BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

種、いろいろ

今日はちょっと長い記事を書く時間がないのですが、ひとつだけ。

少し前に記事にした柿の種の話題について。

相変わらず、種に魅せられる日々は続いています。

たとえば、これはなんの種でしょう?↓

141119_2149~03.jpg  
つやつやと、きれい♪  

 


……カボチャの種でした。

カボチャの種がつるつるとすべりやすいのは

薄いセロファンみたいな被膜があるからで、

粗目の布などでこすると、きれいに取れますよ。


こんな風に、ただ種をきれいにして眺めたりしている私は、

この間母と会ったときに、「種なし」の果物の話題になりました。

すると、母が言うのです、

「私が子供だったときから、庄内柿には種がなかったよ。」

と。

それでは、自然に種が無い柿もあるのか……

と、気になった私は、調べてみました。


種無しの果物には、種なしぶどうのように、人為的に種をなくしたものと、

みかんや柿の一部などのように、

「受精をしないで果実が成長する」

単為結果というものがあるそうです。


私が、「種があったり、なかったり…」と気になっていた柿は、

「富有柿」という品種だったのですが、

この柿は、単為結果性が弱く、受粉をして果実ができる柿だそうです。

ですので、種が入っていることもあるのです。


一方、いつも「種なし」として売られていた、平たく四角いタイプの柿は、

母によると庄内柿のように、元々種なしの柿なのではということでした。


調べてみると、庄内柿は「平核無柿」といい、

単為結果とは違い、受粉をしますが成長の途中で発育が停止し、

種がつくられない、「偽単為結果」と呼ばれる現象だそうです。


一方、私がスーパーや八百屋さんでよく見かけて買っていた種なし柿は、

最初から甘い味の「次郎柿」ですが、こちらは、「単為結果」だそうです。


というわけで、柿の種なしは、天然の「突然変異」なようでした。

種がないので、接ぎ木で増やすそうです。


自然界は不思議がいっぱい!

私もまだまだ知らないこと、わからないことだらけなのですが、

ひとまず、ご報告まで!

★スピリチュアルカウンセリングその他メニュー★

お申込みのご案内

個人セッションについて

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.