BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

花粉症レポート・植物の声をきく1

こんにちは♪

今回は、私の現在進行中の体験をレポートしてみます。
過去記事をご覧になったことがある方でしたら、
もしかしたら気になっていた方もいるかもしれない…!?

私の「花粉症」のお話、です!!

しばらく前に書いた、健康と病気についての記事

「体には何の問題もない~健康と病気~」

beats-and-love.hatenablog.com

「シンプルな、病気の観念」

beats-and-love.hatenablog.com

「心の声を否定しなければ?~病気と健康の話つづき~」

beats-and-love.hatenablog.com

この3つの記事を書きながら、今年の自分の様子をレポートする!と決めていたのですが。

例年、私はだいたい2月末~3月に入ってから花粉症を発症して、
4月の前半まで症状がつづくので、
記事にするには早いよな~、と、時期を待っていたのです。

ちなみに私の花粉症の様子は、軽度とは言えず、かなりひどい方だと思います。
これが季節限定でなかったら死んじゃいそう…

(私も他のアレルギーを持っていたこともあったので、思わずにいられないのは、
最近よく聞く小さいお子さんのアレルギーをはじめ、
色々なアレルギーを持っている方は、おつらいだろうな~と。

ですので、心の病気だけでなく、「身体の病気」と分類されていることも、
私の書いている記事やレポートする実体験が、ほんの少しでも、
何かの治癒のきっかけになったらいいなという気持ちがあります。)


花粉症をいつから発症したのかは、記憶が定かではないのですが、
気づくと毎年この時期、まる1ヶ月以上はつらい思いをしており、
その期間毎日寝込むというわけにもいかないので、
ハーブやらビタミンやら補助的なものを摂取するのはもちろん、
「大発作」が起きてしまった後にはどうしようもなくなって、
医療機関や市販の薬のお世話になる、の繰り返しでした。


そういうとき、お薬はとてもありがたいのだけど(苦しい発作にならなくてすむから
体の負担は大きく、ぼーっとしたりだるかったりして、いずれにせよ体調はすぐれません。


季節がじょじょに春になる気持ちのいい季節、
桜も見事に咲く頃…、

「なんで毎年こんな風になっちゃうのかなぁ~?春を楽しみたいよぅ」
というのが、私の本音でした。

症状を気にしないでやり過ごせるレベルを超えていたので。


2年前にはこんな記事をしたためています。↓
じょじょに本質に迫りつつあったと思う(笑)

「役に立たなくていいのだ」

beats-and-love.hatenablog.com

「背後にあるエネルギー」

beats-and-love.hatenablog.com

「ザ・花粉症」

beats-and-love.hatenablog.com

というわけで、今もまだシーズンですので、現在進行中のレポートになりますが、
以下、今年の私の気づいたことや実践したこと諸々です。


☆☆☆


2月末の時点で、私は、とあることに気づきました。
それは、自分が「花粉症を迎える準備」をしているということです。

花粉症の季節に、幾分かなぐさめになる、
輸入品なのでネットで購入しなければ入手できないハーブティー
そろそろ購入しておかなければ…と考えたり、
マスクを買っておくことを心の中で確認したり…

そんなに明らかな(笑)自分の様子について、あるとき、あらためて

「あれ?私は今年も確実に花粉症になる気でいるのだな。」
と、気がついたのです。

毎年、症状がつらかったから…というインパクトがしっかり記憶にあり、
今の私にとってこの季節は、
花粉症になるのがデフォルト(初期設定)なのね、
「なる前から」、発症したときのための準備に入ってしまうんだね、と。


うーん。

それは私の望んでいることではない。

それならば、やめてみよう。
そう思い、準備をいっさいやめました。

…ちなみに、続いて書くこともみな、私のやり方です。
私と同じようにするといいよ、という意味で書いているのではありません。
それぞれのやり方があっていいと思いますし、あると思います。
何か心に響く箇所がありましたら、ぜひ、あなた流に実践してください。


☆☆☆


準備をきっぱりやめてから、この記事でもリンクをご紹介しました、
健康と病気についての記事など続けて書いていました。

この頃は、例年ならもう発症している時期ですのに、まだ症状が出ていませんでした。

ちょっとわくわくしながら、不思議な気持ちだったのをおぼえています(笑)


でも、このときの心理状態は、
「このまま、来なければいいな…」
と、症状を予測しておびえる気持ちがありました。

私の経験からして、こういうときは「治癒」ではないんですよね~。
本当に治ったときって、そんな怖れすら、出てこなくなりますからね(笑)

一連の記事を書くことは、私の中での「確認作業」でもあったと思います。
病気は(外からやってくる)不可抗力。自分にはどうにもできない。
という観念がどのくらい残っているかを、自らチェックすることにもなりました。


そして、自分の心の中にある、
「私は弱い人間なのだから、弱いままでいたいよ。がんばらなくってもいいじゃん!」
という声にも気づいたのです。

なるほど…

治りたい一方で、
「しょうがないことなんだから、そのまま認めてよ!」
と、アピールする私もいる。


みなさんならこういうときどうする?(笑)

その部分を説得しようとしたり、闘っちゃダメですよ。

私は、無意識にそこと、闘っていました。


先週末近くあたりから、ゆるやかに症状が出始めまして、
ある夜にしっかりと「発作」が出て、このことを自覚することができました。

そのときに気づいたことは、おもに、冒頭でご紹介した3つめの記事、
「心の声を否定しなければ?」に書いたこと、そのままだったのです。


その日の夜、私は実は、「休みたいな」と思いながら、
「~ねばならない」思考で、自分に無理をさせて、
そのためにみじめな気分になっていたのです。

たとえば、手伝ってほしいな、と思っても、
「どうせ受け入れてもらえない。」
という気持ちから、それを口に出すこともしないで、
だから休みたくても私がやるしかないんだと、
自らの前提の世界のまま、被害者思考に入っている。

花粉症のつらい発作が出たおかげで、時間をとって、
自分の心の中をよく振り返ってみたら、そんな「引き金」が見つかったのです。

そのことに気づくと同時に、このときの発作は収束しました。

そして、
私の中の「弱い声」にもちゃんと耳を傾けるよ、
もう抑えつけないよ、
つらかったときにも私自身が無理させちゃってたねぇ
と、自分に謝りました。


…ただ、これ以後、例年よりは軽度の?花粉症が始まりました。
なので、私は実践してみました。

意識に指令を出すことや、健康のイメージを送信することで、
(別な言い方をすれば、意識の中にすでにある、
「調和した体のヴァイブレーション」へ意識をチューニングすることで)
そのたびに、一時的には症状を止めることができました。

(※このとき、「即座に」変わるかどうかで評価しないでくださいね!
私の経験だと、指令やイメージを送信したら(一度意図したら)、
後は忘れて、他のことに集中するのがいいです☆
まったく効果がないということは、まずありませんでした。)

ただ、今週に入ってから、症状が…
「うひゃー。止まらない」
という具合になってきて、余裕はやや失われつつありました(笑)


ところで、
アレルギーって、鼻に出ようが、目に出ようが、皮膚に出ようが、
ひとつの“アレルギー”なんですね。
これまでは気づかなかったのですが、体を観察していると、
皮膚がかゆくなるアレルギーと同じように、
鼻の中がかゆくなって炎症を起こすと、肺もかゆくなり、セキが出たり。
皮膚もかゆくなって湿疹が出たりしています(…鼻のかみすぎだけでなく!)。

そして、表面的な症状が一時的に止まっているときでも、
体内で炎症とか、なにか尋常じゃない働きが起きているのがわかるんです。

だから、症状が出ていないときでも、
体が常時「闘っている」感じがして、熱っぽかったり、疲れているのです。

あ~、体が、臨戦態勢に入っているな。
私を守ろうとして闘ってくれているんだな~
と、実感しながら、

過剰防衛。
そんな言葉が浮かびました。(・・;)


これを、「大丈夫だよ~!そうしなくてもいいよ~」
と伝えて、もとに戻すことはできるだろうか…?

ここで区切って、2へ、つづきます☆(*^▽^*)

beats-and-love.hatenablog.com

★スピリチュアルカウンセリング★

個人セッションについて

お申込みのご案内

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.