BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

シナリオに気づく☆

こんにちは~(*´∇`)ノ゚.:。+゚

前回の記事にいただいたコメントと、それに対する私のご返信、

もしかすると他のどなたかへも「ヒント」になるかもしれませんので、

読んでみてくださいね。(*^.^*)


今回のタイトルは、「シナリオに気づく☆」です。

☆☆☆

セラピーからセラピーへ、

精神世界の書籍から精神世界の書籍へ、

色々なワークやヒーリングから、さらに別のワークやヒーリングへ…


渡り歩いてしまう場合、

ある「ポイント」を見逃している可能性があります。


非常にシンプルなことなのですが、

それこそが盲点になっているともいえるのです。


それは…

「私には何か悪いところ・至らないところがあり、

私自身(心の中で知っている、自分の素直な本当の気持ち)を、

変えなければならない」

と、自分が信じているということです。


これは、自分の個性と、力の放棄にもつながってしまいます…

(といって、それは完全に放棄できるようなものではありませんが。)


それゆえ、誰かの教えや、誰かの示す「理想形」に、

自分を合わせようとして、苦労してしまう…。溜息


自分の現実は自分が創っているということを忘れているので、

「外にあるお手本・目指すべき姿」を参考にし、

そちらに到達しようともがいてしまうのです。


こうした、自分自身への、「核にある誤解」がある限り、

きっと、途中に一時的な安心感やさまざまな体験はあっても、

ほんとうに楽にはなりません。どこかに違和感があるでしょう。


つまり、「自分にはどこか悪いところ、至らないところがある。」

この観念があるわけですから、

何らかの形で、それを証明するような現実を体験し、

「あらやっぱり、私はまだダメなんだ!」

と、さらに同じ観念のもとで邁進する…ということになりかねません。


私がこうして、自分の心の中を見ること、

“あなたの現実という作品”をつくる「道具」として使っている

観念思考に気づくようにお伝えするのは、

あなたご自身の、力と創造性に気づいていただくためです。芽


それがどんな形で発揮されているにせよ、

もうすでにあなたはそれを使っているのです。


あなたが、
この作品世界の中の、登場人物のひとり(創られた側のもの)

という役割だけに自分を限定している間は、

自分が作品を創っていることなど思いもよらないので…、

自分の人生はあたかも、
どこか自分と離れたところで、

計画され、与えられ、「勝手に起こる」ように見えるでしょう。


その出どころが、「無意識」という名目に変わっても、

「無意識」が自分の手の届かないところにあると考えるなら、

同じことですよね。


この場合あなたは、本来あなた自身の意識である「無意識」というものに、

どこかうっすら、怯えた気持ちを向けてしまいます。

(…それをうさんくさく思うにせよ、逆に崇拝するにせよ、ね)


「見ることができない」とあなたが決めたら、

あなたはたとえ見ていても、「見えない」という経験をするのです。

それが観念の作用です。


同じくもし、自分で、

「私がこういう状態になるためには、これこれこれこれが必要で…、

その途中にこうなる必要があって、それを達成するには、こういうルートを辿って…」

と、シナリオを決めるなら、

あなたはそれ以外のあり方やルートを、シャットアウトします。



他があっても、自分が、自分にそれ以外見えなくしてしまいます。


自分の人生を創っていると知ることが大切なのは、

それが、ただただ、実際に作用しているからです。キラキラ☆


自分のシナリオを、興味を持ってよく眺めてくださいね。

思考の声で何をつぶやいているかを聴いて、気づいてください。

感情が何を示しているか、受け取ってあげてください。


そこに、あなたの現実をつくっている「材料」がありますよ!



材料の「中身」に気づいたら、それは本当に、あなたにフィットしたものなのか。

それを使うこと(採用すること)はあなたにとって心地がいいのか。

あなたの生きたい人生の内容なのか。

正直に、確めてくださいね。

だってこれは、

誰かに合格をもらうためでもなく、ほめてもらうためでもなく、

あなたの内から湧き出ている、あなたの人生なのだから。キラキラ☆


★スピリチュアルカウンセリング★

お申込みのご案内


ブログランキングに参加しています
クリックありがとうございます

精神世界ランキング

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.