BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

ぴったりと隙間なく

こんにちは~。
  
今朝の日の出~ 

 

雲も綺麗
 
 …と、思っていたら、たった1、2分目を離しただけで、 この空に、

 
↑き、君は!?

光り輝いて、颯爽と泳ぐように現れた、こんなお姿。

別な向きで撮ると、こうです。

 
存在感ありました。

今日のお話は、「ぴったりと隙間なく」です。

☆☆☆

あなたの存在している「現実」に、

これは私の現実、

ここから先は誰々の現実、という区別はあるでしょうか。


実のところ、あなたの「現実」は、

「途切れ」を持っているのでしょうか?


少なくとも、あなたが体験している、ということは、

それが直接的であれ間接的であれ、形はどうであれ、

どれもあなたの現実の一部なはずです。


他と区分けされた「あなたの現実」というものが、

地図上の国境や、何かの境界を示す線のように、

現実上に切り離されて、存在しているわけではありませんね。


ということは、あなたがしている作業は、

何を、自分のものとして“選ぶか”。

何を自分の「個人的現実」と見なし、自分と関連づけているか。

そこであるということです。


何を「私」とするか、を自分で決めています。


このことは、つまり、

物理的な「距離」よりも、

ある人が「何に共鳴しているか」による違い、

「意識・心の距離」の方が意味を持つ、重要である、

ということでもあります。


たとえ、同じ家だとか、

お隣さんと言ってもいいくらい近い距離にいる人でも、

「何に共鳴するか」に基づく、意識・心の距離は、

遠く隔たりがある可能性があります。


逆に、物理的には遠方にいる人と、心の距離はとても近いかもしれませんね。


これは、「物理的条件」とも関係がありません。

外見や、年齢や、性別や、環境や…

そういううわべの条件をはるかに超えた、

シンプルに、心が何に共鳴しているか、による現実の距離。


それぞれの意識が、どんな世界を見ているか、による隔たりのことです。


☆☆☆

現実(全体)そのものが「私」ですから、

私は、私の世界の中のを体験しているのです。

もうおなじみの話になりましたが、

たとえで説明するなら、眠っている間に体験する「夢」は私の中にあります。

夢は、私の意識がつくっているものです。


その夢の中には、夢の現実世界があり、

夢の世界の中で活動している「私」がいます。

「たとえ」と言いながらも、

「起きて目を覚ましている」と思っているこの現実も、

実はまったく同じなのです。


明晰夢(※夢の中で夢と気づいていて、意識的に行動できる状態)

に注意することや、

少なくともそういう状態があると知り、

その感覚を疑似体験することをおすすめするのは、

この現実がどういうものかを“つかめる(思い出す)”からなのです。


あなたは、現実の「中に」いる存在ではありません。

あなたは現実の中で分離している個人ではありません。

ぴったりと隙間なく、現実そのものがあなたです。

この現実そのもの、まるごと、あなたの中にあります。


★スピリチュアルカウンセリング(対面・スカイプ・電話)★ 

個人セッションについて

お申込みのご案内


ブログランキングに参加しています
クリックありがとうございます

精神世界ランキング

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.