BEATS AND LOVE

スピリチュアルカウンセリングとヒップホップ音楽、ライフスタイルや考えあれこれ

直したくなるあなたへ

今回の話題は、読んでいる誰もにぴんとくるものではないかもしれません。

でも、私自身も経験したことであり、この傾向を持つ人はけっこういて、

特に精神世界・スピリチュアルの分野に興味がある方の中には、

共感する方が多いのではないかな、と感じているメッセージです。

「直したくなるあなたへ」です。


150804_1255~01.jpg 
 
色々な物事の中に、

「これを、こうしたら良くなるのでは…」

「ここをこんな風に改善すれば、もっと楽になりそう」

「問題点は、これなんだな!」

というポイントを見出すと、

それを自ら何とかしようと、一生懸命動いてしまう人がいます。


その結果、重宝されたり報われるということもあれば、そうでないこともあります。

(もちろん、その「見立て」がいつも正しいというわけではないですしね。)


人に対しても、同じことが言えます。

「この人が苦しんでいるのは、こういうことを信じているからなんだな」

「こういう思いがしこりになっていて、痛がっているんだな」

「こんな恐れがあるから、自分を防御する必要を感じているんだな」

そう気づくと、何とかしてあげたくなる。直してあげたくなる。

本人にも気づかせてあげたい、楽にしてあげたいという気持ちになる。


それは、たとえていうならば、

「なんだか頭痛がひどいんだよねぇ~(^▽^;)アイタタ!」

と、困っている人がいたとして、

その人のおでこに画鋲が刺さっているのが見えたら

「あの~、ちょうどおでこのあたりに画鋲が刺さっているから、

それを取ったら痛くなくなると思いますよ」

と、言いたくなる。

痛みに共感して手助けをしたくなってしまっているために。そんな心境です。


ところが、

ところが…

私たちの“経験世界”では!

引き続き同じたとえで説明すると、

画鋲を取るタイミングは本人に任せなければならないし、

(つまり本当に取りたいか、取りたくないかも)

痛みをいつまで感じ続けるか、どのように解決するかも、

相手のペースや意思決定を尊重する必要がある。

ということです。


これを肝に銘じないと、

あなたからすれば純粋に手助けをしたい気持ちからであっても、

あなたの「直したい」気持ちが相手には重いし、負担です。

余計なお節介
になるのです。

相手からすると、あなたは「自分を変えようとする嫌な人」にもなるでしょう。


かといって、そのようにすでに感じているあなたが、

「ただ見ないふり」をするのもきっとつらいと思います。


スピリチュアル風に、「これはこの人の学びなのだ」なんて眺めるのも、

なんだか一歩間違えると上から目線だし、

苦しんでいる相手を実際に目前にしたら、

「好きでやっているんでしょ。」

なんて突き放すこともできなくなってしまいます。

目に見える表層の部分だけを「リアル」とすれば、本人にとって、

「好きでやってるんじゃない!」のは間違いないですから。


でも、現実には、あなたがそうやって相手を眺めているだけで、

場合によっては何かを要求している「敵」として見られてしまう可能性もあります。

つまり、その人の現状を乱す相手として警戒されるのです。

これが起こるのは、相手が本心では変化を望んでいないときです。


もちろん、まずは背景にある自分側の動機に、

自分自身の「相手にこうであってほしい!」という思い、理想像が入っていないか?

その確認が必要です。

もし、現状の相手を否定してしまっているのだとしたら、

心を開いてもらえるわけがありませんよね。


これを確認したら、さらに大切なのは、

相手の「目の前に見えている姿や発言」だけではなく、

その奥にある部分に焦点をあてて、心で尋ねてみるということです。


今、私にできることはあるのか?

この状況を変える手助けをしてもOKか?


質問内容は適宜変えていただいていいのですが、

あなたの投げかけた思いに対し、心でキャッチする「答え」がノーなら、

積極的に何かをすることはそこでストップです。

なにせ、私たちには物事の全体が見えていないのですから、

そうやって受け取った直観は尊重することが大切です。


しかもそのとき、改めてあなたが「自分の意識」を注意して見つめると、

あなた自身が相手の中に見ている、

「反映された現実」の元となるものが見つかるかもしれません。


ある種の思想上では、

「自己犠牲」や「自分の身を投げ出してでも献身的に何かを行うこと」

がいまだに推奨されることがありますが、

そこには歪みがあり、結局は、双方が消耗し不幸になるあり方です。

あなたが本心から何かを行っているときには、

自己犠牲の感覚も、自分の身を投げ出している感じもない
のです。


なんだか疲れているな?

よろこびに基づいていない「直し屋さん」をやってしまっているな?

そう感じたら、まっさらなあなたに意識を戻してくださいね♪


★スピリチュアルカウンセリングその他メニュー★

お申し込みのご案内

個人セッションについて

 

サイトポリシー
Copyright©2011 BEATS AND LOVE All Rights Reserved.