々に、

私たちの足の運びを遮るような形で、

背中が縞模様の、足の長い、はねる虫
が、ぴょこたん、ぴょこたん

…と、地面を飛んでいるのです。


私たちと、進行方向まで一緒です。

まるで、先回りされてる格好です。


どこまでも、どこまでも、その虫が足元にあらわれて、

歩いている私たちは踏まないように気をつけるのに、ひと苦労でした。


もちろん虫は、1匹だけじゃありません。

同じ種類の虫が、何匹も、何匹も…、

いくら追い抜いても、どの道でもその虫があらわれるという具合です。

(虫も、踏まれる危険があるから、命がけだと思うのだけど。)


歩きづらい…

その上、山がなんだか荒れている様子です。

倒木があったり、

草が全体的に枯れていたり…?


せまい道の頭上には、クモの巣がいっぱいで、

かがんで避けようとするけれど、あまりに大きなのがあちこちにあるので、

何度も引っかかりそうになってしまうのでした。

(大きなクモの巣にの中心にはもちろん、大きなクモ様がいらっしゃいました~!)


なんだか、ふだんの倍以上疲れる(汗)


ついに、私は、こう感じ始めました。

「これは、山に、入るな、って言われてるんじゃないかな?

帰れ、って。虫たちは、山を守っているのかも」


そして、友人に、

「今日はもうやめない?」と提案して、道を引き返し降りることにしたのです。


下山してから、近くの農園でジュースを飲み、

喉の渇きを潤しながら、ついさっき登った山の話をしました。


すると、農園のおじさん、おばさんが、

「あの山は、つい最近、山火事があったばかりだよ」

「今は、登らないほうがいいよ~」

とおっしゃる。


やっぱり、虫たちは「入るな」と言っていたんだなと思いました。


自然は、一体で、調和しているから…

虫たちがそういう行動を取っていたというのは、「山の意思」とも言える。


山が状態を修復するまで、バランスを整えるまで、

「人間は入っちゃダメだよ」

と、みんなで協力して、ふさいでくれている感じだったのではないでしょうか。

☆☆☆


…ところで私は、家の中で虫を見るとこわがって騒ぐ人間でしたが、

→参考記事☆
「秋の夜長にご来客っ!」

山の中とか、自然の中に虫がいる分には、不思議と怖いと思うことはないのです。 

むしろ、彼らの領域に、私たちがお邪魔しているという心構えですね。

でも、家の中はやめて~、お願いっ!と、いまだに思ってしまいます(笑)


★補足……こちらは2014年3月の記事です。虫たちを恐れる思いは変化しています。



★スピリチュアルカウンセリングその他メニュー★

お申込みのご案内

個人セッションについて

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.