BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

アストラル離脱

こんばんは

サーバーダウンのように、長時間眠ることのある私です。

とくに大きな変化が起きているときは、

その期間中に1度は、抵抗できないほどに眠くなりがちです。

その間はやはりメンテナンス進行中らしくて(笑)

眠っているといっても、自分の意識が何かをしているのが感じられて、

夢見も様々だし、エネルギーも動く、動く!といった調子なのです。


そう、眠りながらも、エネルギーが激しく動いているのがはっきりわかるので、

本当に「メンテ」という感じがしますよ~。

そして、「休息」という感じはあまりしません(笑)


目覚めたときには、こちらの世界に激しい違和感を感じます。

あれ?ここって…何だっけ…… キョトーン、みたいな(笑)


今回は、そんな体験の中でも、

「アストラル離脱」というキーワードが突如としてあらわれました。


私はふだん、そこまで体外離脱を意識的に極めていないので…


たとえば、「これはアストラル離脱。これはエーテル離脱。」

というような表現をされる、

体験の“区別”もあんまり気にしていなかったのですが。


ただ、私が以前親交のあった体外離脱の講師が教えていたのは、

エーテル離脱と呼ばれるやり方をマスターする方法なのだな、

ということは認識していました。

その違いって何?と不思議に思う方もいらっしゃるかもしれないので、

ここでご説明します。


エーテル離脱だと、おもに、今見ているのと同じこの世界を、

ふだんの体から離脱した形で体験できます。

意識のフォーカスがここにアライン(整列)したまま、と言いますか…。


つまり、あなたがエーテル離脱中にお友達の家に行ったなら、

後であなたの意識が体に戻ったとき、お友達に、

あのとき○○をしていたよね、と正確に指摘することが可能です。


一方、アストラル離脱は、より私たちの夢や心の世界に近くて、

いわば、私たちが想像と思っている世界や、別の時間軸の出来事や…

そういう広い範囲にアクセスしているので、

この世界の現実への「再現性」は、こちらの方が少ないと思います。

今ここに無いもの、そこからずれたものも見てしまう、ということです。


この理解は私の理解ですから、

他の認識の方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれませんが、

この記事を読むにあたっては、この説明に基づいているとご理解ください。


そして、私の今回の体験の中で。

あきらかに体外離脱をした!とわかった瞬間があり、

最初は、いつもの部屋で、いつも通りに離脱をしたと思ったのです。

部屋を見回して、天井付近に自分の視点を確認して。


ところが、次の瞬間に、ふと、

「あ、これはアストラル離脱だ!」

と、カミナリに打たれたように…

というか電球がぴんぽん!とひらめいたように、わかりました。

それはなぜ、とか、どうして、とかが介入しようのないわかり方なのですが(笑)


余談ですが、私は、

アストラル離脱の方が皆さんに多くなじみがあるのでは、

と思っています。


ふだん皆さんが、「夢」として記憶しているもののほとんどが、

そうだと思っていただければ。

(アストラルトラベルとも言われます。)


厳密にいえば、アストラル離脱とかエーテル離脱とかただの夢とかの、

そういう「区分」すら、人が設けたもので曖昧でしょうけど、


前述のように私はたまたま、

先に学んだのがエーテル離脱の体外離脱の世界だったので、

アストラル離脱については私もおおざっぱに「夢」にひっくるめたまま、

認め切れていなかった傾向があったのです。


ところがここ数年になって、明晰夢が増えました。


明晰夢というのは、ふだんの夢の中で夢と気づく体験ですから、

当然、アストラル離脱も意識しやすくなったということなのでしょう。


とにかく今回、

あっ、これはアストラル離脱だ!

とひらめいてから、


すると眼前にひろがる世界は、

「ふだん通りの世界」ではないわけだから…

と、わくわくしながら、私は窓を開けてみることにしました。

(体外離脱をすると私はたいてい、

その部屋の窓から外に出ようとするものですから 笑)


なんだかこういう感覚、

行き先がどこかわからないどこでもドアを開くようで、

楽しいですね(笑)


はたして、窓の外にひろがっていた景色は、

ふだんの夢の通りというか(笑)、期待を裏切らない、

とんでもない景色でした。(・∀・)!


ふつうに自宅の窓を出たならば、道路があったり、

見慣れた街が広がっているわけですが…


なんでしょう…


北極とか南極とか、そういった「極」の付近を思わせる地方の、

雄大な大地と海が広がっていたんですよね(笑)


人もちらほらいましたが、そこの地方の地元の人といった風情で、

日本人の姿ではありませんでした。


いや~、自宅の窓をあけたらそこは極北。

雄大大自然が見える。


びっくりしますよね(笑)

(でも、この場所、この景色って、

私の夢に昔から、忘れた頃に繰り返し登場しています。)


この後の体験は、

じょじょに私の意識は「ログアウト」しちゃったみたいで、

夢の中に溶けていってしまいました。

☆☆☆


…体外離脱の体験に興味がある方は、

このブログでもときどきそれについて語っていますが、

テーマ別の仕分け(カテゴリ分け)がばらばらになっているので、

※後日追記……今はほどんど「夢、明晰夢、体外離脱」のカテゴリに入れてあるはず、です。

beats-and-love.hatenablog.com

“ブログ内検索”で、体外離脱とキーワードを入れると、

それを含む記事が全部表示されます。


中には、体外離脱のスキルを使って、見事に、

積極的に色々探求されている方もいらっしゃいますが、キラキラ


一方で、私のような「自然まかせ」のあり方を記録することも、

もしかしたら身近な感じで(笑)

皆さんの日頃の「夢」や、意識内の別な側面の体験に注目する、

きっかけ
になりえるのではないかと…芽


そうなったらいいなと思いながら、シェアするものであります☆


そ!これは特別なことじゃなくて、すでに誰もがしていることだからね♪


★スピリチュアルカウンセリング(対面・スカイプ・電話)★

個人セッションについて

お申込みのご案内


ブログランキングに参加しています
クリックありがとうございます☆

精神世界ランキング

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.