BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

体には何の問題もない~健康と病気~

さてさて、今日も、連載している同テーマの記事のつづきです。

昨日は、「その思い込みにメリットがあると信じてる!?~観念はあなた自身ではない~」

というお話でした。


本日のタイトルは、「体には何の問題もない~健康と病気~」

ときどきブログ内で、今日書くことと基本的に同じ話をしてきましたが、

そのときの私は、今ほど「腑に落ちて」いなかったようです。

今振り返るとよくわかるのです。

あるときはそう思い、あるときは例外をみとめるような気持ち。

そんな風だったんだな~って。

ですが、今はしっかりお伝えすることができるんですね。


あなたがもし今病気なら、

病気をつくったのと同じ力を、健康であることに使うことができる。

あなたがもし今不幸なら、同じ力を、幸福に使うことができる。

力は、ひとつ。

何に差し向けるか? 同じ力で、すべてをつくっている、ということを。


ここでお話しすることは、生まれたときから持っていた特徴…

たとえば、身体の一部がなかったり、先天的と認められる様子、

それらを「変える」という話ではありません。


その場合は、存在(スピリット)として選んできた個性、設定であり、

ご本人にとっても、関わる周囲の人々にとっても、

その設定ならではの、宝となる体験、輝きが必ずあります。

そのままで成就する、ご本人が活きる道があるのです。


ここで取り扱うトピックは、私たちが生きていく中で発症する病気のこと。

病気=悪い状態、という思い込みをはずして、お読みいただきたいのです。

☆☆☆

体には何の不具合もないのだ。

あなたの信じていることに不具合がある。

……私たちは「体が病気になった」と思いますし、当り前にそう言いますが、

本来、「体には何の不具合もありません。」

体は、病気の場合ですら、忠実に機能しています。


何に忠実に…?

あなたの、意識に、です。

体は、あなたの意識の表現の媒体です。

体は、あなたの内側(意識、心の中)で起こっていることを、いつでも表現します。


その意味で、体のシステムが「狂う」ということはありません。

病気のとき、体に不具合があるのではなく、

「あなたの信じていることに不具合があった」のです。


たとえば、体のリズムは意識のリズムです。

私たちはそれを「体」として、表現された形(結果)として、体験します。

☆☆☆

私自身が、過去に経験し、治してきた症状は、

過去記事にも、ときどきエピソードを載せてきましたが、

どれも「心」との相関関係がわかりやすいものだったので、

一般的に「純粋に体の不具合」と断定されている症状に対しては、

同じく心の力で治せると断言できないような、ぐずついた思いがありました。


そのため、かつては同じことを書いていても、

背後に、どこか歯切れの悪い思いがあったのです。


でも、やはり同じなんです。

肝心なのは、どんな動きも「外」で起こっているのではなくて、

あなたの「中」で起こっているという点です。

体や「環境」すら、外にあるわけではない。

中には、

「私は、体が心の表現だということにはもう納得がいっている。

でも、原因を知らなければ治せないから」という方もいらっしゃるでしょう。

そのとき大切なのは、

「それは外で起こっているんじゃなく、私の中で起こっている」

これを徹底して、理解することなのです。

…つまり、前回の記事でいうと、

「あなたは夢の中の登場人物ではなく、夢の外の(夢を創っている)存在である」

「あなたが自分の現実の指揮者である」ということを自覚することです。


自覚すると、あなたは選ぶことができると、気づきます。

もし、「瞬時に変化せず、症状が出ていたとしても」、

自覚のある心の状態を継続させ、あなたの意識を適切に扱うことができれば、

まもなくあなたは、別のリアリティを実感するでしょう。


★スピリチュアルカウンセリング★

お申し込みのご案内

ブログランキングに参加しています
クリックありがとうございます 

精神世界ランキング

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.